問い合わせ対応を自動化する方法!課題や自動化するメリットを解説

最終更新日時:2023/06/29

問い合わせ管理システム

問い合わせ対応の自動化

日々社内外から寄せられる「問い合わせ」。問い合わせ内容や媒体が多岐にわたることから課題も多く、多くの企業から問い合わせ対応の自動化が注目されています。本記事では、問い合わせ対応の分類や課題といった基本事項をおさえたうえで、自動化の方法とメリット・デメリットを解説。おすすめツールも紹介します。

問い合わせ対応の分類

問い合わせ対応とは、従業員や顧客から寄せられた質問事項に対応する業務です。大きく社内と社外の対応に分けられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社内問い合わせ

社内からの問い合わせ対応業務が多く発生する部署と主な問い合わせの内容は以下の通りです。

部署問い合わせ内容
経理部経費の申請手続き
支払い条件や締め日に関する情報提供
など
情報システム部社内ポータルやシステムのエラー・トラブル
など
法務部契約書作成や取引先との交渉に関する確認
法的リスクの確認
その他、法律に関する相談
など
人事部各種休暇の申請手続きや残日数の確認
人事関連手続きの支援
など
総務部社内の備品の提供
紛失・破損時の対応
備品の発注や在庫管理に関する案内
など

社内からの問い合わせとして最も多いのが、社内制度や手続き、社内システムの利用に関するものです。

特に、経理部における経費の締め日前など、問い合わせが短期間に集中しがちなケースもあり、担当者は、緊急度の高さを問わず、コア業務を後回しにしながら対応しなければならない場合もあります。

社外問い合わせ

社外からの問い合わせ対応業務が発生する部署は企業の組織構成によって異なりますが、おおむね以下のような部署があげられます。

  • カスタマーサポート
  • コールセンター
  • ヘルプデスク
  • インフォメーションセンター

これらの部署は、製品やサービスに関する情報提供や、トラブル解決のサポート業務など、顧客の支援をコア業務として担っています。問い合わせ内容は、サービスや製品知識を必要とする使用方法やトラブル発生時の解決方法に関する質問のほか、クレーム対応までさまざまです。

社外からの問い合わせ対応は、顧客満足度向上や顧客との信頼関係にも影響する業務であるため、的確かつ迅速な対応が求められます。

問い合わせ対応の課題

問い合わせ対応の課題は4つ挙げられます。

  • 問い合わせ対応に多くの時間を取られてしまう
  • 問い合わせ対応の質にばらつきがある
  • 対応内容がブラックボックス化しやすい
  • 問い合わせ窓口や方法が複数あり対応や管理が煩雑化

各課題について、詳しく認識しておきましょう。

問い合わせ対応に多くの時間を取られてしまう

問い合わせは、内容や緊急度がさまざまなことから、対応に要する時間も異なります。例えば、内容によっては他部署との連携や協議が必要となるケースも少なくありません。

特に社外問い合わせの場合には顧客の信頼を失わないように、慎重かつ迅速に対応をおこなう必要があります。

問い合わせによって、緊急度や重要度は異なるものの、初期対応はその都度対応しなければならないことから、問い合わせの頻度によっては、日々の多くの時間を費やしてしまうことになるのです。

問い合わせ対応の質にばらつきがある

問い合わせ対応は、「誰が対応しても同じ」状況を整えることが理想ではあるものの、実際は、経験や知識、コミュニケーションスキルなどによって、質のばらつきが生じがちです。

たとえば、経験の浅い担当者の場合、確認作業や部署連携などに手間取り、問い合わせへの回答が遅れた結果、生産性の低下を招いてしまうこともあります。

とりわけ社外問い合わせ対応における、このような質の違いは、顧客への一貫したサービス提供ができない状況であることから、顧客満足度や信頼性の低下も招きかねません。

対応内容がブラックボックス化しやすい

カスタマーサポートなどの問い合わせ業務では、基本的に担当者が顧客と1対1で対応することがほとんどです。そのため、問い合わせの内容や履歴を共有する仕組みがない場合、情報がブラックボックス化してしまう点も問い合わせ対応の大きな課題の一つです。

社外からの問い合わせにおいて、組織内で情報が共有されておらず、担当者が変わるたびに顧客に繰り返しの説明を求めるようでは顧客満足度の向上は見込めません。かえって不満を増幅させてしまうでしょう。

また、社内においては、たとえば問い合わせの電話対応は、判断の瞬発力が求められるため、どうしてもベテラン社員に業務の負担が偏りがちです。多くの場合、対応マニュアルの作成やノウハウ共有によって改善できることは理解されつつも、日々の業務に追われて着手できないことから、いつまでたっても負担が分散されない悪循環へと陥ってしまうのです。

問い合わせ窓口や方法が複数あり対応や管理が煩雑化

顧客からの問い合わせに使用されるチャネル(媒体)は、電話やメールのほか、問い合わせフォームやチャット、SNSなど、多岐に渡ります。

社内問い合わせの場合でも、社内システムやメール、対面、内線、文書など方法はいろいろあるでしょう。

問い合わせをする側にとっては、手段が選べるのは便利ですが、対応する側は、それぞれのチャネルを確認し、情報を集約する手間が発生するなど、対応業務が煩雑化してしまうのです。また、複数チャネルからの問い合わせ管理は、対応もれや対応の遅延といったトラブルも発生しやすくなります。

無料で使える問い合わせ管理システム5選!低コストで導入するコツ

問い合わせ対応を自動化する方法

問い合わせ対応の課題を解決する有効手段の一つとして、「自動化」を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、自動化といっても、現状では、問い合わせ対応のすべてを自動化できるわけではありません。自動化が可能な内容や業務を、詳しく見ていきましょう。

【方法1.】自動音声応答システムを導入する

自動音声応答システム(IVR・Interactive Voice Response)の導入はコールセンターなど、社外からまとまった問い合わせ電話がかかってくる場合に有効な手段です。

IVRとは、顧客からの電話に自動音声で案内や応答をする仕組みです。問い合わせ内容を顧客に選択してもらうことで、担当者への電話取次を自動化したり、内容によっては、録音済みの音声によって情報を提供することができます。

従業員は自動対応で解決できない問い合わせのみに集中して対応できるため、業務の効率化につながります。

IVRの形式には主に、オンプレミス型、クラウド型、ビジュアル型などの種類があります。

【方法2.】チャットボットを導入する

「チャット(Chat)」と「ロボット(Robot)」の2つ単語を名称の由来とする、チャット型の自動応答システム「チャットボット」は、すでに社内外の問い合わせ対応ツールとして多くの企業に導入されています。

チャットボットでは、データベースに蓄積された情報から、従業員、または顧客が入力した質問に直ちに自動返答するため、相手を待たせることがありません。

データベースにない情報による臨機応変な対応は難しいものの、手続きや制度、使い方といった、一定の回答内容が予想される問い合わせに関しては、非常に有用な自動化手段となります。

また、チャットボットには「シナリオ型」と「自動学習型」の2つの仕組みがあり、対応できる問い合わせの程度は仕組みにより異なります。

シナリオ型は、設定されたシナリオに基づいて質問者に選択肢を提示していく仕組みです。質問者は、チャットボットに提示される選択肢を選んでいくことで最終的に得たい答えにたどり着けるようになっており、定型的な質問への対応に適しています。

一方、自動学習型は、インプットされたデータベースから、統計上優位な情報を抽出し返答する仕組みのチャットボットです。AI型と機械学習型があり、いずれもシナリオ型に比べて複雑な質問にも対応でき、かつ、利用者のフィードバックなどを「学習」することから使うほどに回答の精度が上がる点が特徴です。

【方法3.】RPAを導入する

RPA(Robotic Process Automation)の導入により、問い合わせ対応に付随して発生する定型的なパソコン作業を自動化することが可能になります。

RPAは、問い合わせ対応自体を自動化できるツールではありませんが、対応に必要なデータの出力や転記作業の自動化など、付随業務の負担が軽減されることで、問い合わせ業務全体の効率化や生産性の向上が期待できます。

さらに、電話やFAXとコンピューターの機能統合ができるツール(CTI)も合わせて用いることで、通話ログや対応案件の履歴の保存、架電数など各種統計データの集計の自動化も可能です。

【2023年最新】おすすめのRPAツール比較20選|機能や失敗しない選び方

問い合わせ対応を自動化するメリット

次に、問い合わせ対応を自動化するメリットについて詳しく見ていきましょう。

問い合わせ対応業務の効率化が見込める

有人対応のメリットは、臨機応変な対応が可能となる点にありますが、当然ながら企業における人的なリソースには限りがあります。

そのため、IVRやチャットボット、RPAを活用した業務の自動化は、業務そのものの効率アップが見込めるのはもちろん、従業員が「人にしかできない業務」に集中できる環境が整うことで、生産性の向上にもつながるのです。

人為的ミスを防止できる

手作業によって起こる人為的なミスは、二重三重の確認作業を行っていても完全になくすことは難しく、人為的ミスを未然に防ぐには、可能な限り「手作業」を減らすことが有効な手段の一つとなります。

そのため、RPAによるコンピューターシステム作業の自動化は、人為的ミスやミスによるトラブルを防ぐうえでも役立つのです。

対応データを蓄積・集計できる

ツールを通して寄せられた問い合わせは、その内容や属性、対応履歴などのデータが記録・蓄積されていきます。収集したデータを集計・分析することで、問い合わせ対応の改善につなげたり、製品やサービスの見直し、新規開発などの参考データとして活用することもできるでしょう。

特に社外からの問い合わせは、製品やサービスの問題点が表面化する場でもあります。問い合わせ内容を、ユーザーの声として組織全体で共有することにより、さらなるサービス改善が図れるのです。

利用者の満足度の向上につながる

問い合わせは、する側にも手間や時間がかかるなどの負担が生じています。

また、電話やメールといった問い合わせのやり取り自体を面倒に感じ、不明点の解消を後回しにしてしまうケースも少なくありません。その結果、従業員であれば生産性の低下、顧客であれば機会損失につながってしまうでしょう。

問い合わせ対応を自動化し、スピーディな対応環境を実現することは、利用する側の、利便性や満足度向上にも貢献するのです。

24時間対応で機会損失の防止につながる

社外からの問い合わせの場合、その顧客は購買意欲のある「見込み顧客」である可能性もあります。

問い合わせ対応にIVRやチャットボットを活用すれば、24時間・365日の対応が可能となるため、見込み顧客との接点を取りこぼしなく掴めることになるでしょう。

問い合わせ対応自動化のデメリット

メリットの多い問い合わせ対応の自動化ですが、その一方でデメリットもあります。

導入される際には、デメリットについても、事前にしっかりと把握したうえで検討しましょう。

自動化ツールの導入に費用・時間・労力がかかる

ツールを導入するにあたっては、ある程度の準備期間が必要です。

具体的には、必要な機能を洗い出し、予算を立て、複数のツールを比較検討したうえで導入することになります。導入時の初期費用のほか、運用を続けるうえでは、使用料や管理コストなどのランニングコストもかかるでしょう。

また、チャットボットやRPAは導入後、必要なデータの準備や設定を経て、初めて運用できるようになります。費用や導入時の手間は、ツールによってさまざまですが、いずれも相応の準備が求められる点は、認識しておかなければなりません。

メンテナンスをする労力が生じる

自動化ツールは運用を始めた後もメンテナンスが必要です。

たとえば、チャットボットの場合、データを分析し、回答の精度をあげる修正をしたり、FAQを見直したりといった改善がメンテナンスとして不可欠です。IVRにおいても、状況の変化に合わせて適宜自動音声の見直しをすることになるでしょう。

ツール導入には、付随するメンテナンス業務の発生も考慮する必要があります。

利用者がストレスに感じる可能性がある

チャットボットの場合、対応が無機質であると利用者が感じたり、操作に戸惑ってしまう場合があります。また、IVRの場合には、設定によっては利用者が「答え」にたどり着くまでの操作を煩わしく感じてしまうこともあるのです。

自動化は、必ずしも万人にとって便利で最適な方法とは限らない点に留意しましょう。

【2023年最新】問い合わせ管理システムのおすすめ15選徹底比較!選定ポイントと特徴

問い合わせ対応自動化におすすめの自動音声応答システム3選

問い合わせ対応の自動化に活用できるおすすめの自動音声応答システムを4つ紹介します。どのサービスも24時間365日対応が可能です。通話数の多さや機能と費用のバランスから比較すると良いでしょう。

1.自動受付IVR

「自動受付IVR」は、IVR専業企業である株式会社電話放送局が提供しているクラウド型自動音声応答システムです。

業界最大規模の7000回線を有し、災害時にも受付体制を維持できるなど、BCP対策も万全。年間処理件数は4,000万件以上と、実績も豊富なIVRといえるでしょう。

提供元株式会社電話放送局
初期費用30万円~
料金プラン15万円/月~
※月間4,000件までの着信を含むプラン。
※4,001件目からは、着信ごとに25円/件の従量課金が発生
導入企業数導入実績500社以上
機能・特長Web管理画面提供、日別・時間帯別・切断箇所レポート提供、複数通信キャリア対応
URL公式サイト

2.IVRy

「IVRy」は、株式会社IVRyが提供する、累計アカウント数5,000件という導入実績を持つクラウド型の自動音声応答システムです。

導入のしやすさやカスタマイズ性の高さ、コストパフォーマンスの良さのほか、UIの使いやすさなどに定評があり、無料トライアルも設けられているため、操作性を実際に試せる点も魅力です。

提供元株式会社IVRy
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • ベーシック:3,000円/月
  • プラス:5,000円/月
  • エンタープライズ:要問い合わせ ※別途通話料などが発生します。
導入企業数累計アカウント数5,000件
※2023年1月30日時点
機能・特長自由な音声ガイダンス、着信フローの作成、顧客管理、ブラウザからの発信、など
URL公式サイト

3.DXでんわ

メディアリンク株式会社が提供するクラウド型自動音声応答システム「DXでんわ」は、企業イメージに合った音声を合成できる音声合成機能などの汎用性の高さが特徴です。

無料トライアルが利用できるため。シンプルでわかりやすいUIや管理画面の使いやすさを、実際に試してみるのもおすすめです。

提供元メディアリンク株式会社
初期費用55,000円(税込)
料金プラン
  • エントリープラン(着信100件まで):11,000円(税込)/月/1窓口・1番号
  • スタンダードプラン(着信1,000件まで):55,000円(税込)/月1窓口・1番号
機能・特長音声合成機能、リアルタイム通知、など
URL公式サイト

4.VoiceMall

「VoiceMall」は、NTTテクノクロス株式会社が提供するクラウド型自動音声応答システムです。

主な機能としては、コールバック予約、SMS発信、オペレーター対応品質調査(CS調査)、システム担当者呼び出しなどがあげられます。データセンターの運用やシステムの構築がすべてNTTブランドによるものであるため、セキュリティーや安定性の高さに信頼がおけるサービスです。

提供元NTTテクノクロス株式会社
初期費用
  • 着信型(ベストエフォートタイプ):33万円(税込)〜
  • 着信型(ギャランティタイプ):33万円(税込)〜
  • 発信型(ギャランティタイプのみ):55万円(税込)〜 ※仕様によって異なるため、詳細は要問い合わせ
料金プラン
  • 着信型(ベストエフォートタイプ):28万6000円(税込)〜/月
  • 着信型(ギャランティタイプ):15万4000円(税込)〜/月
  • 発信型(ギャランティタイプのみ):15万4000円(税込)〜/月 ※仕様によって異なるため、詳細は要問い合わせ
導入企業数約300サービス
機能・特長コールバック予約、SMS発信、オペレーター対応品質調査(CS調査)、システム担当者呼び出し、など
URL公式サイト

問い合わせ対応自動化におすすめのチャットボット3選

問い合わせ対応の自動化に活用できるおすすめのチャットボットを8つ紹介します。チャットボットの導入で、24時間365日の対応を実現できます。設置箇所の規模や機能と費用のバランスが比較検討材料となるでしょう。

1.FirstContact

「FirstContact」というチャットボットシステムは、株式会社バイタリフィが提供する自動化対応のための優れたツールです。iPadでの操作が可能であり、最短で即日導入が可能です。また、有人対応とAI対応の切り替えも簡単に行うことができます。

提供元株式会社バイタリフィ
初期費用無料
料金プラン
  • スタンダード(有人対応のみ):2,980円/月
  • プレミアム(AI対応):15,000円/月
  • プロ(AI対応):29,000円/月 ※詳しくはフォームより要問い合わせ
機能・特長iPadでの操作OK、最短で即日導入可能、有人対応の切り替えが簡単

など

URL公式サイト

2.チャットディーラー

株式会社ラクスが提供するチャットボットシステム「チャットディーラー」は、問い合わせ対応の自動化におすすめのツールです。このシステムは、各種プラットフォームとの連携・設置が可能であり、スムーズな導入が可能です。さらに400種類以上の社内用テンプレートが用意されており、迅速かつ正確な回答を提供することができます。

提供元株式会社ラクス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長各種プラットフォームとの連携・設置可能、400種類以上の社内用テンプレートを用意、など
URL公式サイト

3.HRBrain AI Assistant

株式会社HRBrainが提供するチャットボットシステム「HRBrain AI Assistant」は、問い合わせ対応の自動化におすすめのソリューションです。具体的な機能として、テンプレート機能やシナリオチャット、質問ログ機能、表記ゆれ対応機能などがあります。これにより、迅速で正確な応答を実現し、カスタマーサポートの効率化に貢献します。

提供元株式会社HRBrain
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数累計導入社数 2,000社以上
※タレントマネジメントシステムのサポート実績を含む(2022年12月時点)
機能・特長テンプレート機能、シナリオチャット、質問ログ機能、表記ゆれ対応機能、など
URL公式サイト

4.AI Messenger Voicebot

株式会社AI Shiftが提供するチャットボットシステム「AI Messenger Voicebot」は、問い合わせ対応の自動化におすすめのツールです。機能として「カスタム音声合成」「FAQ検索機能」「予約枠の代替え案提示」などが挙げられます。これにより、迅速で正確な応答を実現し、顧客サポートの向上が望めるでしょう。

提供元株式会社AI Shift
初期費用初期費用:50万円~
料金プラン月額費用:30万円~
導入企業数200社以上
機能・特長カスタム音声合成、FAQ検索機能、ヒアリング機能、オペレーター転送、プッシュ操作、予約枠の代替え案提示、など
URL公式サイト

5.NEC Digital Assistant AI チャットボット

日本電気株式会社が提供するチャットボットシステム「NEC Digital Assistant AI チャットボット」は、問い合わせ対応の自動化におすすめのソリューションです。24時間365日の問い合わせ対応を実現し、データ活用を促進する機能や特長を備えています。

提供元日本電気株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プランNEC Digital Assistant - トライアル:55万円(税込)※リモートまたは東京近郊の場合。他地域における価格は要問い合わせ。
トライアル期間:3か月
※その他価格は要問い合わせ
機能・特長24時間365日問い合わせ対応、データ活用を促進、など
URL公式サイト

6.sAI Chat

「sAI Chat」は、株式会社サイシードが提供する問い合わせ対応自動化のためのチャットボットシステムです。豊富な機能とデザインが用意されています。前もって学習させることで導入時から高い精度で応答をおこなえるため、スムーズで正確な問い合わせ対応が可能です。

提供元株式会社サイシード
初期費用要問い合わせ
料金プランStarterプラン:要問い合わせ
Standardプラン:要問い合わせ
DXプラン:要問い合わせ
機能・特長機能とデザインが豊富、導入時から精度95%以上、など
URL公式サイト

7.ChatPlus

「ChatPlus」は、チャットプラス株式会社が提供する問い合わせ対応自動化のためのチャットボットシステムです。特徴として、Q&Aのエクセル管理や有人チャットへの切り替え、キーワード検索での回答などがあります。これにより、効率的かつ正確な問い合わせ対応を実現し、顧客満足度の向上が狙えるでしょう。

提供元チャットプラス株式会社
初期費用無料
料金プラン

■ミニマム

  • 年契約:1,650円(税込)/月
  • 月契約:2,178円(税込)/月

■ビジネスライト

  • 年契約:10,780円(税込)/月
  • 月契約:11,880円(税込)/月

■プレミアム

  • 年契約:30,800円(税込)/月
  • 月契約:33,000円(税込)/月

■AIライト

  • 年契約:55,000円(税込)/月
  • 月契約:59,400円(税込)/月

■オートAI

  • 年契約:78,650円(税込)~/月
  • 月契約:85,800円(税込)~/月

■AIチャットボット

  • 年契約:16万5000円(税込)/月
  • 月契約:18万7000円(税込)/月
導入企業数10,000社以上
機能・特長Q&Aのエクセル管理、有人チャットへの切り替え、キーワード検索での回答、など
URL公式サイト

8.sinclo

「sinclo」は、株式会社エフ・コードが提供する問い合わせ対応自動化のためのチャットボットシステムです。チャットボット機能や有人チャット、履歴・統計レポートなどが機能としてあり、効果的な問い合わせ対応を実現します。

提供元株式会社エフ・コード
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • コスト重視プラン:9,440円/月~
  • 成果重視プラン:29,440円/月~ ※詳細は要問い合わせ
導入企業数800社以上
機能・特長チャットボット、有人チャット、履歴・統計レポート、など
URL公式サイト

問い合わせ対応自動化におすすめのRPAツール3選

最後に、お問い合わせ対応の付随業務を自動化するのに役立つ、おすすめRPAツール3つを紹介します。

RoboTANGO

「RoboTANGO」はスターティアレイズ株式会社が提供する国産のRPAツールです。

月額費用5万円から導入でき、PC上での操作を自動分析する録画機能を搭載。利用のタイミングが重ならなければ複数の拠点・複数のPCから使用可能であることも魅力です。

提供元スターティアレイズ株式会社
初期費用
  • 基本プラン:10万円
  • リモレクライト:15万円
  • リモレクスタンダード:15万円
  • リモレクアドバンス:20万円
料金プラン
  • 基本プラン:5万円/月
  • リモレクライト:8万円/月
  • リモレクスタンダード:10万円/月
  • リモレクアドバンス:15万円/月
機能・特長1ライセンスを複数拠点で利用可能
録画機能による簡単なロボ作成
専用サイトによるサポート
無料トライアルあり
URL公式サイト

アシロボ

「アシロボ」は、官公庁をはじめ、大企業での導入実績がある株式会社アイネットが提供するRPAツールです。

低コストから導入でき、シンプルで初心者にもわかりやすい画面と操作性が特徴。研修会や各種サポートを無料提供しており、無料トライアルも用意されています。

提供元株式会社アイネット
初期費用要問い合わせ
料金プラン5万円/月~
導入企業数900社以上
機能・特長短時間で習得できるシンプルな操作性
初心者にもわかりやすい画面
無料での研修会やサポートの提供
URL公式サイト

batton

「batton」は株式会社battonの提供するRPAツールです。リピート率97%を実現する徹底したサポート体制のほか、顧客の業務内容を分析してRPAを導入するべき業務の提案も行っています。AI搭載型のRPAで、1ライセンスで複数のPCでRPAが利用できるのも魅力です。

提供元株式会社batton
初期費用要問い合わせ
料金プラン14.8万円/月~
機能・特長1ライセンス取得で複数のPCにインストール・操作が可能
スマホのようなUI
強力なサポート体制
URL公式サイト

おすすめシステムを導入し問い合わせ対応を自動化しよう

問い合わせ対応は、社内外から発生する業務であり、内容も簡単なものから多くの部署を横断するものまで多岐にわたります。それゆえに問い合わせ対応業務の負担は大きく、課題を抱えやすい業務でもあるのです。

そのような中で、自動化ツールの活用は、業務の効率化や品質、顧客満足度の向上が期待できる有効な手段の一つとなるでしょう。自社のニーズに合ったシステムを選定し、生産性に大きく寄与する業務改革を実現してみてはいかがでしょうか。

おすすめのお役立ち資料

問い合わせ管理システムの記事をもっと読む

問い合わせ管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム