1on1ミーティングで話すこととは?テーマの例や主な目的を解説

最終更新日時:2023/01/05

1on1

多くの企業で取り入れられている1on1ミーティング。定期的に実施しているが話すことが毎回同じ、そもそも何を話せば良いのかわからないと感じている人も多いのではないでしょうか。本記事では、1on1ミーティングで話すこととは何か?テーマの例や目的を詳しく解説します。

1on1ミーティングの目的とは?

1on1ミーティングは、部下のモチベーション向上を目的としており、定期的に一対一で面談を行うことで部下を育成する、まさに部下のための時間と言えます。

また、同じような内容だと間違えてしまいがちな人事評価面談は、上司が評価を行うために実施するものなので、1on1ミーティングとは性質が異なります。

1on1と個人面談の違いとは?違いを理解して効率を最大化しよう

部下の成長を促進

部下が現在抱えている悩みごとを共有してもらい、課題解決に向けて一緒に取り組みます。

すぐに答えを示すのではなく、部下自身が考えて解決できるように導くことで、部下は大きく成長することができるでしょう。

信頼関係・組織力の向上

1on1ミーティングを重ねると、上司と部下のあいだに信頼関係が築かれます。「上司は自分の意見をしっかり聞いてくれる」と部下が好印象を持つからです。

こうして組織力が向上すると、職場に不満を持つことが少なくなるため、結果的に離職率の減少にもつながります。

モチベーション・エンゲージメント向上

定期的に1on1ミーティングを行うことで、部下のモチベーションやエンゲージメントが向上します。

社員一人ひとりの業務の品質が高くなるため、自社の生産力アップにつながるでしょう。

マネジメント力の向上

1on1ミーティングによって恩恵を受けるのは部下だけではありません。

部下との対話やサポートをしていく中で、上司自身のマネジメント力や部下へのコーチングスキルも磨かれます。

そのため、1on1ミーティングは上司と部下の両方のスキルを相互的に向上させることができるのです。

1on1ミーティングで話すこと

1on1ミーティングでは、ビジネス・キャリア面のテーマだけでなく、雑談やプライベートの話などもおすすめです。ここでは、代表的なテーマ例を6つ取り上げます。

1on1ミーティングのテーマ例|プライベート

プライベートの話をテーマにすると、緊張している部下のアイスブレイクが期待できます。

  • 「最近ハマっている趣味は何か?」
  • 「休日はどんなことをして過ごしている?」
  • 「好きなテレビ番組は何?」
  • 「今一番欲しいものは何?」
  • 「最近気になったニュースはある?」

上記のような雑談を1on1ミーティングの話し始めやトークの合間に挟むことにより、部下との信頼関係を構築しやすくなるでしょう。

ただし、上司にプライベートの話をしたくない方も少なからずいるので、部下の様子を見ながらテーマを選んでいくことが大切になってきます。

1on1ミーティングで話すこと|健康・体調

健康・体調をテーマにすると、社員の心身の状態を把握できます。

  • 「最近ストレスを感じていないか?」
  • 「帰宅後、しっかりと休めているか?」
  • 「体調に変化はないか?」
  • 「現在の睡眠時間は何時間か?」
  • 「業務過多を感じていないか?」

「最近体調が優れない」といった話は、業務をしている中で上司に気軽に話せない方もいるのではないでしょうか。

そのため、1on1ミーティングで健康や体調に対して触れることで、「実は・・・」と現在の状態を話してくれる場合もあります。

上司が部下の心身の状態をしっかり把握してサポートすることにより、部下のパフォーマンスアップにも期待ができるでしょう。

1on1ミーティングで話すこと|業務に対する意欲

業務に対する意欲について質問すると、部下のモチベーションを向上させるヒントが見つかります。

  • 「業務中に楽しいと感じる瞬間はいつ?」
  • 「自分の仕事で誇りに思っていることは?」
  • 「今、仕事上不満に感じていることは?」
  • 「モチベーションが低下するタイミングはいつ?」
  • 「これから頑張りたいと思っていることは?」

部下が業務に対してどう思っているかを把握することはとても大切です。日々の業務の中でなかなか話しにくい内容でも、一対一で話せる環境なら聞き取りやすくなります。

また、部下から聞いた不満や問題点などはその場限りで終わらせるのではなく、自社の業務改善にしっかりと活かしましょう。

1on1ミーティングで話すこと|組織に対する要望

組織に対する要望を尋ねると、社員独自の回答が期待できるため、全社的な組織力を向上させる効果があります。

  • 「今の組織に感じている不安点は何?」
  • 「部署のメンバーに日々感じていることは何?」
  • 「自社の組織力をアップするには何が必要だと思う?」
  • 「設置されたらうれしい部署は?」
  • 「会社に伝えたい要望はあるか?」

時には、経営している側だけではわからなかったアイデアや要望なども、1on1ミーティングを設けたことで得られる場合があります。

実際の業務に従事している社員からの意見は、組織力アップにつながる課題の可能性があるため大切にしていきましょう。

1on1ミーティングで話すこと|目標・キャリアサポート

目標・キャリアサポートをテーマにすると、今後のキャリア形成を明確にでき、社員の意欲を向上させる効果があります。

  • 「将来の夢は何?」
  • 「1年後、5年後、10年後の目標は?」
  • 「これからどんな強みを活かしていきたい?」
  • 「目標とする人物はいるか?」
  • 「今後どんな分野に挑戦していきたいか?」

部下が考えている将来的なキャリアや挑戦したい分野などを聞くことにより、上司がその目標に向けてサポートしやすくなります。また、部下自身もキャリアに対して自己理解を深めるきっかけにもなるでしょう。

1on1ミーティングで話すこと|組織戦略の共有

組織戦略の共有についてミーティングを行うと、「自分は会社に必要とされている」と感じるため、社員の自己肯定感が高まります。

  • 上層部の会議で決定した事項を伝える
  • 会社の経営方針について、その経緯も含めて説明する
  • 会社の戦略に対する上司個人の考えを伝え、部下の意見も伺う

上記のような組織戦略の共有をテーマにすることにより、エンゲージメントの向上にもつながるでしょう。しかしこのテーマを持ち出すときは、上司が一方的に話す時間が長くなってしまうことが多いです。そのため、部下の意見などをしっかりと伺いつつ1on1ミーティングを進めるといった配慮が必要になります。

1on1ミーティングで話すことがない部下への対策

1on1ミーティングを実施したはいいものの、話すテーマに困ったことはありませんか。ここでは、話すことがない部下に対する対策を3つご紹介します。

アジェンダの作成

理想的な1on1ミーティングを実現するためには、アジェンダ(ミーティングで話すべきテーマ)をあらかじめ作成しておくことが重要です。

時間内に複数のアジェンダを用意しておき、プライベートの話題→健康・体調の話題→目標・キャリアサポートの話題など、おおまかなミーティングの流れを考えておくことをおすすめします。

また、その際には部下側も回答を考える時間ができるため、不安なく当日を迎えられるでしょう。

オープンクエスチョンの活用

できる限り、オープンクエスチョンを活用するようにしましょう。オープンクエスチョンとは、「はい・いいえ」だけで回答できない質問のことです。

反対に、「はい・いいえ」で回答することが可能な質問は、クローズドクエスチョンといいます。多様な回答が期待できる質問のほうがその先の話が広がり、1on1ミーティングの充実度が増します。具体的な例は以下のとおりです。

  • 「最近うれしいと思ったことは?」
  • 「今一番楽しみにしてることは何?」
  • 「最近の仕事で上手くいったと感じた業務は?」
  • 「尊敬している人物は誰?」
  • 「今週の休日は何をしたい?」

クローズドクエスチョンは一言のみで終わってしまうため、部下が実際にどう思っているかなど、詳しい状況を把握することは難しくなります。

そのため、オープンクエスチョンを活用し、部下が少しでも自分の言葉で話すことで、素直な気持ちや考えなどが期待できるでしょう。

ミーティング内容の記録

これまでに実施した1on1ミーティング内容は、文字で記録しておきましょう。過去のミーティングで話した内容の重複を避けたり、部下の考え方がどう変わっていったか推察することができるからです。

記録を残しておくことにより、1on1ミーティングで得られる効果を最大化できます。

また、毎回ミーティングの記録をつけることで、「上司は自分のために時間を割いてくれている」と部下のモチベーションアップにもつながるでしょう。

1on1ミーティング実施の注意ポイント

1on1ミーティングを行う際にいくつか注意するべきポイントがあります。これらを頭に入れておくだけで、ミーティングの進行が一気に円滑化するため、ぜひお試しください。

1on1ミーティングのテーマを決める

1on1ミーティングのテーマは、必ず決めておきましょう。ここで注意すべきなのは、「テーマを部下と一緒に決定すること」です。

上司が独断で決めたテーマを尋ねるだけでは、部下は心を開いてくれません。前回のミーティング時に次のテーマを決めておいたり、テーマ決めのために短時間のミーティングを実施したりするといいでしょう。

また、ここで決めておいたテーマは、必ずしもすべて質問する必要はありません。もし一つ目の話題が盛り上がれば、それだけで時間が終わっても問題ないです。すべてのテーマを終わらせることよりも、ミーティングの質を重視することが求められます。

他にも、テーマシートを記入しながらミーティングを行うというアイデアもあります。書き漏れや聞き逃しを防ぎ、ミーティング内容の記録にも役立ちます。テーマシートには、以下のような内容を記載しましょう。

  • 今回話すべきこと(アジェンダ)
  • 実際に話したこと
  • ミーティングを通して気づいたこと
  • フィードバック
  • これからの目標、振り返り

1on1ミーティングの必要性を伝える

1on1ミーティングがどうして重要なのか、その必要性を部下に伝えておきましょう。

「この時間を使って別の仕事ができるのに」と思われてしまうと、部下が1on1ミーティングに集中できず、せっかくの時間が無駄になってしまいます。

そのため、1on1ミーティングは、部下の成長を促すために実施することをしっかり説明しましょう。人事評価面談との違いもあわせて伝えておくと、部下の理解度が高まります。

部下の話を傾聴する

1on1ミーティング中は、部下の話をさえぎらないように意識してください。上司側の意見を言いたくなったときは、部下の話が終わってから話すようにしましょう。

途中で話の腰を折られると、部下のモチベーションが低下してしまうためです。

意見を否定するのではなく、部下が自分の意見を言いやすい環境をつくることが上司の役割であり、1on1ミーティングで注意すべきことの一つになります。

自分の話は部下の考えを引き出すために用いる

部下の考えをさらに引き出すためには、適度に上司側の話も話題に出してみましょう。部下の話を傾聴することは、1on1ミーティングで必要なことです。

しかし、あまりにも上司側が傾聴に徹してしまい沈黙を続けると、部下が「自分の話をちゃんと聞いてもらえているのか」と不信感を抱いてしまいます。

そのため、部下側の話が終わったあとは、話題を広げるために自分の経験などを話してみると、上司に対して親近感などを持ってくれるはずです。

ほどよい相づちを打ちながら、部下の成長をサポートできるような質問、助言を投げかけましょう。

必要な存在であることを伝える

1on1ミーティングでは、部下が会社に必要な存在であることを伝えてください。仕事ぶりへの評価はもちろんのこと、部下が担当した業務が会社全体にどう影響を与えているかについて説明しましょう。

必要な存在であることを開示することにより、部下は自己肯定感が高まって、今後の仕事に対するモチベーション・エンゲージメントが向上します。

また、自分自身がチームに必要な存在だと理解することで、離職率の低下にもつながるでしょう。

PDCAサイクルを振り返る

1on1ミーティングを実施するたびに、PDCAサイクルを回す必要があります。

PDCAサイクルとは、Plan・Do・Check・Actionの頭文字をとったマネジメント方法を指し、計画→実行→評価→改善の一連作業を繰り返して業務の品質を高めていくことです。

ただミーティングを実施するだけでなく、評価や改善を行い次に活かすことが求められます。1on1ミーティングは、長期継続することで高い効果を得られるため、これまで行った評価内容や改善内容を定期的に振り返りましょう。

1on1の話のネタは多岐にわたる事前準備を心がけよう

1on1ミーティングは、上司と部下の信頼関係を深め、部下を成長させるために必要不可欠です。

話すテーマが見つからない場合は、今回ご紹介した内容を参考にして、しっかりと事前準備を行うようにしましょう。

また、テーマによって得られる効果が違うので、このミーティングを通してどんな効果を得たいか考えたうえでテーマを選定することをおすすめします。

その際は、上司側だけが盛り上がって一方的なミーティングにならないように、しっかり2人で対話を重ね、ともに充実した時間が過ごせるようにしましょう。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

PBXの法定耐用年数は何年?買い替え時期は?クラウドPBXへの移行メリット

最終更新日時:2023/01/31

PBX

最終更新日時:2023/01/31

PBX

【2023年最新】おすすめ予算管理システム16選!機能や費用を徹底比較

最終更新日時:2023/01/27

予算管理システム

最終更新日時:2023/01/27

予算管理システム

ビジネスフォンでスマホを内線化する方法!連携する仕組みやメリットを解説

最終更新日時:2023/01/30

IP電話・ビジネスフォン

最終更新日時:2023/01/30

IP電話・ビジネスフォン

経費精算の仕訳方法ガイド!一連の流れや注意すべきポイントを徹底解説

最終更新日時:2023/01/30

経費精算システム

最終更新日時:2023/01/30

経費精算システム

【2023年最新】おすすめクラウドPBX18選!機能や費用を徹底比較!

最終更新日時:2023/01/31

PBX

最終更新日時:2023/01/31

PBX

請求書発行をエクセルで実施するメリットは?システム導入の必要性

最終更新日時:2023/01/31

請求書発行システム

最終更新日時:2023/01/31

請求書発行システム

予算管理が中小企業でも重要な理由は?正しい考え方と運用方法について

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

予算管理の精度を向上させる方法とは?シミュレーションの考え方

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

予算計画とは?重要性や基本的な作り方・管理方法を解説!

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

最終更新日時:2023/01/31

予算管理システム

クラウドPBXの選び方ガイド!目的や企業規模別の選定ポイントを解説

最終更新日時:2023/01/27

PBX

最終更新日時:2023/01/27

PBX