【2024年最新版】新卒・中途の採用トレンドについて|流行の採用手法を採用を成功させるポイント

2024/05/01 2024/05/01

採用管理システム

採用トレンド

採用市場のトレンドを取り入れることは、採用活動の戦略を立て、課題を解決するために重要です。採用トレンドは社会情勢の影響を受けて変化するため、常にアンテナを張っておく必要があります。この記事では、新卒・中途の採用トレンドや、流行の採用手法などを解説します。

新卒・中途採用における最新トレンド

企業の採用活動は時代とともに変化が続いています。特に昨今では、新卒・中途を問わず、より優秀な人材を的確に見つけ出すための新しい採用手法が取り入れられている状況です。

新卒採用手法のトレンド

近年の新卒採用では、従来の一括採用に加え、個々の学生への直接アプローチを行う「ダイレクトリクルーティング」や、現社員の人脈を活用する「リファラル採用」などが行われています。これらの「個別採用」においては、一人ひとりの個性や適性を見極めることが重要です。

また、新型コロナウイルス感染症の流行によって、説明会や面接のオンライン化が進みました。Web採用もスタンダードな手法として定着しつつあるといえるでしょう。

新卒採用の目的とは?メリット・デメリットやフロー、中途採用との違いを解説

中途採用手法のトレンド

中途採用においても、従来のように人材紹介会社に頼らず、ダイレクトリクルーティングやリファラル採用によって自社にマッチした人材を見つける方法が注目されています。

また、SNSを活用した採用活動や、かつての退職者を再雇用する「アルムナイ採用」などは、中途採用の新しい手段といえるでしょう。即戦力を求められる中途採用において、より質の高い人材の確保を確保するためには、さまざまな工夫を凝らす必要があるのです。

中途採用とは?新卒採用との違いやメリット・デメリット、採用活動を円滑にするコツ

新卒・中途採用のトレンド|流行の採用手法

人材の流動性が増し、必要な採用数の確保が難しくなっていることもあり、企業による採用活動も多様化が進んでいます。ここでは、具体的にどのような採用手法が流行しているのかを見てみましょう。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、企業が自社に適していると考えられる人材に直接アプローチする採用手法です。優秀な学生や社会人に対して自社の魅力をPRし、求人に応募してもらえるよう呼びかけます。具体的には、企業担当者自らが就職・転職活動のプラットフォームを介して、自社とマッチ度が高い人材に対してスカウトメールなどを送る方法が考えられるでしょう。

この方法では、企業と個人のマッチングがよりよく図れることに加え、これまで求人情報を出したあとは応募を待つしかなかった企業側が積極的に求職者に働きかけることができるのです。

ダイレクトリクルーティングサービス18選を徹底比較!料金や種類・選び方を解説

ソーシャルリクルーティング

X(旧Twitter)やInstagram、TikTokといったSNSを活用した採用活動がソーシャルリクルーティングです。企業はSNSのアカウントを通して自社の魅力を発信し、自社に興味を持った人材と関係性を構築していきます。コメントへの返信や個別メッセージのやり取りなどで直接カジュアルなやり取りができるのもメリットです。

この方法は特に若年層の求職者に対して有効で、より幅広いタレントプールにアクセスが可能となります。

採用ミートアップ

採用ミートアップとは、一般的な企業説明会よりもリラックスした雰囲気の中で行われる採用イベントのことです。このようなカジュアルなイベントでは、参加者が企業のより素に近い雰囲気を間近で感じることができ、企業側も参加者の人柄や能力をより深く知ることができます。

具体的にはカジュアルな交流会やワークショップ、食事会などさまざまな形式のイベントがあり、「少しだけ興味がある」という求職者でも気軽に参加できるのが魅力です。

採用ピッチ資料の活用

採用ピッチ資料を活用する方法もあります。採用ピッチ資料とは、従来の会社説明資料に求職者が興味を持つであろう情報やメッセージを加えたものです。ストーリー仕立てで自社について伝えるプレゼンテーションだと考えると分かりやすいでしょう。

企業情報や求める人物像といった基本情報だけでは実際の雰囲気までは分かりませんが、採用ピッチ資料を作成することで自社の魅力やビジョンを分かりやすく紹介することができ、求職者の興味関心を高めることができるのです。

長期インターン採用

数か月から1年程度にわたって長期的なインターンを実施し、実際の業務を体験してもらいながら採用を行う方法もあります。企業と求職者が互いを理解し合う期間をしっかりと設けることで、ミスマッチを防ぐことができるでしょう。

アルムナイ採用

かつて自社で働いていた人材を、再び雇用するのがアルムナイ採用です。すでに自社の社風や企業文化をよく知っている人材であるため、ミスマッチが起こりにくく、即戦力としての期待がかけられます。

企業にとっては教育コストを削減できることや、新卒採用に頼らない人材の多様化が図れる点がメリットといえます。

アルムナイ制度とは?メリット・デメリットや導入企業の事例を解説!

リファラル採用

現社員から自身の周囲にいる優秀な人材を紹介してもらい、採用につなげるのがリファラル採用です。社員と親しい人物であるため信頼でき、適性や人柄も把握しやすいでしょう。また、社員が自社に合うと判断したうえで紹介するため、ミスマッチリスクも低減できます。

リファラル採用ツール5選を比較!メリットや選び方・主な機能を紹介

定番とトレンドの併用がおすすめ!基本の採用手法

新しい採用手法が注目される一方で、従来の基本的な採用手法も引き続き採用活動の中核を担っています。定番の方法とトレンドの方法を併用することで、より多様な層から優秀な人材を見つけられるでしょう。

ここでは定番の採用方法を再確認します。

自社オリジナルの採用サイト

自社オリジナルの採用サイトを開設することは、採用活動の基本といえるでしょう。採用サイトは単に求人情報を伝えるにとどまらず、自社の文化や魅力を伝えるプラットフォームとなります。

サイトのデザインや、写真・動画・社員インタビューなどのコンテンツによって自社の特色を存分にアピールすることができるのが採用サイトの強みです。採用サイトは自社への応募を検討している求職者の大多数が訪れるため、求職者が自社について知り、最終的に応募するかどうかを決定するうえで重要な役割を果たします。

採用サイトは一度開設して終わりではなく、求職者からの質問や要望に応じて更新していくと、採用活動に力を入れている企業であると印象付けることもできるでしょう。

【2024年最新】採用サイト作成サービス・制作会社18選比較|費用相場や実績・選び方

求人広告サイト

求人広告サイトは、専用のプラットフォームを利用して幅広い求職者に求人情報を届けることができる方法です。

これらのプラットフォームでは、さまざまな業界や職種の求人情報を一元化し、求職者が希望の職種や条件に合わせて検索できるようになっています。多くの求職者の目につく求人広告サイトに求人情報を掲載することで、企業は自社の存在を広く知らせ、多様な背景を持つ求職者に対して応募を促すことができるのです。

人材紹介サービス

人材紹介サービスを利用すると、専門のコンサルタントを通して自社のニーズに合った候補者を紹介してもらうことができます。この方法は、特定のスキルや経験を持つ人材を求めているけれど、採用市場ではなかなか巡り合えないといった場合に有効です。

人材紹介会社は採用市場を深く理解しているため、企業と求職者の双方にとって最適なマッチングを提供することができるのです。

就職・転職イベント

就職・転職イベントでは、複数の企業が一堂に会し、各自のブースで自社の魅力や求人情報を直接求職者に伝えることができます。こうした現地開催のイベントでは企業と求職者が一対一で交流することも可能で、一対多の説明会では得られない情報や雰囲気を感じ取れる点がメリットです。

採用ミスマッチが起きる原因とは?早期離職を防ぐポイントと事例について

採用活動を成功させるためのポイント

採用活動において優秀な人材を確保するためには、戦略的な取り組みが欠かせません。ただ単にさまざまな手法を取り入れるだけでなく、工夫や準備が重要です。

ここでは採用活動を成功させるための具体的なポイントを確認しましょう。

採用目的を明確に定める

採用活動において重要なのは、採用の目的を明確にすることです。何を実現するための採用活動なのか、そのためにどんなスキルや経験を持った人材が必要なのかを明確にして計画を立てます。

このプロセスがあることで一貫性のある採用活動を行うことができ、採用後にミスマッチや想定外の事態が生じるリスクを減らすことができるでしょう。

明確な目的は、自社が求める人材像を定める基盤となり、最適な候補者を見つけ出す道しるべともなるのです。

複数の採用手法を併用する

採用活動を効果的に進めるためには、複数の手法を組み合わせることが重要です。特に、従来の方法とトレンドの方法のどちらか一方に偏ることなく、バランスの取れたチャネルを選択するとよいでしょう。

選択肢を増やすことで、より幅広いタレントプールにアクセスし、多様な背景を持つ候補者にリーチすることができます。例えば、オンラインの求人広告や就職・転職イベントで多くの人材と交流を持つ一方、人材紹介サービスを介してプロのサポートを同時に受けるといった方法が考えられるでしょう。

他社の採用活動を参考にする

優れた採用活動を行う企業は多くあるため、他社の採用活動も参考にしましょう。活発な採用活動を行う他社の事例を積極的に研究し、自社の採用活動のヒントとすることができます。

ただし、単に手法をまねても自社には合わない場合もあるため、エッセンスを深掘りし、自社の事情に合わせて活用するといった工夫が求められます。

必要に応じて外部へ依頼する

採用は企業にとって重要な活動であるため、効果的に行うために外部の専門家に助言を求めることも検討するとよいでしょう。

人材コンサルタントなどに依頼することで、自社内からは気づきにくい課題や解決策を提案してもらえます。コストはかかりますが、その分充実した採用活動につながるでしょう。

採用トレンドの変化に合わせた効果的な採用手法を選ぼう

採用トレンドは常に変化しています。理想の採用を実現させるためには、これらの変化に柔軟に対応し、定番の方法とトレンドの方法を組み合わせるようにしましょう。また、他社の成功事例を参考にすることや外部の専門知識を活用することも、効果的な採用活動の鍵となります。

採用管理システムの記事をもっと読む

採用管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

ファクタリングと債権譲渡登記の違い・関係とは?必要性やメリット・デメリット

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

2社間ファクタリングとは?手数料やメリット・デメリット、3社間ファクタリングとの違い

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

【2024年版】ホームページ制作で使える補助金・助成金|地域別やIT導入補助金について

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

SEO対策を学べるおすすめの本11選|初心者〜上級者向けに紹介

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

次世代EDIとは?EDIの課題や違い、注目されているWeb-EDIについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

全銀EDIシステム(ZEDI)とは?インボイス制度・金融EDIとの関係性やメリットについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

ファクタリングが違法ではない理由について|違法業者の見分け方・法的根拠について

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

HTMLを活用したホームページの作成方法|公開までの手順やコード例やテンプレートを解説

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作