残業を減らすプロジェクト管理の手法|残業が発生する原因や生産性を高めるポイントを紹介

最終更新日時:2023/11/13

プロジェクト管理ツール

残業を減らすプロジェクト管理

効率的なプロジェクト管理は残業時間を減らし、業務の生産性やチームメンバーの意欲向上につながります。 当記事では、残業が発生する原因やプロジェクト管理のコツを紹介します。プロジェクトの残業時間を減らしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

プロジェクトにおいて残業が発生する原因

プロジェクトを進めていく中で、なぜ残業が発生してしまうのでしょうか。ここでは、考えられる原因を紹介します。

スケジュール管理が不足している

プロジェクトの残業を引き起こす大きな理由の一つとして、スケジュール管理が適切に行われていないことが挙げられます。たとえば、仕事の計画を立てる際に必要な時間を見積もるのが不十分だったり、予期しないトラブルに対応する余裕が計画に含まれていないといったことが考えられるでしょう。

作業にかかる時間を正確に予測できていない状態では、締め切りに間に合わせるために従業員が長時間働かなくてはならず、結果的に残業が発生することにつながります。

プロジェクトのスケジュール管理方法!進め方や管理する際のポイント

特定人物の負担が大きい

プロジェクトを進める上で、特定のメンバーに仕事が集中しすぎてしまう属人化のリスクがあります。業務の属人化が発生すると特定の人物のみしか業務をこなせなくなってしまうのです。

たとえば、特定のスキルや知識が必要な作業がある場合、そのスキルを持っている人に仕事が偏ることがあるでしょう。これを防ぐためには、業務をマニュアル化し、誰でも同じように業務をこなせる環境を整える必要があります。

情報や進捗の共有が少ない

プロジェクトにおいて、伝えるべき情報や作業の進捗状況が共有されていないと、残業の発生につながります。コミュニケーション不足が発生することで、手が空いている人がいたとしても、次に何をすればいいのかわからず時間を無駄にしてしまったり、既に誰かが終わらせた作業を他の人が重複して行ってしまうといったことが考えられます。

この問題を解決するには、定期的なミーティングを設けて進捗を報告し合ったり、チャットなどのツールを使ってリアルタイムで進捗状況を共有したりすることが有効です。それにより、同じ方向を向いて作業を進められ、無駄な残業を減らすことができます。▷プロジェクト管理の成功度はコミュニケーションで変わる?手順や成功させるポイント

残業が当たり前の環境になっている

残業が発生するのが当然となってしまっている職場は少なくありません。このような状況は、働く人を疲弊させ、長期的には会社としての成果にも悪影響を与えることがあります。

この問題を解消するためには、就業規則の変更や働き方改革を推進することが必要です。企業全体で働き方に関する意識を変えていかなくてはなりません。

PMBOKとは?プロジェクト管理との関係性や達成するための基礎知識

プロジェクトにおける残業を減らすメリット

ここでは、プロジェクトの残業時間を減らすメリットについて見ていきましょう。

社員のモチベーションが上がる

残業時間を削減することによってワークライフバランスの向上につながり、社員のやる気にも大きく影響してきます。

残業が常態化しているような職場では、社員は長時間働くことになり、疲労によってモチベーションが下がってしまいます。プロジェクト管理を適切に行い、残業時間を減らすことができれば、社員のモチベーションが向上し、円滑に業務を進めることができるでしょう。

労災リスクが軽減される

残業時間を減らすことは、労災リスクを軽減することにもつながります。毎日のように長時間労働を行うことは、身体的にも精神的にもよくありません。疲労が蓄積した状態で業務を行ってしまうと、注意力が散漫になってしまい、仕事中のケガや事故につながることもあります。

最悪の場合では、過労死が起こってしまうこともあるかもしれません。労災が発生すると企業にとっては経済的な負担も大きくなってしまいます。そのため、できるだけ残業を減らして社員が働きやすい環境を作っていきましょう。

プロジェクト管理の基本的な手法を解説!種類や初心者で運用するコツ

プロジェクト管理で残業を減らすコツ

残業が発生する原因については理解していても、どのように減らしていけばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、プロジェクト管理で残業を減らす際のコツを紹介します。

職場環境を整える

残業を減らすには、職場環境や残業に関する考え方を改めることが重要です。具体的には、残業する前に理由や時間を伝えて申請するというルールを作るのがよいでしょう。残業を事前に申請する制度を作ることで、残業をするのが当たり前という考え方を変えることにつながります。

また、助け合いながら効率よく仕事を進めることができるようになり、残業が発生しにくくなります。さらに、社員の長時間労働も把握しやすくなるため、適切にスケジュール管理を行えるようになるでしょう。

プロジェクト管理ツールを導入する

プロジェクト管理ツールを職場に取り入れることで、残業時間を減らすことが可能です。ツールに備わっているタスク管理機能を活用すれば、チームの作業が一目でわかるようになり、メンバー間でタスクの進捗状況をリアルタイムに共有できます。

また、改善が必要なメンバーが一目でわかるようになるため、早急に対策を講じるといったことも可能になるでしょう。このように効率的にプロジェクト管理を行うことで、無駄な作業を減らしたり、正確なスケジュール管理が行えるようになり、結果的に残業時間の削減につながります。

【2023年最新】おすすめのプロジェクト管理ツール20選を比較!目的や料金に合わせた選び方

無料で使えるプロジェクト管理ツール14選|選び方を徹底比較!

残業を減らすプロジェクト管理は生産性の向上に有効

残業時間を減らすことで、プロジェクトの生産性や社員のワークライフバランスが向上します。そのためには、残業が発生してる原因を明確にし、職場環境や社員それぞれの意識を変えていくことが重要です。

また、ツールを活用してプロジェクト管理を効率化するのも効果的です。本記事で紹介したポイントを参考にしていただき、プロジェクト管理で残業時間を減らしていきましょう。

プロジェクト管理ツールの記事をもっと読む

プロジェクト管理ツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム