ITアウトソーシングサービスおすすめ比較!選定のポイントや失敗しないコツ

最終更新日時:2023/05/24

アウトソーシング

ITアウトソーシング

近年、企業からの注目を集めているITアウトソーシング。しかし、ITアウトソーシングサービスにはどのようなサービスがあるのか知らない方も多いでしょう。そこで本記事では、そんなITアウトソーシングについて、おすすめの比較や失敗しないためのコツなど解説していきます。

ITアウトソーシングとは?

ITアウトソーシングとは、企業が自社の情報技術(IT)に関する業務を外部の専門的な知識や技術を持った企業に委託することを指します。

具体的には、ソフトウェア開発やシステム保守・運用、データベース管理、ネットワーク構築・管理、セキュリティ対策など、ITに関連するあらゆる業務をアウトソーシング可能です。

ITアウトソーシングを利用することで、企業はコスト削減やリソースの最適化、業務効率の向上などのメリットも得られるでしょう。

アウトソーシングとは?意味やメリット・デメリット・種類を解説

ITアウトソーシングとは?活用する際の注意点やおすすめのサービス

ITアウトソーシングが注目されている背景

ITアウトソーシングが注目されている背景は、主に2つ挙げられます。

急速に進化するIT業界

IT業界は急速に進化しており、新しいテクノロジーやプラットフォームが次々と生まれています。たとえば、人工知能(AI)、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、インターネット・オブ・シングス(IoT)などです。

これらのテクノロジーの導入には高度な専門知識や技術が必要であるうえに、企業が専門的なスキルや知識を維持するためには大きな負担がかかるでしょう。

この点において、アウトソーシング先は最新のテクノロジーやプラットフォームに常にアクセスしており、企業が追いつくことが困難な変化にも迅速に対応することができます。

このような背景から、ITアウトソーシングは企業にとって有益な選択肢のひとつとなっているのです。

ITコストを削減できるため

ITアウトソーシングが注目される理由に、企業のコスト削減があります。

IT化が進む現代社会では、企業においてもITシステムの整備や運用が欠かせません。しかし、企業が自社内でITシステムを整備して運用することは大きなコスト負担となります。

この点において、ITアウトソーシングは、自社でITシステムを整備してくれるので、運用するために必要な設備や人員、技術者の教育・研修、保守・更新費用などの負担を抑えることが可能です。

ITアウトソーシングサービスの選び方・比較ポイント

ITアウトソーシングサービスの選び方・比較ポイントは、主に5つあります。

  • 対応できる業務の範囲
  • 導入企業・実績
  • セキュリティ体制
  • 料金体系・コスト
  • 業務品質・スキルの高さ

各ポイントを詳しく見ていきましょう。

対応できる業務の範囲

ITアウトソーシングサービスを選ぶ際に重要なポイントは、対応できる業務の範囲です。

企業がアウトソーシングを検討する主な理由は、専門的分野において効率的にコスト削減を図ることにあります。そのため、アウトソーシング先の企業が提供するサービス内容について、どの程度の範囲で対応可能かを把握することが重要です。

アウトソーシング先の企業が提供するサービス内容には「ITシステムの設計・構築」「運用・保守」「セキュリティ対策」「コンサルティング」などがあるため、自社の目的とマッチしたものを選ぶようにしましょう。

導入企業・実績

ITアウトソーシングサービスを選ぶ際に重要なポイントのひとつとして、導入企業・実績が挙げられます。アウトソーシング先の企業が過去にどのようなプロジェクトを手掛け、どのような実績を残しているかを把握することで、アウトソーシング先の信頼性や実力を判断することができるでしょう。

たとえば、同じ業界の企業や大手企業との取引実績がある場合、その企業がアウトソーシング先のサービスに信頼を置いているということがわかるます。また、同業他社との取引実績がある場合には、業界における知見やノウハウの証明になり、信頼できる企業と判断できるでしょう。

セキュリティ体制

セキュリティ体制が整っているかどうかも、ITアウトソーシングサービスを選ぶ際にはチェックしておきましょう。アウトソーシング先の企業が「適切なセキュリティ対策を講じているか」「セキュリティに関する方針や規程を持っているか」を確認することで、情報漏洩やセキュリティ上の問題を回避できます。

たとえば、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得している企業は、セキュリティに対する取り組みが適切だとわかるでしょう。

また、アウトソーシング先の企業が取り扱う情報に応じて、適切なセキュリティ対策を講じているかどうかも大切です。たとえば個人情報や機密情報など、とくに重要な情報については適切な暗号化やアクセス制御などの対策が講じられているのを確認する必要があります。

料金体系・コスト

ITアウトソーシングサービスのコストについて考える際には、サービスの品質や内容に注目しましょう。サービスの品質や内容が高い場合、コストが高くなる傾向があるため、自社の予算やニーズに合わせて、コストとサービス品質のバランスを考慮し、最適なアウトソーシングサービスを選択する必要があります。

また、ITアウトソーシングサービスの選択にあたっては、契約時には予測できなかった追加費用などの、隠れコストにも注意が必要です。修正作業やサポート作業が発生した場合の費用や、契約期間中に仕様変更があった場合の追加費用が発生するケースもあるため、これらを念頭に置いて検討することも、ITアウトソーシングを選ぶ際には重要なことのひとつです。

業務品質・スキルの高さ

ITアウトソーシングサービスを選ぶうえで、業務品質やスキルの高さは非常に重要なポイントです。

提供しているサービスの品質が低い場合、修正作業が必要になるため、時間や費用がかかる可能性があり、効率的な業務運営や顧客満足度の向上を期待することができません。また、スキルの高さは、技術的な知識や経験だけでなく、コミュニケーション能力や顧客志向などのソフトスキルも含まれます。

このような業務品質やスキルの高さを確認するためには、ISOやCMMI®CMMIなど、業界団体から認定された資格を持っているかどうかや、継続的な教育・訓練プログラムを提供しているかなどを参考にしましょう。技術的な専門性が求められる場合は、その分野の専門的な知識や経験を持っているかも確認する必要があります。

ITアウトソーシングのメリット・デメリット|委託を失敗しない秘訣

ITアウトソーシングで失敗しないためのコツ・注意点

ITアウトソーシングで失敗しないためのコツ・注意点は以下の通りです。

  • 自社の課題・導入目的を明確にする
  • 長期的な視点で見て判断する
  • 委託内容は事前に細かく決めておく

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社の課題・導入目的を明確にする

ITアウトソーシングを導入する際の注意点としては、自社の課題や導入目的を明確にすることが重要です。はじめに自社が抱えている問題や課題を把握し、それらを解決するためにITアウトソーシングを導入する必要があるのかを検討しなければなりません。

また、ITアウトソーシングの導入目的を明確にすることで、どのような効果を期待しているかを明確にできます。

たとえば、業務効率の向上やコスト削減、サービス品質の向上やセキュリティ強化などが導入目的として考えられるでしょう。これらの目的に応じて、どのようなサービスや業者が適しているかを検討し、選定することができます。

このように自社の課題や導入目的を明確し、必要に応じて改善策を検討することが、ITアウトソーシングの失敗を防ぐことにもつながるのです。

長期的な視点で判断する

ITアウトソーシングに失敗しないためには、長期的な視点で判断することが重要です。導入するサービスや業者が、長期的に自社のビジネスに貢献できるかどうかを見極めなければなりません。

一般的にITアウトソーシングは長期的な契約が多く、契約期間中は比較的固定された費用が発生するため、長期的な視点で見た場合のコストパフォーマンスが重要となります。

そのため、ITアウトソーシングを導入する際には、将来的な業務の変化やシステムの拡張などに対応できるかも確認しましょう。業務の拡大や変更が予想される場合は、ITアウトソーシングの提供範囲や業者のスキルなどを確認し、将来的にも柔軟かつ効率的な業務提供が可能か見極めることが必要です。

委託内容は事前に細かく決めておく

委託する範囲や業務内容、期限などを細かく決めておかないと、業務が滞ったり進捗が遅れ、コストがかさんだりといったトラブルが起こりかねません。

そのため、自社の業務フローをしっかりと把握したうえで、アウトソーシングする業務の範囲を明確にしましょう。その範囲内で具体的な業務内容や品質目標、納品スケジュールなどを明確に定めておくことが大切です。

なお、委託する業務に関する細かい要件や品質基準を明確にしておくことで、アウトソーシング先との契約交渉やトラブル時の解決などにも役立てられるでしょう。委託先との意思疎通を図ることで、効果的なアウトソーシングが実現できます。

アウトソーシングと業務委託の違いとは?目的やメリット・デメリット

ITアウトソーシングサービスのおすすめ比較

おすすめのITアウトソーシングサービスを紹介します。各項目を比較して、自社に合うサービスを見つけましょう。

ITトータルケアサービス

アビリティ株式会社が提供する「ITトータルケアサービス」は、ITアウトソーシングサービスの一種で、企業のIT環境を総合的に管理・運用してくれるサービスです。

マルチベンダー対応やコンサルティング、テクニカルサポートやレポーティングなど、サービス内容も充実しており、専門知識を持った技術者が迅速に対応してくれます。

提供元アビリティ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン25,000円〜/月
機能・特長マルチベンダー対応、コンサルティング、ヘルプデスク、テクニカルサポート、レポーティング、セカンドオピニオンなど
URL公式サイト

スマートオフィスコンシェルジュ

「スマートオフィスコンシェルジュ」は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供するITアウトソーシングサービスです。

ヘルプデスクや端末サポート、カスタムサポートなどが用意されており、ベテランのスタッフがきめ細やかな対応をしてくれます。

また、ISMS認証も取得しているので、セキュリティ面でも安心してお任せできる点もメリットのひとつでしょう。

提供元株式会社TOKAIコミュニケーションズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長ヘルプデスク、端末サポート、カスタムサポートなど
URL公式サイト

ITコンシェルジュ

チェックフィールド株式会社が提供する「ITコンシェルジュ」は、ITアウトソーシングサービスの一種で、企業のIT環境をトータルにサポートしてくれるサービスです。企業のニーズに合わせたカスタマイズにも対応しています。

同サービスは20年以上に渡る実績を持ち、多くのノウハウを所有しているのが強みです。

提供元チェックフィールド株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長IT運用アドバイス、定期訪問出張サポートヘルプデスク、サーバ保守、ITリソース管理、データ復旧対応など
URL公式サイト

Fujitsu マネージドインフラサービス

「Fujitsu マネージドインフラサービス」は、富士通株式会社が提供するITアウトソーシングサービスです。企業が保有するITインフラストラクチャのすべてまたは一部を富士通が管理し、運用や保守をおこないます。

初期費用や料金プランは問い合わせが必要ですが、富士通が長年培ってきた技術力や実績を持っており、大手企業から中小企業まで多くの企業に利用されています。

提供元富士通株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長サービスデスク、サービスマネジメント、ハード・ソフト保守サービス、エッジデバイス運用サービス、働き方改革ソリューションなど
URL公式サイト

社内ヘルプデスクサービス

NEC VALWAY株式会社が提供する「社内ヘルプデスクサービス」は、企業内で発生するITトラブルや問い合わせに迅速かつ的確に対応するアウトソーシングサービスです。

このサービスの機能・特長としては、問い合わせ対応やオペレーションサポート、キッティングサポートやサーバー運用などが挙げられます。

提供元NEC VALWAY株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長問い合わせ対応、オペレーションサポート、キッティングサポート、監視サポート、サーバー運用など
URL公式サイト

社内システム運用管理サービス

「社内システム運用管理サービス」は、株式会社FGLテクノソリューションズが提供するITアウトソーシングサービスです。

専任のITコンシェルジュが課題解決の方法を提案します。また、万が一の際には迅速かつ確実に対応するための体制も整っているので安心です。

提供元株式会社FGLテクノソリューションズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特長専任のITコンシェルジュ、運用管理、システム構築、キッティングなど
URL公式サイト

ITアウトソーシングサービスの導入を検討していこう

ITアウトソーシングサービスの導入は、企業の業務改善やコスト削減、専門的な技術力の取り込みなど、さまざまなメリットがあります。

しかし、適切なITアウトソーシングサービスを選び効果的な導入をおこなう際の注意点として、事前に自社の課題や導入目的を明確にすることが必要です。

また、業務品質・スキルの高さ、対応できる業務の範囲などをチェックすることも、ITアウトソーシングを選ぶうえで重要になります。

サービス提供企業との契約内容や委託内容についても細かく比較検討し、長期的な視点で見て導入効果を最大化するように努めましょう。

おすすめのお役立ち資料

アウトソーシングの記事をもっと読む

アウトソーシングの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSにおける要件定義の考え方とは?成功させる秘訣と選定ポイントを紹介

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS

【初心者向け】CMSとは?メリット・デメリットや種類、機能をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS

【初心者向け】WordPressでのホームページの作り方|手順や準備事項・メリットを解説

最終更新日時:2024/04/16

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/16

ホームページ制作

シフトの組み方のコツとは?簡単に作成するポイントやおすすめのアプリを紹介

最終更新日時:2024/04/15

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/15

シフト管理システム

シフト制とは?メリットとデメリット・種類や注意点を解説

最終更新日時:2024/04/15

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/15

シフト管理システム

Web会議のメリット・デメリット|対面会議との違いや状況別の使い分けについて

最終更新日時:2024/04/12

Web会議システム

最終更新日時:2024/04/12

Web会議システム

Google検索で反社チェックする方法!手順やメリット・デメリットを解説

最終更新日時:2024/04/15

反社チェック

最終更新日時:2024/04/15

反社チェック

反社チェックはどこまでやるべき?対象範囲や判明した際の対処法について解説

最終更新日時:2024/04/12

反社チェック

最終更新日時:2024/04/12

反社チェック

反社チェックを無料で行う方法|おすすめのツールや選び方・切り替えるタイミング

最終更新日時:2024/04/12

反社チェック

最終更新日時:2024/04/12

反社チェック

中途採用が難しい原因とは?失敗例や成功に向けて改善すべきポイントを解説

最終更新日時:2024/04/15

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/15

採用管理システム