製造業でのRPA活用方法!具体的な事例や運用するポイント

2023/05/18 2023/05/18

RPA

RPA

製造業のRPA

深刻な人手不足により多くの企業で導入が進められているRPA。製造業でも同様にRPAの導入は着々と進んでいますが、果たして導入効果を最大化するために必要なこととは一体何なのでしょうか。本記事では、そんな製造業でのRPAの活用方法について詳しく解説していきます。

製造業でRPAを活用するメリット

製造業でRPAを活用するメリットは下記の3つです。

  • 定型業務の工数を減らして効率化が望める
  • 業務コストの削減につながる
  • 業務品質の向上が見込める

定型業務の工数を減らして効率化が望める

製造業でRPAを活用するメリットに、定型業務の工数を減らして効率化が望める点があります。たとえば、請求書や注文書、納品書などの伝票の作成、伝票受領後の入力作業などのルーティン業務を自動化することで、業務の工数を削減し、人手不足解消や効率化にもつなげられるでしょう。

また、RPAによって業務の自動化が進むことで、労働力の再配置が可能です。人手不足が深刻な製造業においては、生産ラインの監視や在庫管理、品質検査などの作業を自動化することで、人員をより高度な作業に回せることも大きなメリットといえるでしょう。

業務コストの削減につながる

業務コストの削減につながることも、製造業でRPAを活用するメリットとして挙げられます。製造業では、人件費や原材料費など多くのコストがかかることも少なくありません。

RPAは人間の処理能力と比べて高い処理速度を誇るため、作業時間が短縮されることにより、人件費の削減が可能です。また、RPAによって作業の正確性が向上するため、製品の不良率が低下し、製造コストの削減にもつながります。

このように、RPAを導入することで、定型業務の自動化や作業の正確性向上、生産ラインの最適化などが実現され、業務コストの削減につながるメリットが期待できるでしょう。

RPAの導入費用はいくらかかる?費用相場や抑える秘訣・失敗しない選び方

業務品質の向上が見込める

製造業でRPAを活用することによって、生産工程の効率化や業務品質の向上が期待できるといったメリットがあります。

たとえば、製品の検査や測定を自動化し、作業者の判断による品質のバラつきを減少させることによって、一定水準の品質を保てるなどです。万が一に製品の不良品が混ざってしまった場合でも、RPAは早期に発見し、迅速に対応できます。

また、RPAは常に一定の高いパフォーマンスを発揮してくれるので、品質低下を心配する必要がありません。さらに、膨大な量のデータを処理できるため、生産ラインのデータ解析をおこなうことで、品質向上のための改善案を導いてくれるでしょう。

RPAのメリット・デメリット|有効性や他のシステムとの差を理解しよう

製造業でRPAを活用するデメリット

製造業においてはRPAを活用する様々なメリットがありましたが、デメリットがあるのも事実です。ここでは製造業でRPAを利用するデメリットについて紹介していきます。

  • ルールの設定が必要になる
  • 端末が占有される

ルールの設定が必要になる

製造業でRPAを活用するデメリットとして、自動化する業務のルールを設定する必要があります。このルール設定が不適切な場合、思わぬ問題が発生してしまう可能性も否めません。たとえば、自動化された作業が誤った製品を生産してしまう、あるいは生産ラインのトラブルを引き起こすなどの問題が考えられるでしょう。

また、RPAの活用により社員の業務内容が変化することもあります。その場合、社員に対する教育やトレーニングが必要となり、コストや時間がかかることもあるでしょう。さらに、RPAは機械的な作業を自動化するので、例外的な事象に対する処理や、人間の判断が必要となる場合には限界があります。そのため、RPAの自動化範囲を明確にすることが必要です。

端末が占有される

RPAを導入することで自動化されたプロセスを実行するためには、専用の端末や設備を必要とするため、他の作業が実行できなくなったり、設備投資が必要となったりすることがデメリットとして挙げられます。

製造業でRPAを活用する場合、自動化するための作業を実行する端末が必要です。自動化されたプロセスが実行されている間は、その端末を別の作業に利用することができません。

また、製造業では生産ラインの生産性を維持するために、生産ライン全体の稼働時間を最大化する必要があります。自動化されたプロセスが実行される時間が増えれば、その分だけ他の作業が実行できなくなり、生産ラインの稼働率が低下する可能性も否めません。

このように、RPAを導入するためには端末やインフラなどの設備投資が必要になる可能性があることも念頭に置くようにしましょう。

RPAの導入後・運用での課題点|原因や課題を解決する秘訣

RPA導入で失敗する原因とは?事例からわかる絶対に失敗しないコツ

製造業でのRPAの導入する際の流れ

ここからは製造業におけるRPAの導入方法について紹介していきます。手順を理解してスムーズに導入できるようにしましょう。

導入目的の明確化

まず最初にRPAを導入する目的を明確にすることが必要です。どの業務プロセスを自動化したいのか、どのような効果を得たいのかなど、明確な目的を設定しなければなりません。

製造業でRPAを導入する目的は、製造プロセスの自動化、生産ラインの効率化、在庫管理の最適化、品質管理の強化、コスト削減など多岐にわたります。

RPAを導入する目的を明確にしていない場合は、RPAが社内に定着せず期待していた効果が得られないなど、導入が失敗になる可能性もあります。RPAの導入効果を最大限に引き出せるように、導入目的の明確化は重要といえるでしょう。

RPAツールの選定

次に、自社の業務に適したRPAツールを選定することも、製造業でのRPA導入においては重要です。RPAツールにはさまざまな種類があり、多機能なものに惹かれてしまいがちですが、多機能のRPAツールはそのぶんかかるコストが高くなる傾向があります。

せっかく導入したRPAツールが、自社の導入目的と大きく違ってしまうと機能を持て余してしまい、無駄なコストの発生につながりかねません。そのため、費用対効果も意識したうえで、ツールの機能や特徴、価格などを比較し、自社に最適なRPAツールを選びましょう。

RPAの費用対効果は良い?悪い?測定方法や効率化を進める秘訣

事前検証の実施

製造業でのRPAの導入方法としては、RPAツールを導入する前に、導入対象の業務プロセスを詳細に調査し、自動化可能かどうかを検証しなければなりません。

事前検証を怠ってしまうと、RPAを導入してみた結果、実際には自動化が必要なかったといったケースも考えられます。こういった事態を避けるためには、事前検証をおこなうことで、導入にかかるコストを数値化し、効果的な導入計画を策定することができるでしょう。

PoCの実施

事前検証で自動化可能と判断された業務プロセスに対して、PoC(概念実証)を実施することも重要です。PoCとは、RPA導入前に実際の業務プロセスを対象にRPAが適用可能かどうかを確認するための実証実験を指します。

RPAを導入することによって、どの程度業務プロセスの改善やコスト削減が見込めるかを検証します。これにより、RPAの導入によって得られる効果の評価ができたり、自社の業務プロセスに適用可能なRPAの種類や機能を特定し、実現可能性を確認したりすることも可能です。

導入・効果検証

RPAを導入した後にどのような効果が得られたのか検証するステップも非常に重要です。効果を測定するステップが抜けてしまうと、導入してどのような意味があったのかを検証できなくなります。

思うような効果が得られなかった場合には、課題や改善点を洗い出してどのように対処していけば良いのかを明確にし、繰り返し改善していけるようにしましょう。

RPAに向いている業務・向いていない業務|選別方法や理由を解説!

製造業におけるRPAの具体的な活用事例

ここからは製造業におけるRPAの具体的な4つの活用事例を紹介します。

発注業務の自動化

製造業における発注業務の自動化は、RPAを利用することで、業務の効率化や人件費の削減につながるというメリットがあります。

ある製造業では、発注書の入力や発注先企業の選定、注文確認のメール送信などの発注業務をRPAが自動化することで、従来は手作業でおこなっていた業務を大幅に削減することができました。具体的には、発注書の入力にかかる時間や発注書のチェックにかかる時間が削減され、一人あたりの発注業務の処理時間が大幅に短縮されたという報告があります。

在庫管理の自動化

RPAを利用することで、製造業における在庫確認の自動化は、業務の効率化や正確性・生産性の向上が期待できます。

在庫状況の把握や在庫管理の自動化などをRPAが自動化することで、業務を大幅に削減できたという事例もありました。在庫状況の確認や在庫データの収集、在庫を管理するための時間がそれぞれ削減され、在庫管理の正確性が向上し、ロスの削減につながったのです。

請求業務の自動化

RPAによって、製造業における請求業務の自動化が可能になります。

ある製造業では、請求書の作成や発行、入金管理などをRPAが自動化することで、業務の削減につながりました。具体的には、請求書の作成にかかる時間、入金管理にかかる時間が削減され、請求処理の正確性やスピードが向上したというメリットが得られたのです。

情報収集業務の自動化

製造業における情報収集業務の自動化は、従業員の負荷軽減や企業の競争力強化につながるというメリットがあります。

RPAを活用した事例の一つには、市場動向や競合情報の収集をRPAが自動化したことが挙げられます。RPAを導入したことによって、情報収集にかかる時間が削減され、従業員の負荷軽減や精度向上や新商品開発のスピードアップにつながったという報告があります。

RPAツールは全3種類!それぞれの特徴や違い・選ぶ際のポイントを徹底比較

製造業でRPAを運用する際のポイント・注意点

製造業でRPAを運用する際のポイント・注意点としては、運用管理者やルールの明確化、業務の優先順位設定など、さまざまあります。

まず、運用管理者の育成や運用体制の整備が必要です。RPAは自動化するためのルールを設定することで業務を実行しますが、そのルールの運用や管理には人手が欠かせません。そのため、運用管理者を育成し、適切な運用体制の整備をおこないましょう。

また、RPAはあらかじめ決められたルールに従って自動化するので、業務ルールの明確化や標準化をしておくことで、スムーズな導入につながります。

その際には、すべての業務をRPA化することは現実的ではないため、最も効果的な業務から順次導入していけるよう、導入の優先順位を考慮しておくことも重要です。

【2023年最新】おすすめのRPAツール比較20選|機能や失敗しない選び方

製造業にもRPAを活用して業務を効率化していこう

今回は、製造業でのRPA活用方法を解説しました。

RPAを活用することで、従来は人手でおこなわれていた反復作業の自動化や、生産ライン上での品質管理などが効率的にできるようになります。また、RPAによってデータの収集・集計、在庫管理、発注業務などの業務も自動化することが可能になるため、生産性や精度の向上が期待できるでしょう。

この機会に、製造業にRPAを導入して業務の効率化を目指してみましょう。

おすすめのお役立ち資料

RPAの記事をもっと読む

RPAの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

出張手配のやり方とは?注意点や効率化する方法・外注するメリットを紹介

最終更新日時:2024/07/25

出張管理システム

最終更新日時:2024/07/25

出張管理システム

無料で利用できるVPN6選!リスクや安全性・有料VPNサービスとの違いを解説

最終更新日時:2024/07/25

VPN

最終更新日時:2024/07/25

VPN

BTM(ビジネストラベルマネジメント)とは?メリットや選び方を解説

最終更新日時:2024/07/24

出張管理システム

最終更新日時:2024/07/24

出張管理システム

バーチャルオフィスとは?メリット・デメリットやサービス内容をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/07/24

バーチャルオフィス

最終更新日時:2024/07/24

バーチャルオフィス

更新頻度はSEOに関係する?目安や高めることで得られる効果・更新する際のポイント

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

Googleペナルティとは?原因やチェック・解除する方法、ペナルティを受けないための対策

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

画像SEOとは?重要性や効果的な施策・注意点、上位表示されるメリットを解説

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

VPN接続で通信速度が遅い理由とは?原因と対策をわかりやすく紹介

最終更新日時:2024/07/24

VPN

最終更新日時:2024/07/24

VPN

VPNとは?必要性や仕組み、利用するメリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/07/24

VPN

最終更新日時:2024/07/24

VPN

SEOとドメインの関係性とは?ドメイン名の決め方・注意点やドメインパワーを高めるポイント

最終更新日時:2024/07/24

SEOツール

最終更新日時:2024/07/24

SEOツール