生産管理と工程管理の違いとは?それぞれの目的や効率化するポイント

最終更新日時:2023/12/01

生産管理システム

生産管理と工程管理の違い

「生産管理」と「工程管理」は、どちらも製造業において業務の最適化や生産性向上を図るうえで重要な業務ですが、両者の違いについては、わからないという人も多いのではないでしょうか。本記事では、生産管理と工程管理の違い、それぞれの目的や管理を効率化するためのポイントを詳しく解説します。

この記事の要約

・生産管理と工程管理では、業務の範囲と焦点での違いがある
・製造業において、生産管理・工程管理の違いを理解して最適化させることが重要
・生産管理を効率化する上ではシステムの利用がおすすめ

生産管理とは?

生産管理とは、おもに製造業における生産活動全体を計画・調整・実施するための総合的な管理業務を指します。

業務内容は、需要予測、生産計画、資材調達、在庫管理、品質管理、納期管理などの全体の流れを把握し、より効率的な業務フローとなるよう管理することです。また、顧客に対して、適切な時期に適切な製品が届く状態を構築することまでが、生産管理の業務ともいえるでしょう。

生産管理は製造業において中核的な役割を担い、企業の競争力を高めるために不可欠な業務なのです。

生産管理の目的

生産管理のおもな目的は、効果的かつ効率的な生産体系を実現して、収益を最大化させることにあります。

具体的には、資源の最適な配分、コスト削減、生産性向上、品質確保、納期厳守を実現しつつ、その結果として、市場競争における優位性の確立を目指すものと考えられるでしょう。そのため、企業は適切な生産管理によって、経営の安定と持続的な成長を図ることが可能になるのです。

生産管理とは?目的や工程管理・製造管理との違い、課題を解説

工程管理とは?

工程管理は、生産活動の中でも特に製造の各段階における作業の進行と流れを監督し、調整する業務を指します。

材料の加工・品質管理・配送など、すべての製造工程が対象となり、個々の作業工程が、品質基準を満たしつつ、計画通りに実行されているかを監督し、さらには、それらが最適なコストと時間で作られているかを管理します。具体的には、工程ごとの作業指示、進捗のモニタリング、問題発生時の迅速な対応、リソースの効率的な配分などの業務が工程管理に該当します。

工程管理の目的

工程管理の目的は、製造工程を最適化し、品質と生産性の向上を図ることです。そのため、ただ生産工程のみを管理するだけでなく、製造過程におけるボトルネックの特定と解消、廃棄物の低減によるコスト削減のほか、作業の標準化の促進といった継続的なPDCAサイクルの実行が業務に含まれる場合もあります。

【2023年最新】おすすめの工程管理システム10選比較|主な機能や選び方を解説

生産管理と工程管理の違いとは?

生産管理と工程管理は密接に関連していますが、業務範囲と焦点が大きく異なります。生産管理は製品の生産を総合的に管理し、計画から配送に至るまでの全工程をカバーします。

一方の工程管理は、製造プロセス内の特定の工程や段階に焦点を当て、それぞれの作業が効率的に、かつ品質基準に従って実行されるように管理するものです。

つまり、生産管理は「何を、いつ、どれだけ生産するか」という戦略的な決定に関与し、工程管理は「どのように生産を進めるか」という運用レベルの実行に注力するものであるといえるでしょう。

生産管理を効率化する手順

製造工程の最適化、品質と生産性の向上という生産管理の目的を果たすためには、手順に沿って戦略的に進める必要があります。ここでは、そのための基本的なステップを解説します。

業務フロー図を作成する

生産管理を効率化する上で、生産に関わる作業やプロセスの流れを視覚的に表した業務フロー図の作成は欠かせません。

製造業の業務フローには、次のステップがあります。

  1. 受注管理…見積、契約、情報管理
  2. 生産計画…製作現場の稼働状況、資材調達、人員の配置計画などの検討
  3. 生産計画の実行…生産計画を実行する製作現場への指示
  4. 出庫・納品管理…製品の出庫までの指示
  5. 出荷管理…出荷後の情報管理

基本的には、これらのステップごとに作業手順、担当者、必要な情報、物の動きを明確に示したフロー図を作成します。フロー図があることで業務の流れを一目で把握できるようになり、非効率な点やボトルネックになっている箇所を特定しやすくなります。また、業務に関わるメンバー間のコミュニケーションが円滑になるといった効果も見込めるでしょう。

フロー図は、誰が見ても分かるように作成し、書き方を統一することも大切です。

各業務の課題を洗い出す

フロー図を作成したら、各業務の課題を洗い出します。

業務フロー図をもとに、各業務のプロセスを見直して、ムリ・ムダ・ムラの3M、不具合、ボトルネックなどを見つけ、生産効率にどのように影響しているかを分析します。作業遅延の原因、品質低下のリスク、過剰なコスト発生源といった、生産プロセス上のさまざまな改善点が見つかるはずです。優先順位をつけ、リソースを効果的に配分して、生産プロセス全体の最適化に繋がる解決策を導き出しましょう。

生産管理を成功させるポイント

生産管理はどのようにしたら、成功するのでしょうか?ここでは、生産管理を成功に導くいくつかのポイントを解説します。

業務や管理方法を見直す

まず、生産管理のスタート地点である生産準備を見直し、後に続くプロセスの時間的・人的コストや資材のムダが発生するリスクの原因がないかをチェックします。

準備段階では、多くの不確定な情報も含まれるため、仮説を前提としたリスク管理も含まれますが、関係者間の情報の透明性を意識し、生産準備を進めましょう。

その際、生産管理は「(不要業務を)無くす・(業務量を)減らす・(業務内容・方法を)変える」の3つの視点を持って業務を見直すとよいといわれています。生産管理を、より効果的に行うためには、管理方法そのものの見直しが必要となる可能性があることを含め、さまざまな視点から、業務の見直しを実行しましょう。

業務を標準化する

生産管理を成功に導くポイントとしてもう一つ重要なのは、「業務を標準化する」ということです。標準化とは、生産プロセスにおける各作業を一定の規格や基準に従って統一することを意味し、これにより作業のばらつきを減少させ、品質の均一性が確保されます。

生産管理には多くの人が関わります。業務のやり方が周囲に共有されていないと効率が妨げられるほか、業務の属人化といったリスクも生じます。生産活動では「誰でもできるようにする」ことは生産性を上げる重要なポイントです。マニュアルの作成、システムの導入などによって業務の定型化、標準化を進め、生産性アップと効率化を図りましょう。

業務標準化とは?進め方や事例・メリットとデメリットを解説

スモールスタートを心がける

生産管理においては、大規模な改革よりも、スモールスタートを心がけることが賢明です。

生産現場の各プロセスは、それぞれが依存関係にあることが多いため、一部の業務の変更が製造工程の全体に影響してしまう場合があります。その影響がネガティブなものであれば、生産をストップせざるを得ない事態になることもあるでしょう。

そのため、一気に業務改善を実行するのではなく、影響度の低い工程において実行可能性や効果を検証しながら進め、段階的に広めていくことをおすすめします。

PDCAサイクルを意識する

生産管理を成功に導くためには、PDCAサイクルをしっかり回していくことも重要です。

PDCAとは、「P(Plan:計画)、D(Do:実行)、C(Check:確認)、A(Act:改善)」のサイクルを繰り返してプロジェクトや業務を改善してく手法です。生産管理における業務改善は、一度の実行で全てが最適化されることはありません。トライ&エラーを含め、繰り返し改善と検証を続けることで、徐々に業務効率の向上と品質の安定化への効果が見えてくるものです。

具体的な数値目標を策定し、PDCAのサイクルをしっかり回しながら生産管理の目的が果たせるようにしましょう。

PDCAとは?サイクルを回す意味や具体例・失敗する原因をわかりやすく解説

生産管理システムを活用する

生産管理をより効率的にかつ、効果的に行えるシステムを導入するのも一つの手です。

生産管理システムでは、在庫管理、コスト管理、品質管理、生産工程管理、販売管理など、製品づくり〜顧客の手元に届くまでの全プロセスをデジタル化し、情報を一元管理できるようになります。

情報が一元化されることで、部門間での情報共有がリアルタイムかつスムーズに行われ、生産計画の精度向上や、納期遵守率の改善も可能となるのです。その結果、生産管理業務全体が底上げされ、高いQCDを保つことで、全社的な利益の増加にもつながるでしょう。

【2023年最新】生産管理システム18選比較!選び方や活用方法・主な機能を紹介

生産管理システムを導入するメリット

最後に生産管理システムを導入することで、どのようなメリットがあるのかについて解説します。

業務の効率化がみこめる

生産管理システムによる、情報の一元化と情報共有の円滑化、そして、業務プロセスの自動化は、業務の効率化へと直結します。また、リアルタイムでのデータ共有により生産現場での迅速な意思決定が可能となることから、生産フローのスムーズな運行も促進されるでしょう。

業務効率が改善されることで、現場の社員は、より重要度の高い業務に集中して注力できるようになります。このような環境の構築は、製品品質の向上へと直結し、企業の市場競争力の強化にもつながるはずです。

業務効率化を阻む課題とは?よくある原因や解決方法・成功事例を解説

情報を一元化できる

生産管理システムを導入する大きなメリットは、部門間の情報を企業内で一元化できることです。製造に関するデータや工程の進捗、在庫情報など、生産に関連するさまざまなデータを1つのシステムで集約し、管理できるようになります。これにより、業務の効率化が進み、共有された情報が企業全体の共通資産として活かしやすくなります。

コスト削減につながる

生産管理システムの機能を活用した、情報の一元化とプロセスの自動化により、情報の誤認による作業ミスや人的ミスの可能性を減少させ、再作業や廃棄が発生するリスクを軽減します。

さらに、販売管理のデータも含めたリアルタイム情報の集約は、正確な需要予測に基づく在庫管理を可能とし、過剰在庫による不必要なコストの削減につながります。加えて、効率的な生産計画は、機械設備や人員の稼働率の最適化、無駄な稼働時間の予防も可能にするでしょう。

生産管理システムを自作する3つの方法|自作するメリットや開発の流れ、注意点を解説

生産管理・工程管理の違いを理解しよう

生産管理と工程管理は、製造業を運営する両輪であるともいえます。

生産管理は、製品が市場に出るまでの全体的なプロセスを最適化し、コスト、品質、納期のバランスを取りながら全体の生産効率を高めることを目的としています。一方で、工程管理は、その生産ライン内の各工程に焦点を当て、具体的な作業の流れや作業者の効率を上げることを目指すものです。

この2つの違いを適切に理解したうえで改善策を適用し、生産性や競争力を高めていきましょう。

生産管理システムの記事をもっと読む

生産管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム