STPDサイクルとは?PDCA・OODAとの違いや活用方法を解説

2022/9/7 2022/09/07

業務効率化・業務改善

STPDによる戦略的マネジメントのイメージ

マネジメント手法といえばPDCAサイクルを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。しかし、STPDサイクルというマネジメント手法が注目を集めています。本記事では、STPDサイクルとはどのような手法なのかをPDCAやOODAとの違いと合わせて解説します。

STPDサイクルとは?

STPDサイクルとは、マネジメントサイクルのひとつで、現状把握から始め、実行まで移していく手法です。STPDサイクルは、ソニーで常務取締役を務めていた小林茂氏によって提唱されました。以下4つの頭文字から構成されています。

  • See
  • Think
  • Plan
  • Do

では、各プロセスの内容を1つずつみていきましょう。

See|現状を見る

Seeでは現状を把握するために、現場調査やアンケート調査などから情報収集を行います。この際、主観や先入観にとらわれず、事実だけに目を向けましょう。なぜなら、必要な情報を見落としたり、情報に偏りが出てしまう可能性もあるためです。

客観的な情報収集を行えば、自然と現状における課題が見えてきます。したがって、Seeでは情報の取捨選択を行わず、必要と思われる情報はすべて集めるように意識しましょう。客観的な立場で行うことがポイントです。

Think|分析する

Thinkでは、Seeで収集した情報をもとに分析を行います。以下のような視点から分析することがおすすめです。

  • 現在どのような状況にあるのか
  • その経緯はどうだったのか
  • 課題とその原因は何なのか

情報分析がうまくいかない場合は、そもそもの情報収集が足りていない可能性があります。こういった場合は一度Seeのプロセスに戻って、足りない情報を集め直しましょう。

Plan|計画する

Planでは、Thinkで導き出した課題を解決するための計画を立てます。目標や期限について具体的な数値を用いて設定することで、次のプロセスであるDoにおける管理や検証がしやすくなります。また、Planのプロセスでは5W1Hを意識することが大切です。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

5W1Hに沿って検討することで、より具体的かつ効果的な計画を立てられるでしょう。

Do|実行する

Doでは、Planで立てた計画に沿って実行していきます。目的や目標から方向性がズレないためにも、定期的に進捗状況を確認することが大切です。Planで具体的な数値を設定していれば、計画通りに進んでいるかどうかも把握しやすいといえます。

また、Doで発見した課題は、またSTPDに沿って検討を続けましょう。このように、STPDサイクルを何度も繰り返すことで、最終目標達成に近づいていくのです。

類似フレームワークとの違い

STPDサイクルと類似しているフレームワーク「PDCA」「OODA」について、STPDとの違いをそれぞれ解説します。

PDCAとの違い

STPDは、PDCAより小さなサイクルを速く回せるといわれています。

PDCAは「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つのプロセスから構成されています。しかし、各プロセスは時間をかけて分析する必要があるため、一周するのに長い時間がかかってしまうのです。

また、PDCAが計画するところから始まるのに対し、STPDは計画の前に現状の把握と分析を行います。STPDは現状に対して計画を立てるため、PDCAと比較してより現実的かつスピーディーに課題を解決できるでしょう。

OODAとの違い

OODAは「観察(Observe)」「理解(Orient)」「決定(Decide)」「行動(Act)」の4プロセスから構成されているフレームワークです。STPDとは異なり、計画をじっくり立てるプロセスがなく、現状を分析し、その後すぐに行動へ移すという特徴があります。

「とりあえず行動してみて現状を観察しよう」という考え方であるため、STPDよりさらにスピード感のあるフレームワークだといえるでしょう。ただし、観察から行動までを迅速に行うため、さらに状況の変化の早い業務に向いています。

STPDが活用できる場面

STPDは、新しく物事を始める場合や初期段階の活用に適しているといえます。新しく物事を始める際には、計画を立てるために必要な情報が不足していることも多く、計画倒れになることも珍しくありません。

しかし、STPDでははじめに客観的な情報収集を行うため、あらかじめ課題やリスクを把握したうえで、計画を立てられます。現状の課題を洗い出したうえで計画を練るため、施策の精度が高まることも期待できるでしょう。

STPDサイクルのメリット

STPDはサイクルの回転が早く、リスクを避けて計画を立てられるメリットがあります。

STPDでは、実行しながらその経過を観察すれば、「Do」と「See」2つのプロセスの並行が可能です。これは、STPDのサイクルを早く回せる理由のひとつといえます。

また、STPDでは現状把握のプロセスで、過去の課題や失敗も洗い出せます。そのため、過去に起こった失敗を繰り返さぬよう計画を立てることで、様々なリスク回避がしやすいのです。

STPDサイクルのデメリット

STPDは、計画を立てるまでに現状把握や分析を行う必要があるため、計画のプロセスへ辿り着くまでに時間がかかります。そのため、実行を急ぐ場合、STPDサイクルは向いていないでしょう。

また、STPDには実行した計画・施策が正しかったのかを判断する「評価」のプロセスがありません。したがって、STPDを上手く回していくには、計画に対する評価や改善を意識的に行う必要があります。

STPDサイクルとはPDCAに代わる新しい手法

これまでマネジメント手法として代表格であったPDCAですが、現代のマーケティング手法には適していないといわれており、新たに注目されているのがSTPDです。STPDは一度ではなく、何度も繰り返すことで効果がみえてきます。正しい順序で、各プロセスを進めていくとよいでしょう。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

テレワークで不公平を感じる原因は?生じる不満や解消方法を解説

2022/10/5

テレワーク

2022/10/5

テレワーク

テレワークで感じるよくある悩み13選!在宅勤務の困りごとの解決法も紹介

2022/10/4

テレワーク

2022/10/4

テレワーク

【解説】BCP策定を実施するメリット・デメリットとは?

2022/10/4

BCP対策

2022/10/4

BCP対策

BCPで必須の初動対応とは?重要性や実施ポイント・マニュアルについて

2022/10/4

BCP対策

2022/10/4

BCP対策

レスポンシブHTMLメールとは?作り方や配信メリット・注意点を解説!

2022/9/30

メール配信システム

2022/9/30

メール配信システム

【最新】注目されている日本のSaaS企業14選を紹介!

2022/9/30

SaaS

2022/9/30

SaaS

おすすめRFM分析ツール5選!機能や料金・活用ポイントも解説

2022/9/30

CRM(顧客管理システム)

2022/9/30

CRM(顧客管理システム)

IT-BCPとは?ITシステムにおけるBCP対策の重要性や具体策について

2022/9/30

BCP対策

2022/9/30

BCP対策

BCMとは?BCP・BCMSとの違いや策定の手順・具体的な実施例を解説

2022/9/30

BCP対策

2022/9/30

BCP対策

請求書の郵送方法は?送付状の書き方やマナー・注意点を解説

2022/9/30

請求書発行システム

2022/9/30

請求書発行システム