名刺管理の目的とは?重要性や名刺管理アプリを導入するメリット

最終更新日時:2023/10/13

名刺管理システム

名刺管理の目的

枚数が多いほど手間や時間がかかる名刺管理。とくに営業職の場合は、名刺が溜まりやすく管理が煩雑になっているという人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、名刺管理の重要性をはじめ、名刺管理アプリを導入する際の注意点やメリットを解説します。

名刺管理とは?

名刺管理とは、ビジネスシーンで交換される名刺の情報を整理・保管・活用するための方法を指します。とくに日本のビジネス文化では、名刺交換が重要なコミュニケーション手段とされており、受け取った名刺の情報は大切な顧客情報として扱われるのが通常です。

名刺を規則的に保管しない場合、必要な時に情報を見つけられなかったり、紛失したりなどのリスクが高まります。

名刺管理の目的・重要性

名刺管理の主要な目的は、交換した名刺の情報に迅速かつ簡単にアクセスできるようにし、効果的に利用することです。名刺には顧客情報が記載されているため、適切に管理することでマーケティングに活用しやすくなります。

名刺を乱雑な方法で保管していると、さまざまなビジネスチャンスを逃してしまうことにもつながります。名刺のデータを適切に管理することで、必要なタイミングですぐに情報にアクセスできるため、ビジネスの機会を最大限に活かせます。デジタル化された名刺管理ツールを利用すれば、社内での名刺情報の共有やチーム内でのコミュニケーションがより促進されるでしょう。

受け取った名刺の正しい置き方!新人が覚えておきたい名刺交換のマナー

名刺管理の課題

ビジネスの成功を左右するといっても過言ではない名刺管理ですが、多くの課題が浮き彫りとなっています。ここでは、どのような課題があるのか詳しく見ていきましょう。

名刺を管理する工数が膨大になる

ビジネスシーンでは日常的に名刺交換が行われるため、大量の名刺を管理しなくてはならないというケースも多く、手作業で管理するとなると多くの手間がかかります。また、名刺の情報を一つ一つデータベースやエクセルに手入力する場合、膨大な時間が必要となり、入力ミスも考えられます。

さらに、新しく増えた名刺の整理や情報の更新など、管理作業には多くの工数を必要とします。ビジネスのスピードが求められる中で、名刺管理に多くの時間を割くことは、他の業務への影響や生産性の低下を招くことにもつながるでしょう。

名刺管理におすすめの方法|アナログ・デジタル別の管理術を紹介!

名刺情報の共有が難しい

社員が個々に名刺管理を行っている場合、社内で名刺情報を共有するのが困難になります。その結果、同じ顧客に複数の担当者が営業をかけてしまうこともあるでしょう。名刺情報の共有は、ビジネスの効率化やチームワークの向上のために極めて重要です。

しかし、個々に名刺管理を行うケースでは、社員それぞれが異なる方法で名刺を管理していることが多いため、スムーズに集約できずに社内での一元管理が進まないことも考えられます。

最新の名刺情報がわからなくなる

名刺交換をした相手の昇進や異動により、名刺の情報が変わることがあります。なかには、同じ相手の名刺を複数枚持っている場合もあるでしょう。このような場合、どれが最新の情報なのかわからなくなってしまうことが考えられます。

誤ったコミュニケーションを避けるためにも、顧客の情報を最新の状態にしておくことが重要です。しかし、手作業による管理では顧客情報を最新に保つことは困難であり、更新漏れが起こることもあるでしょう。

情報漏洩のリスクがある

名刺には相手の氏名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が記載されています。そのため、名刺管理が適切に行われていない場合、情報漏洩のリスクが増大します。

また、名刺を適当に扱っていると紛失してしまうことも考えられるでしょう。万が一名刺が外部の第三者の手に渡ってしまえば、悪用される可能性も否定できません。

情報の漏洩は、ビジネス上の信用失墜や法的責任、そして取引先との関係の悪化など、多岐にわたる悪影響を及ぼす可能性があります。

名刺に載せる情報一覧|必須項目と作成時に注意すべきポイント

名刺管理アプリを導入するメリット

名刺管理アプリの導入は、ビジネスの効率を飛躍的に向上させる鍵となります。ここでは、どのような名刺管理を導入するメリットを紹介します。

名刺情報をデジタル化でき管理工数を削減できる

名刺管理アプリの利用により、名刺の情報をデジタルフォーマットに変換することが可能となります。名刺のスキャンや写真撮影を通じて情報をアプリ内に取り込むことで、手動での入力や整理にかかる手間が大幅に軽減できるでしょう。これにより、情報の取り扱いにかかる工数や労力が減少し、生産性の向上が期待できます。

検索性が向上する

名刺管理アプリを利用するメリットは、検索性が向上し必要な情報へのアクセスがしやすくなる点です。名刺情報をデジタル化することで、キーワードやカテゴリー、日付などの条件で瞬時に検索できるようになります。

例えば、特定の企業名や役職で名刺を探す際、アプリ内の検索機能を使用するだけで、必要な情報をすばやく見つけ出すことが可能です。紙の名刺を一枚一枚確認する手間がなくなるため、時間の節約やワークフローの効率化が実現するでしょう。

エクセルを活用した名刺管理術!自作管理のメリットや注意点

情報共有が円滑になる

名刺管理アプリを活用することで、チームや部署間での名刺情報の共有が円滑に行えます。特定の情報を選択して所定のメンバーと即時に共有することが可能で、顧客へのアプローチに必要な情報を迅速に共有し、チーム全体の対応を一貫させることができます。

円滑な情報共有を行うことで、組織内のコミュニケーションを強化することにもつながり、効率的な営業活動が行えるようになるでしょう。

場所を選ばず名刺管理ができる

名刺管理アプリの導入により、社外にいるときにも名刺情報へのアクセスや管理が可能となります。マルチデバイスに対応しているものであれば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどのデバイスを通じてどこからでも情報の参照や更新が行えます。

そのため、突発的な営業先への訪問などにも役立つでしょう。また、物理的な名刺を持ち歩く必要がなくなるため、外出のたびに携帯する手間や紛失のリスクも低減します。

セキュリティを強化できる

名刺管理アプリの導入は、情報のセキュリティを大きく強化する要素となります。デジタル化された名刺情報は、暗号化された状態でクラウドやデバイスに保存されるため、不正なアクセスや情報漏洩のリスクが低減します。多くのアプリでは、2要素認証や指紋、顔認証などの高度なセキュリティ機能が搭載されており、情報へのアクセスを厳格にコントロールすることが可能です。

さらに、特定のユーザーやグループにのみ情報の閲覧や編集権限を与えることで、内部からの情報漏洩も防ぐことができます。

【2023年最新】おすすめ・人気の名刺管理アプリ17選を徹底比較!

名刺管理アプリを導入する際の注意点

名刺管理アプリは非常に便利なツールですが、導入する際にはいくつかの注意点を踏まえておく必要があります。ここでは、名刺管理アプリを導入する際に注意したいポイントを見ていきましょう。

定期的に情報を確認・更新する必要がある

名刺管理アプリを使用すると、情報の整理やアクセスしやすくなりますが、情報の正確性を維持するためには定期的なチェックと更新が不可欠です。

基本的にアプリに登録された名刺情報が自動更新されることはないため、新たに名刺交換をした際などに手動で更新する必要があります。そのため、定期的なデータの見直しと情報のアップデートが必要になることを踏まえておきましょう。

枚数が多い場合はデジタル化に時間がかかる

大量の名刺を所持している場合、取り込む作業に手間と時間を要します。大量の名刺をすばやくデータ化したい場合は、OCR機能が搭載されていて自動入力できる名刺管理アプリがおすすめです。ただし、アプリによって精度が異なるため、正確な情報が反映されない場合があるので注意が必要です。

アプリによっては費用がかかる

名刺管理アプリは無料で利用できるものもありますが、費用がかかることがある点には注意が必要です。多くのアプリでは、基本機能を無料で利用できます。しかし、管理する名刺の枚数が多い場合や高度な機能を利用したい場合は、料金が発生することがあります。

そのため、事前に必要な機能や利用状況を確認し、予算内で利用できる最適なアプリを選択するようにしましょう。

業務が増加する場合がある

名刺管理アプリを導入することは、情報の整理やアクセス性の向上を目指すものですが、場合によっては業務量の増加を招くことがあります。とくに、アプリ導入時は大量の名刺データをデジタル化するための作業や情報の誤りの修正など、新たなタスクが発生することが考えられます。

また、既存のシステムに名刺情報を登録している場合、多重登録する必要も出てくるかもしれません。アプリによってはCRMなどのシステムと連携できるものもあるので、そのようなアプリを検討してみるとよいでしょう。

名刺管理アプリでつながりたくない!つながらない対策とオフライン利用できるアプリ

名刺管理アプリで名刺を有効活用しよう

名刺はビジネスシーンの大切なコミュニケーションツールであり、適切に管理することで業務効率や営業活動の質を向上させることにつながります。名刺管理アプリの導入により、顧客情報を最大限に活用することが可能です。

名刺情報をデジタル化することで、情報のアクセスや共有が円滑に行えるようになります。ただし、導入時にはコストがかかったり、業務が増加するといった側面もあるため、慎重に検討するようにしましょう。

名刺管理システムの記事をもっと読む

名刺管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム