無料トライアルありのおすすめ予算管理システムを紹介!

2023/01/25 2023/02/07

予算管理システム

None

予算管理システムを導入したいけれど、コストがかかる。Excelで行えている予算管理をわざわざコストをかけてする意味があるのか?とお悩みの方もいるでしょう。この記事では、無料で予算管理を行う方法や無料トライアルありの予算管理システムを紹介しています。

無料で予算管理をする方法

予算管理は無料でも行えます。Officeソフトを使う方法以外にも、専用の予算管理システムもコストをかけずに活用可能です。

ここではまず、無料で予算管理を行う3つの方法を紹介していきましょう。

(1)Excelで予算管理表を作成・管理する

まずは、Excelで予算管理表を作成・管理する方法です。Excelがパソコンに入っていればコストはかかりません。

予算管理表を一から作るのは手間がかかるので、ネット上で手に入るテンプレートを活用するのが効果的です。データをダウンロードし、自社に合うようにカスタマイズして使いましょう。

予算管理はエクセルでは厳しい?問題点やシステムを導入すべき理由

(2)無料で利用できる予算管理システムを使用する

2つ目は、無料で利用できる予算管理システムを使う方法です。

予算管理システムは、ほとんどの場合利用料がかかります。しかし、ユーザー数や機能に制限はあるものの無料で使用できる予算管理システムもいくつか存在します。

限られた人材しかシステムに触れない場合や、基本的な機能のみで足りる場合には無料のシステムでも良いでしょう。

使い続けていくうちに無料版では対応しきれなくなったら、有料版への切り替えを検討するという方法もあります。

(3)予算管理システムのトライアルを利用する

3つ目は予算管理システムのトライアルを活用する方法です。有料の予算管理システムの多くは無料のトライアル期間を設けています。

無料で使える期間はサービスによって異なりますが、一般的には2週間程度です。

無料トライアルを利用し、実際に予算管理システムの使い方や操作方法を確認して、機能や使い勝手が自社に合っているか見極めましょう。

【2023年最新】おすすめ予算管理システム16選!機能や費用を徹底比較

無料で利用できる予算管理システムは”fusion_place"

無料で使える予算管理システムのひとつにfusion_placeというソフトがあります。fusion_placeの特徴をみていきましょう。

(1)fusion_place

fusion_ placeは株式会社フュージョンズが提供している予算管理システムです。スタンダードプランであればユーザー数3名までは、無料でほぼすべての機能を使えます。スタンドアロンとWebサーバベースのどちらにも対応しています。

従来のような財務部門のみが使えるシステムではなく、現場でも利活用が可能なシステムとなっています。そのため、財務と現場・経営層の連携が強化されることで、全社的な経営管理力の底上げが期待できます。

提供元株式会社フュージョンズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン■fusion_place standard
  • スタンダード:0円/年

■fusion_place premium

  • ワークグループ:60万円~/年
  • エンタープライズ:84万円~/年

■fusion_place cloud

  • ワークグループ:120万円~/年
  • エンタープライズ:144万円~/年
  • エンタープライズノンストップ:276万円~/年
  • エクストリーム:468万円~/年
導入実績180社以上
機能・特徴超高速なオンメモリー集計、数値データと非数値データの一元管理、多次元データの版管理、集約レベル入力、テンプレート処理機能、バリデーション機能との統合、業務状況の一覧把握、フォームによるビジュアル計算
URL公式サイト

無料トライアルあり!おすすめの予算管理システム

次に、無料トライアルが利用できるおすすめの予算管理システムを5つ紹介します。トライアル期間中に実際に使用感を確認できるので、システムのミスマッチを防げるでしょう。

(1)bixid

bixidは株式会社YKプランニングが提供する経営支援システムです。

毎月の数字が出そろった後に使用しているソフトのデータをアップロードすることで、予算管理をはじめとする経営管理業務の効率化が可能になります。

無料で使えるコースもあり、コスト面で悩んでいる方は一度試してみるのもいいかもしれません。なお有料版における無料トライアル期間は30日間です。

提供元株式会社YKプランニング
初期費用・通常0円
初期導入サポート:71,500円(税込)
料金プラン
  • フリー:0円
  • ライト:660円(税込)/月/1社
  • シミュレーション:5,390円(税込)/月/1社
  • プランニング:10,780円(税込)/月/1社 ※別途オプションサービスあり
導入実績14,000社
機能・特徴月次報告レポート、スマホアプリ、企業ドック、単年シミュレーション、資金繰り、KPI、コメント、To do 登録、チャット
URL公式サイト

(2)Board

BoardはBoard Internationalが提供する予算管理システムです。

データを一元管理することで予測分析の精度を高め、迅速な意思決定に役立てられます。

会社全体の情報をBoardで共有することで、予算管理業務の効率化も図れます。世界的な大企業をはじめさまざまな業種・業界での導入実績があるので、安心感も得られるでしょう。

提供元Board International
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績2,000社以上
機能・特徴財務計画・分析
URL公式サイト

(3)ZAC

ZACは株式会社オロが提供するクラウドERPです。

案件・契約・プロジェクトごとに予算管理を行いたい企業に適しています。

ベンチャーから上場企業まで、幅広い業種・事業規模の導入実績があります。必要な機能だけ選択することも可能なので、用途や予算に応じて、柔軟にシステムを導入可能です。

提供元株式会社オロ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績850社以上
機能・特徴プロジェクト管理、販売管理、購買管理、工数管理、予定表、文書管理、経営モニタリング、ワークフロー、外部システム連携、駅すぱあと連携、セキュリティオプション、ZAC連携ソリューション、スマートフォン対応
URL公式サイト

(4)Manageboard

Manageboardは株式会社ナレッジラボが提供する予算管理プラットフォームです。

API連携を通じた会計データの反映も可能なので、予実管理も素早く行えます。

各事業部門におけるKPIなどの非財務データの管理も可能です。多種多様なシミュレーションにも対応しているため、予算計画の策定などにも役立てられるでしょう。

提供元株式会社ナレッジラボ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴タグによる多軸分析、詳細計画、カスタムレポート、ユーザー権限のカスタマイズ、PL/BS/CF連動、会計ソフトとの連携、財務と非財務を統合、柔軟&スピーディ、予算予測管理、キャッシュフロー管理
URL公式サイト

(5)CCH Tagetik

CCH TagetikはWolters Kluwerが提供する経営管理プラットフォームです。

ひとつのシステムで、企業全体のデータを一元管理できます。

それによってデータドリブンな意思決定が可能になるので、正確性や信頼性の向上にも寄与するでしょう。予算策定や決算書作成のスピードアップも期待できます。

提供元Wolters Kluwer
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績1,600社以上
機能・特徴予算編成・計画・フォーキャスト、サプライチェーン計画、キャッシュフロー計画と分析、決算連結会計、リコンサイル管理、開示管理、コンプライアンス規制報告
URL公式サイト

予算管理システムのトライアルを利用する際に注目すべきポイント

予算管理システムの多くはトライアル期間を設けています。

トライアルを利用すれば、実際に触れて体験できるためおすすめです。

利用する際には、以下のようなポイントに気を付けて使ってみましょう。

(1)操作性

まずは、操作性です。Excelと連携できるソフトであれば、スムーズに導入できるでしょう。

またExcelと同じような操作で使えるソフトもおすすめです。担当者が直感的に使える、操作性の高いシステムを選びましょう。

(2)会計基準

会計基準も注目すべき重要なポイントです。

海外で事業を行っている場合には、国際財務報告基準のIFRSを採用しなければなりません。それに対応しているかもしっかりと確認する必要があります。

また、日本の会計基準との適合性についても確認が必須です。

予算管理でよくある問題点とは?システム導入で改善できる5つの課題

(3)他ソフトとの連携・入出力

他ソフトとの連携のしやすさも大切です。予算管理をスムーズに行うには、会計ソフトや原価計算ソフトも必要になります。

今使っているシステムのデータをどのようにインポートできるのかについて、事前にチェックしておきましょう。

普段の業務で使っているソフトともストレスなく連携できると、さらなる業務効率化が期待できるでしょう。

(4)有料版の予算

有料版の予算についても、システム選定の段階で試算しておきましょう。

システムごとに料金は大きく異なります。通常、各社で事業規模や用途に応じて複数のプランを提供しています。

また導入サポートがあるシステムの場合には、別途見積もりが必要になるケースがほとんどです。

有料版に切り替えた時に持続的に使えるように、将来的なランニングコストの試算と費用対効果のシミュレーションは必ず実施しましょう。

予算管理システム導入のメリット・デメリットをそれぞれ徹底解説!

予算管理システムを導入する前に無料トライアルを使いましょう!

予算管理システムはそれぞれ特色があるため、導入するシステムを選びかねている担当者もいるでしょう。

その場合には、まずは無料トライアルを利用するのがおすすめです。

実際に試用してみて、使い勝手や必要な機能の確認を行ったうえで、自社にあったシステムを選びましょう。

予算管理システムの記事をもっと読む

予算管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール