【最新2022年】テレワークに役立つおすすめアプリ18選!用途別に紹介

記事更新日:2022/11/25

テレワーク

アプリを使ってテレワークをする人物

テレワークには、通勤ストレスがなくなる、家庭と仕事の両立がしやすいなどのメリットがあります。しかしその一方で、コミュニケーションの取りにくさやセキュリティ対策への不安をはじめとした、いくつかの課題もあるようです。そこでここでは、テレワークの課題解決にもつながるおすすめのアプリ18選を用途別にご紹介します。

テレワークとは?

テレワークとは、主に情報通信技術(ICT)を活用して、本社や支店などのオフィス以外の場所で働くことを指す言葉です。

そのため、仕事に必要なパソコンなどの端末と通信環境さえ確保できれば、自宅のほか、カフェやレストラン、コワーキングスペースなど、あらゆる場所を「仕事場」にすることができ、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が選択できるようになるのです。

ちなみにテレワークは、リモートワークと呼ばれることもあります。

テレワークのメリット

テレワークの代表的なメリットとしては、通勤時間の削減が挙げられます。

都心の通勤時間は平均で約40分程度と言われており、往復1時間半近い時間を「移動だけ」に費やしていることになります。また、通勤ラッシュのストレスは、できれば避けたいと感じる人がほとんどと言えるのではないでしょうか。

テレワークを自宅で行う場合、このような通勤ストレスを一切なくすことができます。また自宅で働くことで、育児や介護との両立ができるといったメリットもあるでしょう。

もちろん企業側も、ライフステージの変化による社員の退職を防ぐだけでなく、優秀な人材を確保しやすくなったり、交通費のほか、オフィスの賃料や管理費を抑えられるなどのメリットがあります。

テレワークの課題

通勤ストレスの削減、離職の防止、人材確保などのメリットがある一方で、テレワークによるデメリットが全くないというわけではありません。

物理的な距離が生じることから、コミュニケーションの機会が減少したり、情報共有がスムーズに行えなかったりするほか、勤務状況の確認が困難になってしまうなどの課題が発生します。

そこで、コミュニケーションや情報共有をスムーズにするために活用したいのが、アプリやツールであり、テレワークの実現には、このようなITの活用が欠かせないのです。

テレワークに役立つおすすめアプリ18選

それでは早速テレワークに役立つおすすめアプリ18選をご紹介します!

Web会議

まずは顔を見ながらのコミュニケーションが実現する3つのWeb会議アプリです。

Zoom

Zoomは、最大出席者100名、40分までのミーティングなら無料で使用できるWeb会議アプリです。

企業向けの有料プランでは、最大1000名のミーティングも可能になるなど、使用用途によって幅広い使い方ができる点が特徴です。

提供元 Zoomビデオコミュニケーションズ
初期費用 無料
料金プラン
  • 基本:無料
  • プロ:22,110円(税込)/年/ユーザー
  • ビジネス:29,590円(税込)/年/ユーザー
  • ビジネスプラス:34,375円/年/ユーザー
  • 企業:要問い合わせ
機能・特徴
  • ミーティング
  • 電話
  • チャット
  • セキュリティ機能
URL 公式サイト

Skype

Skypeは、全ての機能が無料で利用できるWeb会議アプリです。

音声通話やビデオ通話のほか、レコーディングや画面共有の機能も搭載しているため、無料ながらビジネスシーンにおいても十分に活用できるツールと言えます。

提供元 マイクロソフト
初期費用 無料
料金プラン 無料
機能・特徴
  • ビデオ通話
  • メッセージ
  • 画面共有
  • 通話レコーディング
  • リアルタイム字幕
  • 電話
  • プライベート会話
URL 公式サイト

Microsoft Teams

Microsoft Teamsはビデオ会議だけでなく、チャットや無料のクラウドストレージが搭載されているため、ファイル共有もスムーズに行えます。

また他のWeb会議アプリと比べて、1ユーザーあたりの使用料が安価な点も魅力であり、テレワークに必要な機能をオールインワンで搭載しているアプリを求めている企業におすすめです。

提供元 マイクロソフト
初期費用 無料
料金プラン
  • Microsoft Teams (無料):無料
  • Microsoft Teams Essentials:473円(税込)/月/ユーザー
  • Microsoft 365 Business Basic:715円(税込)/月/ユーザー
  • Microsoft 365 Business Standard:1,496円(税込)/月/ユーザー
機能・特徴
  • グループ会議
  • クラウドストレージ
  • チャット
  • カレンダーがOutlookやGoogleと連携
  • ファイル共有
  • データ暗号化
URL 公式サイト

ビジネスチャット

次に、メールより簡単・気軽なテキストコミュニケーションにより、交流の活性化を支援するチャットアプリを3つ紹介します。

Chatwork

Chatworkは、37万社以上の企業が導入する、日本発のビジネスチャットアプリです。

1対1のほか、複数人でのグループチャットはもちろん、タスクの担当者や期限などを設定できるタスク管理、音声・通話機能も搭載。初めてでも直感的に使える操作性の高さも特徴です。

提供元 Chatwork株式会社
初期費用 0円
料金プラン
  • フリー:0円
  • ビジネス:550円/月/ユーザー(月間契約の場合は660円/月)
  • エンタープライズ:880円/月/ユーザー(月間契約の場合は1,056円/月)
導入実績 導入企業376,000社以上(2022年9月時点)
機能・特徴
  • チャット
  • タスク管理
  • ファイル管理
  • ビデオ/音声通話
URL 公式サイト

Slack

Slackは、テキストメッセージだけでなく、コード、設定ファイルやログファイルなどがワークスペースで共有できます。

そのため、プログラマーやエンジニアなど、コードを共有する機会が多い職種でもスムーズなコミュニケーションが図れます。

また外部アプリとの連携にも長けており、2,400以上のアプリ・サービスと連携可能です。連携できるアプリにはGoogle関連のものやタスク管理ツールなどがあります。

提供元 ​​株式会社セールスフォース・ジャパン
初期費用 無料
料金プラン
  • フリー:0円
  • プロ:1,017円(税込)/ユーザー/月
  • ビジネスプラス:1,760円(税込)/ユーザー/月
  • Enterprise Grid:要問い合わせ
機能・特徴
  • チャンネル
  • Slackコネクト
  • メッセージ
  • ハドルミーティングとクリップ
  • アクセシビリティ
  • アプリとインテグレーション
  • ワークフロービルダー
  • 検索
  • ファイル共有
  • セキュリティ
  • Enterprise Key Management
  • エンタープライズ向けSlack
URL 公式サイト

オンラインストレージ

続いて、ファイル共有には欠かせないオンラインストレージアプリを4つご紹介します。

Box

Boxは、高度なセキュリティ対策をしながらファイルの作成や共有、管理ができるオンラインストレージアプリです。

ストレージ容量は無制限、1,500種類以上のアプリとの連携も可能なため、社内でさまざまなアプリを使用しており、各アプリで使用するファイルを一元管理したいという企業におすすめです。

提供元 株式会社Box Japan
初期費用 要問い合わせ
料金プラン 月払い

  • Business:1,980円/ユーザー/月
  • Business Plus:3,300円/ユーザー/月
  • Enterprise:4,620円/ユーザー/月
  • Enterprise Plus:要問い合わせ

年払い

  • Business:1,881円/ユーザー/月
  • Business Plus:3,135円/ユーザー/月
  • Enterprise:4,620円/ユーザー/月
  • Enterprise Plus:要問い合わせ
導入実績 顧客企業数100,000社以上
機能・特徴
  • ファイル作成、共有、共同編集、分類、保存
  • 電子サイン
URL 公式サイト

Dropbox Business

Dropbox Businessは、ファイル共有・保管はもちろんのこと、ファイルにフィードバックのコメントをした際にタグ付けした特定の相手に通知する機能のほか、電子署名リクエストなど機能の多彩さが特徴です。

2TBの容量を保持しているほか、ファイル復元機能なども備えているため、誤ってファイルを上書きしてしまった際にも安心です。

提供元 Dropbox, Inc.
初期費用 無料
料金プラン 月間払い

  • Plus:1,500円/月
  • Family:2,500円/月(家族)
  • Professional:2,400円/月
  • Standard:1,800円/月(1ユーザー)
  • Advanced:1,500円/月
  • Enterprise:要問い合わせ

年間払い

  • Plus:1,200円/月
  • Family:2,000円/月(家族)
  • Professional:2,000円/月
  • Standard:1,500円/月(1ユーザー)
  • Advanced:2,400円/月
  • Enterprise:要問い合わせ
導入実績 7億人以上・60万以上のチームが登録
機能・特徴
  • ファイル共有
  • 保存と整理
  • デバイスの同期
  • データ保護
  • リモートチームの連携
  • 仕事をスムーズに進行
  • 常時バックアップ
  • ドキュメントの署名
  • ドキュメント分析のトラッキング
URL 公式サイト

Google ドライブ

Google ドライブは、無料の個人向けプランとBusiness Standardプランの2種類があり、無料の個人向けプランでも15GBまで保存可能です。

また、PCだけでなくスマホからも操作ができるため、移動の多い営業などの職種でも、時間を有効活用することができます。

提供元 Google
初期費用 無料
料金プラン
  • 個人向け:0円
  • Business Starter:748円(税込)/ユーザー/月
  • Business Standard:1,496円(税込)/ユーザー/月
  • Business Plus:2,244円(税込)/ユーザー/月
  • Enterprise:要問い合わせ
機能・特徴
  • マルウェア、スパム、ランサムウェアなどに対する保護機能
  • 共同編集
  • 各種ツール・アプリと連携
  • 高度な検索機能
URL 公式サイト

オンラインマニュアル作成

テレワークでは、業務手順のほか、オンライン化された社内手続きの方法などもオンラインで共有しておくことで、さらに業務効率をあげることができます。

ここでは、オンラインマニュアルの作成・運用が簡単に行える2つのアプリをご紹介します。

NotePM

NotePMは、高機能エディタと多種多様なテンプレートにより、Web上で簡単に文書が作れるアプリです。

保存された文書は、ファイルの中身までキーワード検索が可能なため、欲しい情報を手間なくスピーディに探し出すことができます。

提供元 株式会社プロジェクト・モード
初期費用 無料
料金プラン
  • プラン8:4,800円(税込)/月
  • プラン15:9,000円(税込)/月
  • プラン25:15,000円(税込)/月
  • プラン50:30,000円(税込)/月
  • プラン100:60,000円(税込)/月
  • プラン200~:120,000円(税込)~/月
導入実績 登録企業6,000社以上
機能・特徴
  • マニュアル作成
  • 検索機能
  • 動画共有
  • 変更履歴の自動記録
  • レポート機能
  • アクセス制限
  • ページを見た人がわかる
  • フォルダとタグで情報整理
  • コメント・いいね!
  • ファイル共有
  • 外部ページ共有
  • お知らせ通知
  • チャット連携・API対応
  • マルチデバイス対応

▼ファイルの中身も全文検索で情報がすぐに見つかる!社内wikiツール「NotePM」▼

資料請求はこちら

COCOMITE

COCOMITEは、画像や動画を活用したマニュアルが簡単に作成でき、社内のナレッジやノウハウを手軽に集積してマニュアル化できるツールです。

アプリ版でも、ウェブ版と同様、マニュアル閲覧・編集・共有機能のほか、動画のトリミングもできるため、テレワークにおけるシステムの操作説明など、テキストだけでは伝わりにくい業務の引き継ぎや手続きの説明を効率化することができます。

提供元  コニカミノルタ株式会社
初期費用 71,500円(税込)
料金プラン
  • エントリープラン:24,200円(税込)/月
  • スタンダードプラン:66,000円(税込)/月
  • エンタープライズプラン:242,000円(税込)/月
導入企業数 要問い合わせ
機能・特長
  • 固定レイアウトを使用したマニュアル作成
  • レスポンシブデザイン対応
  • PDF出力
  • 画像編集・添付
  • ワード・エクセル・パワーポイントファイル添付
  • 表作成(エクセルからの貼り付け可)
  • テンプレート作成
  • 無料トライアルあり

▼業務手順を無駄なくスピーディに共有!オンラインマニュアル作成・運用サービス「COCOMITE」▼

資料請求はこちら

タスク・プロジェクト管理

続いては、業務の進捗管理や業務状況の見える化に役立つ、おすすめのタスク・プロジェクト管理アプリを4つご紹介します。

Trello

Trelloでは、ボードやリスト、カードを用いてタスクの整理やプロジェクト管理ができるアプリです。

締め切り管理、フィードバックの提供、タスクの割り当てなどが、システム上で一元的かつ簡単に行えるため、特にチームでのプロジェクト管理に役立つアプリと言えます。

提供元 Atlassian Corporation Plc
初期費用 無料
料金プラン
  • FREE:0USドル
  • STANDARD:5USドル
  • PREMIUM:10USドル
  • ENTERPRISE:17.50USドル~(予想コスト50ユーザー~)
導入実績 200 万チーム以上
機能・特徴
  • 表示
  • 自動化
  • Power-Up
  • テンプレート
  • 統合
URL 公式サイト

Backlog

Backlogは、「すぐに使いこなせる」シンプルで直感的な操作性を持つタスク管理アプリです。

タスク管理のほか、Wikiやファイル共有など、チームでのワークに便利な機能を多数搭載し、タスクの進捗状況はガントチャートやマイルストーンにより一目で確認できます。

また課題やバグの管理機能も搭載しているため、「課題解決」に向けたマネジメントを強化できる点も特徴です。

提供元 株式会社ヌーラボ
初期費用 無料
料金プラン 年払い

  • プラチナプラン:55万円(税込)/年
  • プレミアムプラン:21万7800円(税込)/年
  • スタンダードプラン:12万9800円(税込)/年
  • スタータープラン:26,400円(税込)/年

月払い

  • プラチナプラン:55,000円(税込)/月
  • プレミアムプラン:21,780円(税込)/月
  • スタンダードプラン:12,980円(税込)/月
  • スタータープラン:2,640円(税込)/月
機能・特徴
  • プロジェクト管理
  • チームのタスク管理
  • カンバンボード
  • Wiki
  • ガントチャート
  • カスタム属性
  • 親子課題
  • ファイル共有
  • お知らせ機能
  • IPアドレス制限
  • Jira・Redmineからの移行
URL 公式サイト

Asana

Asanaは、個人の小さなタスクからプロジェクト全体のタスクまで、「リストビュー」によって、タスク内容・担当者・期日・優先度を一画面にまとめて可視化。さらに「ボード」では、各タスクの進捗状況が確認できるアプリです。

さらにSlackやGoogleドライブなど、200以上のアプリとの連携により、自社に合わせたタスク・プロジェクト管理の効率化を実現します。

提供元 Asana
初期費用 無料
料金プラン 年間払い

  • Basic:0円
  • Premium:1,200円/ユーザー/月
  • Business:2,700円/ユーザー/月

月間払い

  • Basic:0円
  • Premium:1,475円/月
  • Business:3,300円/月
導入実績 10 万以上の組織
機能・特徴
  • ワークフロービルダー
  • タイムライン
  • ボード
  • カレンダー
  • アプリとの連携
  • レポート機能
  • ゴール
  • フォーム
  • オートメーション
  • ワークロード
  • デスクトップアプリとモバイルアプリ
URL 公式サイト

Evernote

Evernoteは、ノート、タスク、スケジュールの情報を一ヶ所で管理することのできるタスク管理アプリです。管理するタスクは、他の人に割り当てることもできるため、チームにおけるプロジェクトもスムーズに進められます。

提供元 Evernote Corporation
初期費用 無料
料金プラン 月払い

  • FREE:0円
  • PERSONAL:680円/月
  • PROFESSIONAL:850円/月
  • EVERNOTE TEAMS:1,100円/月

年払い

  • FREE:0円
  • PERSONAL:483円/月
  • PROFESSIONAL:708円/月
機能・特徴
  • 同期と整理
  • WEB クリッパー
  • タスク
  • カレンダー
  • テンプレート
  • ドキュメントスキャナ
  • 検索
  • ホーム画面
URL 公式サイト

勤怠管理システム

働く場所を問わないテレワークにおいては、スマホなどのモバイル端末からの打刻も可能な勤怠管理アプリが必要不可欠となるでしょう。ここでは、2つのアプリをご紹介します。

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は、シリーズ累計導入実績15万社の実績ある勤怠管理アプリです。

PC、スマホ、ICカードなどのほか、LINEやSlackを使った打刻など、多彩な打刻方法を職種や勤務形態に合わせて利用可能です。またエラー打刻を抽出したりメールで通知したりするなど、従業員のミスを未然に防ぐ機能も搭載しています。

提供元 株式会社 DONUTS
初期費用 無料
料金プラン
  • 無料プラン:0円
  • プラン1:220円(税込)/月
  • プラン2:330円(税込)/月
  • プラン3:440円(税込)/月
  • プラン4:550円(税込)/月

※月額最低利用料金は2,200円(税込)となります。

導入実績 シリーズ累計導入実績15万社
機能・特徴
  • 出勤管理
  • 工数管理
  • 集計
  • シフト管理
  • 超過労働対策
  • 休暇・申請管理
  • 外国語表示
  • スマートフォン(モバイル)操作
  • 医療機関特化
URL 公式サイト

ジンジャー勤怠

ジンジャー勤怠は、PC・スマホ、ICカードなどによる多様な打刻方法のほか、GPSによる打刻時の位置記録、顔写真の撮影、IPアドレス制限により、不正打刻を防止する機能を搭載しています。

また、従業員の勤怠データは、リアルタイムかつ自動で集計されるため、残業時間の適切な管理にも役立つでしょう。さらに「ジンジャー人事労務」や「ジンジャー経費」などのジンジャーシリーズと連携することで、バックオフィス業務を総合的に効率化することも可能です。

提供元 jinjer株式会社
初期費用 要問い合わせ
料金プラン 400円〜/人/月
機能・特徴
  • 打刻
  • 自動集計
  • ワークフロー(申請承認)
  • シフト管理
  • 有給管理
  • 予実管理
  • アラート機能
  • 英語、タイ語、ベトナム語などの多言語対応
URL 公式サイト

リモートデスクトップ

業務内容によっては、同じデスクトップ環境に複数のユーザーがアクセスして使用するリモートデスクトップアプリが必要となるケースもあるでしょう。

2つのリモートデスクトップアプリをご紹介します。

Microsoft Remote Desktop

Microsoft Remote Desktopは、無料で使用することのできるリモートデスクトップアプリです。

リモート接続は、管理者による許可制となっているため、安全な運用が可能となっています。ただし、Windowsが搭載されているPCでの使用に限られている点に注意しましょう。

提供元 マイクロソフト
初期費用 無料
料金プラン 無料
機能・特徴 リモート PC または仮想アプリ、デスクトップへの接続
URL 公式サイト

TeamViewer

TeamViewerは、Windows、macOS、Android、iOSのデスクトップとスマホに対応したリモートデスクトップアプリです。特に、リモート接続への切り替えを数クリックで完了できる利便性の高さが特徴と言えるでしょう。

さらにVPN(仮想プライベートネットワーク)を使用していないため、安全性が高い点も魅力のアプリです。

提供元 TeamViewer ジャパン株式会社
初期費用 要問い合わせ
料金プラン 【リモートサポート/メンテナンス向け製品】

  • ビジネス:6,600円(税込)/月
  • プレミアム:12,6500円(税込)/月
  • コーポレート:23,100円(税込)/月

【テレワーク向け製品】

  • リモートアクセス:2,887円(税込)/月
  • テレワーク:要問い合わせ
導入実績 600,000 以上
機能・特徴
  • 接続先端末内のファイルを印刷
  • 接続先画面の覗き見防止
  • ユーザー管理機能
URL 公式サイト

便利なアプリで快適なテレワーク環境を手に入れよう

テレワークに役立つおすすめアプリ18選を用途別にご紹介しました。

テレワークにおける作業効率や生産性は、使用するツール・アプリの大きく影響を受けるものです。不便さや課題を「テレワークだから仕方ない」と放置するのではなく、アプリを活用して快適なテレワーク環境を整えるようにしましょう。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

メールパーミッションとは?重要性や取得するポイントを解説

2022/11/28

メール配信システム

2022/11/28

メール配信システム

ワークライフバランスを整える働き方とは?仕事と生活のバランスを保つコツ

2022/11/24

ワークライフバランス

2022/11/24

ワークライフバランス

【最新】テレワークにおすすめのキーボード10選!最適な選び方も解説

2022/11/24

テレワーク

2022/11/24

テレワーク

業務改善とは?必要性や基本手順・実施する際のポイントを解説

2022/11/23

業務効率化・業務改善

2022/11/23

業務効率化・業務改善

日程調整メールの正しい書き方とは?返信方法やマナー・注意点を解説

2022/11/23

日程調整ツール

2022/11/23

日程調整ツール

CTB分析とは?特徴や目的・分析方法をわかりやすく解説!

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

【2022年最新】タイプ別おすすめ給与計算ソフト!選び方や性能を徹底比較!

2022/11/22

給与計算システム

2022/11/22

給与計算システム

SDGsで簡単に実践できることは?〜私たちの日常生活での取り組み〜

2022/11/22

SDGs

2022/11/22

SDGs

働く女性の理想のワークライフバランスとは?現在の課題や社会進出について

2022/11/22

ワークライフバランス

2022/11/22

ワークライフバランス

日程調整後のお礼メールは必要か?書き方やマナーを文例付きで解説

2022/11/21

日程調整ツール

2022/11/21

日程調整ツール