工場・製造業はアウトソーシングできる?依頼できる仕事内容や導入例

2023/04/27 2023/09/28

アウトソーシング

工場・製造業のアウトソーシング

業務の一部を外部へ委託する、アウトソーシング。業務効率化や生産性向上等の観点から注目されていますが、工場・製造業にアウトソーシングは導入できるのでしょうか。本記事では、工場・製造業はアウトソーシングするべきなのかという点やメリット・デメリット、依頼できる仕事内容を解説します。

工場・製造業においてアウトソーシングが注目されている理由

工場・製造業においてアウトソーシングが注目されている理由は主に4つ挙げられます。

各理由について、詳しく見ていきましょう。

慢性的な人手不足を解消するため

工場や製造業においてアウトソーシングが注目されている理由の1つは、慢性的な人手不足を解消するためです。

現代の労働市場では、技能や経験を持った労働者の不足が問題となっています。とくに製造業では、技術革新やグローバル化によって競争が激化しており、より高度な技能を持った労働者が求められています。

しかし、これらの労働者を雇うことはコストがかかり、企業にとって負担となることもあるでしょう。そのため、アウトソーシングによって、必要な技能を持った労働者を外部から補い、自社のコアビジネスに注力することで、生産性を高めて競争力の強化が期待できるのです。

日本で人手不足が深刻化しているのはなぜ?現状と原因・対策を紹介

人手不足の業界・職種とは?原因や企業がとるべき対策

業務を効率化し生産性を向上させるため

自社で製造する多くの場合、設備や機器のメンテナンスや修理、人材のトレーニングや育成など、さまざまな管理負担があります。

しかし、これらの管理負担を製造プロセスの最適化に精通した高度な技術やノウハウを持った専門業者に任せれば自社のコアビジネスに注力が可能です。このアウトソーシングによって、生産に必要な設備や機器、人材などのリソースを最適化し、製品の生産効率を向上させることができるでしょう。

また、外部の専門業者は、大量の生産に適した設備や機器を所有している場合があります。そのため、自社で製造する場合に比べ、より効率的に生産をおこなうことが可能です。

市場競争力を強化するため

現代のビジネス環境はますますグローバル化しており、激しい競争がおこなわれています。このような中で、企業は市場競争力を強化して競合他社に対抗するために「製品の品質向上」「価格競争力の維持」「製品の多様化」「生産プロセスの最適化」など、さまざまな戦略を展開しなければなりません。

そこでアウトソーシングを導入すれば、企業は生産に必要なリソースを最適化でき、自社のコアビジネスに注力したり、生産コストを削減したりすることもできるでしょう。その結果、価格競争力を維持できて市場競争力の強化も望めます。

また、外部の専門業者は、高度な技術やノウハウを持っていることが多いため、製造プロセスの最適化や品質向上に期待できる点もメリットです。

アウトソーシングと業務委託の違いとは?目的やメリット・デメリット

おすすめのアウトソーシングサービス15選|業務別のサービスを紹介

工場・製造業におけるアウトソーシングのメリット

ここからは工場・製造業におけるアウトソーシングのメリットについて紹介していきます。

生産・製造に関するさまざまな費用を削減できる

生産や製造に関するさまざまな費用を削減できるのがアウトソーシングの大きなメリットです。

従業員を直接雇用する場合に発生する費用は「雇用に伴う給与」「保険料」「労働環境整備費用」「人事管理費用」などが挙げられます。

ほかにも、製造ラインや機械装置の購入・設置には多額の費用がかかりますが、アウトソーシングを利用することで、必要な機械装置を外部業者に委託できます。そのため、自社での設備投資費用を抑えることにつながるでしょう。

製品のクオリティ向上が期待できる

アウトソーシング先の企業には、専門的な技術やノウハウがあるため、自社に比べて効率的な生産・製造方法や最新の機械装置の導入、高度な品質管理や品質向上に関する取り組みしていることが多いです。そのため、製品のクオリティを向上させることができます。

また、アウトソーシングを利用することによって、自社内での業務の流れを見直すことができるので、生産性が向上し、製品の生産量を増やすことが可能になるでしょう。その結果、企業はより高い生産性と製品品質を実現できるだけでなく競争力を強化し、顧客満足度やブランド価値の向上にも期待ができます。

社員をコア業務へ専念させられる

アウトソーシングを導入して、自社内でおこなっていた業務を外部業者に委託すれば、社員はコア業務である新製品開発や生産ラインの改善などのより高度な業務に専念することができるでしょう。

また、製品の需要が急増したり、生産ラインに問題が発生したりしたときなどの需要増加時には、業務委託先と契約を増やすことで対応可能です。

結果として、人員調整に柔軟に対応可能なだけでなく、社員はアクシデント発生時や繁忙期においてもコア業務へ専念できるでしょう。

さまざまな生産方法に対応できる

特定の製品や部品の製造には、特殊な技術や装置が必要な場合があり、これらを保有するにはコストがかかります。

このような場合、アウトソーシングを利用すれば、サービス提供会社が持っている技術や装置を利用することで、手軽に高品質で効率的な製品を生産できるでしょう。

このように、さまざまな生産方法を知っているサービス提供会社に依頼すれば、生産プロセスを改善や品質の向上、コスト削減などが望めます。また、サービス提供会社は市場の動向をよく把握しており、より効果的な生産プロセスを提供してくれるため、市場競争力の向上にもつながるでしょう。

アウトソーシングの導入事例|成功・失敗からわかる導入のコツ

工場・製造業におけるアウトソーシングのデメリット

様々なメリットがある一方で工場・製造業におけるアウトソーシングにはデメリットもあります。

導入のための事前準備をする必要がある

工場・製造業におけるアウトソーシングのデメリットとして、導入のための事前準備をする必要があることが挙げられます。

アウトソーシングを導入するには「適切なパートナー企業の選定」「業務の整理・再構築」「情報システムの刷新・改修」など、多岐にわたる作業が必要です。

たとえば、アウトソーシングする業務について、社内でのプロセスや業務フローを見直し、新たな業務フローを設計しなければなりません。またアウトソーシング先のパートナー企業を選定するためには、その企業の実績や信頼性、価格や契約内容などを検討する必要があります。

さらに、アウトソーシングに伴って情報システムの刷新・改修が必要な場合もあるでしょう。アウトソーシング先のパートナー企業との情報共有を円滑におこなうためには、情報システムの統合や更新が必要となりかねません。

このような事前準備は時間とコストがかかり、企業にとっては負担となる可能性があります。ただし適切な準備をおこなえば、アウトソーシングによる効果的なコスト削減や生産性向上などのメリットを最大限に引き出すことができるでしょう。

アウトソーサーとのやり取りにリソースを割く必要がある

アウトソーサーとのやり取りにリソースを割く必要がある点も、工場・製造業におけるアウトソーシングのデメリットです。アウトソーシングによってリソースを削減することができる反面、アウトソーサーとのやり取りに時間やリソースを割かなければなりません。

たとえば、品質基準や生産スケジュールの調整、製品仕様の確認などが挙げられます。これらのやり取りには、社内担当者のリソースが不可欠です。

また、アウトソーサーとのコミュニケーションに失敗してしまうと、納期遅延や品質低下などの問題が生じる可能性があるため、この点にも注意しなければなりません。

企業情報を開示する必要がある

アウトソーサーに企業情報を開示する必要があるため、セキュリティのリスクが生じる可能性があることも、デメリットの一つです。

たとえば、特許技術や製品の設計図面などの機密情報をアウトソーサーに提供する場合、情報漏えいのリスクが生じるでしょう。そのため企業は情報管理の強化や、契約書に秘密保持条項を明示するなどの対策を講じなければなりません。このことから、アウトソーシングを導入する場合には、リスクマネジメントが欠かせないでしょう。

企業にノウハウが蓄積されない

工場・製造業におけるアウトソーシングでは、一部の業務を外部の企業に委託するため、その業務に関するノウハウを蓄積することができなくなる点がデメリットです。

仮に部品の製造業務をアウトソーシングする場合、企業内でその部品の製造方法や技術を習得することができなくなるでしょう。

このような状況が続くと、企業は外部からの依存度が高くなってしまうので、アウトソーシング先企業によって価格や品質が大きく左右されかねません。

また、将来的に業務を自社内でおこなう必要が生じた場合に、その業務を遂行するためにはノウハウの蓄積が不可欠です。そのためアウトソーシングを導入する際には、企業内でノウハウを蓄積する仕組みを維持することが必要でしょう。

アウトソーシングとは?意味やメリット・デメリット・種類を解説

工場・製造業におけるアウトソーシングに依頼できる仕事内容

工場・製造業におけるアウトソーシングに依頼できる仕事内容は以下の通りです。

  • 組立・組付け作業
  • 加工作業
  • 検査・検品作業
  • プレス作業

各仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

組立・組付け作業

アウトソーシングによって、専門的な技能や設備を持った企業に組立・組付け作業を依頼することで、製品の品質や生産性を向上させられるでしょう。

製品によっては部品の調達や加工を含めた一連の流れをアウトソーシングできる場合もあるので、生産ライン全体の効率化やコスト削減が期待できます。

加工作業

工場・製造業におけるアウトソーシングに依頼できる仕事内容の1つに「加工作業」があります。加工作業とは、「金属製品の切削加工」「プラスチック製品の成形」「木材製品の加工」など、原材料や半製品を加工し、製品の形状を作る作業が挙げられます。

このような加工作業を、アウトソーシングによって加工機械や設備を持たない企業でも、必要な製品を製造することができるでしょう。また、外部の専門業者に加工を依頼することで、高度な技術やノウハウを持つ加工業者の力を手軽に借りられることもメリットの1つです。

検査・検品作業

工場・製造業におけるアウトソーシングに依頼できる仕事内容の1つに検査・検品作業があります。

検査・検品作業は、外観や寸法、機能性や品質などに関する検査をおこない、問題があれば不良品として取り扱ったりなど、品質管理を強化し、顧客の信頼性を高めるために欠かせない作業です。

この作業を専門的な業者へアウトソーシングすることで、高品質な製品を製造ですることができるうえ、製品の検査・検品作業に必要な機器や設備、人員を自社で用意する必要がないため、コスト削減にもつながるでしょう。

プレス作業

プレス作業は、金属を成形するための加工作業の一種で、専用の機械を使用して金属板を型に合わせて加圧することで、形状を変化させることが可能です。

たとえば、自動車部品や電化製品の筐体、家電製品の金属部品などは、プレス加工によって作られています。

アウトソーシング企業は、高い技術力や設備を保有しているため、高品質な製品を効率的に生産し、必要に応じて生産ラインの設計や改善提案などのコンサルティングサービスを提供してくれる場合もあります。

おすすめのアウトソーシングサービス15選|業務別のサービスを紹介

工場・製造業におけるアウトソーシングの導入事例

工場・製造業におけるアウトソーシングの導入事例を3つ紹介します。実際の導入事例を把握しておくことで、自社の課題と照らし合わせながらアウトソーシングを導入すべきかどうかを検討できます。

工程を部分的にアウトソーシング

工場・製造業におけるアウトソーシングの導入例として、工程を部分的にアウトソーシングする方法があります。

アウトソーシング企業は自社に専用の設備や技術を持っているため、工程を効率的に実施でき、自社側ではその工程に関わる生産設備を用意する必要が無いため、製造コストを削減できるといったメリットがあります。

このように、自社で生産している製品の一部の加工工程をアウトソーシングすることで、生産性や品質の向上が期待できるでしょう。

製造ライン別にアウトソーシング

製造ライン別にアウトソーシングすることで、管理の負担が軽減されて人件費の削減が可能になります。

自社で対応できない業務を委託できて、業務が円滑になり従業員への負担も軽減されることにもつながるでしょう。

ただし、自社で管理していた製造ラインをアウトソーシング先に任せることによって、製品品質や納期の管理が難しくなる懸念もあるため、事前の対策は不可欠でしょう。

製造業務をすべてアウトソーシング

製造業務のすべてをアウトソーシングするのは、自社での生産ラインを持たずに、外部の企業にすべての製造工程を委託することになります。

自社での生産工程を外部の企業に委託すれば、自社が保有する生産設備の投資費用を抑えられ、生産の最適化を専門におこなうアウトソーシング企業が担当することで、生産性や品質管理の改善が期待できます。

しかし、製造業務をすべてアウトソーシングする場合、自社での製品管理や品質管理をおこなえなくなるため、アウトソーシング企業との信頼関係の構築や、品質管理や納期管理に関する契約条件の明確化が重要です。

また、生産工程を委託することで、企業の機密情報や製品の知識が外部に漏れる可能性があるため、情報管理の徹底が求められます。

工場・製造業にアウトソーシングを積極的に取入れよう

工場・製造業においてアウトソーシングが注目される理由は、人材不足の解消や生産性向上などが挙げられます。

アウトソーシングによって、企業は自社のコア業務に集中することができ、さまざまな生産方法に対応できるようになるでしょう。また、アウトソーシング先の企業には専門的な技術や知識があるため、品質や生産性が向上することも期待できます。

しかし、アウトソーシングには導入のための事前準備が必要だったり、企業情報の開示やノウハウの蓄積ができなかったりというデメリットもあるのです。

このことから、仕事内容や委託範囲を明確にしたうえで、アウトソーシングを積極的に取り入れていきましょう。

おすすめのお役立ち資料

アウトソーシングの記事をもっと読む

アウトソーシングの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

返済不要な資金調達の方法!特徴やメリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のワイヤーフレームの作り方|作成手順やテンプレート

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達