【比較表あり】おすすめタスク管理・ToDo管理ツール19選!無料版・個人向けのツールも紹介

2023/01/17 2024/02/20

タスク管理ツール

おすすめタスク管理・ToDo管理ツール

個々のタスクをしっかり管理することは仕事上とても重要です。しかし、タスク管理ツールは種類が多く、どれを選べばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。本記事では、おすすめのタスク管理ツール20選を徹底比較し、選ぶ際のポイントやメリットなどをご紹介します。

タスク管理とは?

タスク管理とは、作業内容や納期、優先度などから個々のタスクを管理することです。作業内容や工数、作業の進行方法などがタスク管理の具体的な管理項目であり、これらをスケジュールに反映し、滞りなくタスクが完了するよう日程を調整します。

タスク管理によって、やるべき仕事に適切な順序で取り組め、抜け漏れのないスムーズな業務進行が実現しやすくなります。

タスク管理とは?意味や仕事における必要性・実施方法を徹底解説!

タスク管理とプロジェクト管理の違い

目標に向かって複数のタスクを構成し実行することをプロジェクトと呼び、プロジェクトの成功のために行うのがプロジェクト管理です。

タスク管理が個人の作業、あるいは個の作業そのものを管理するのに対し、プロジェクト管理はプロジェクトを構成するすべてのタスクの管理を含みます。メンバーや予算など、タスク以外となるプロジェクトの要素も総合的に管理しなくてはなりません。

また、タスク管理は個人の裁量に任されることがほとんどです。プロジェクトの成功を前提としたプロジェクト管理は、プロジェクトリーダーの指示で管理が行われます。このように、決定権がどこにあるのかも両者の大きな違いでしょう。

タスクの意味とは?正しい使い方や重要性・タスク管理の方法を簡単に解説!

タスク管理ツールが注目されている背景

タスク管理ツールが注目される背景には、IT技術の発展によって、働き方が変化し多様化しているのが要因の一つです。

タスク管理ツールを使えば、顔を合わせることなく互いの進捗や作業内容を把握できます。コミュニケーション機能を搭載したツールもあるなど、現代の働き方にマッチする製品が豊富です。タスク管理の効率化や生産性の向上、交流の活性化といった多くの効果が期待できます。

タスク管理だけではなく、現代のビジネス環境ともマッチしたことが、タスク管理ツールへの需要が増加につながったと言えるでしょう。

タスク管理がビジネスで重要な理由とは?仕事を見える化する必要性を解説

タスク管理ツールの基本機能

タスク管理のツールには様々な機能が搭載されています。ここからは、基本的な機能について紹介していきます。

  • プロジェクト管理
  • TODOリスト
  • ファイル添付
  • 過去のタスク検索
  • 担当者へのコメント
  • 担当者情報などの詳細

プロジェクト管理

プロジェクト管理機能では、プロジェクトやチームごとのタスクを管理できます。

プロジェクトによってボードを切り替えて表示・編集が行えるので、同時に進行している場合でもタスクが混ざる心配がありません。招待や閲覧制限といった機能を使えば、プロジェクトに必要なメンバーや情報の管理も可能です。

チーム利用に便利!進捗共有できるおすすめタスク管理ツール7選!

TODOリスト

ToDoリストの管理機能では、プロジェクトやタスク単位でのToDoをリスト化し、それぞれを一目で確認できます。個人向け・チーム向けとの使い分けも可能です。

シンプルにタスクのみを一覧するツールもあれば、カンバン方式で編集が自在に行えたり、ガントチャートを掛け合わせたりしているツールもあります。

タスクとToDoの違いとは?基本の意味や管理方法についても解説!

ファイル添付

各タスクを遂行する上で必要なファイルの添付も、タスク管理ツールで行うことができます。作業に関する情報やデータを迅速にやりとりでき、情報共有の効率化や正確性の向上が可能です。

紙の書類のように場所をとらないほか、紛失のリスクもありません。メンバー間での共有も一元的に行えるため、ファイルを個別に送受信する手間もなくなるでしょう。

タスクの検索機能

作業の再確認が必要になった場合には、タスク管理ツール上で過去のタスクを検索することも可能です。タスク管理の履歴はツール内に残っていくため、いつでも好きな時に見返せます。

タスクの種類や担当者など、分類から探せるのも便利です。プロジェクトの遂行において、過去の例を参考にしたり、振り返りをしたりする場合にも役立ちます。

カンバン方式のタスク管理ツール6選!業務の見える化・効率化に最適!

担当者へのコメント

複数のメンバーが携わる作業では、メンバー間の密なコミュニケーションが不可欠です。タスク管理ツールには各タスクの担当者へのコメント機能もあり、ツール上で必要なやりとりができます。

コミュニケーション機能として働くだけでなく、タスクに必要な情報を記録する機能としても活躍するでしょう。

担当者情報などの詳細

タスク管理ツールには、各タスクの担当者情報などの入力が可能です。この機能を活用することで「誰がどのタスクを担当しているのか」といったことが一目で確認できます。

担当者や納期などに分けて整理がしやすくなるほか、タスク情報に変更があった際の通知・共有もスムーズです。

タスク管理を楽にするタスクの分類法を紹介!種類を適切に分けて効率化!

タスク管理ツールを導入するメリット

ここからはタスク管理ツールを導入することで得られるメリットを紹介していきます。

タスクの進行状況を可視化できる

タスク管理ツールを使えば、タスクの進行状況を可視化できます。個人が行うべき作業だけでなく、チームメンバーの仕事も可視化が可能です。

メンバー間でタスクの進行状況がわかると、作業の偏りがある場合に早期発見しやすく、適切に分担できます。リソースに余裕があるメンバーが手を貸すといった対応もでき、業務の効率化や労働環境の改善にもつながるでしょう。

タスク管理が苦手な人の特徴とは?原因や改善するための方法を解説!

タスクの抜け漏れを防止できる

タスク管理ツール上では、ToDoリストなどを通じてタスクを一覧表示できます。やるべきことが一目瞭然になり、タスクの抜け漏れ防止に役立つでしょう。

リマインダー機能でタスクの通知も可能です。タスクを忘れてしまったときも、ツールが自動的に知らせてくれるので、大きなトラブルにつながるリスクを軽減できます。

タスクの抜け漏れが起きる原因とは?防止する方法とタスク管理のコツ

ナレッジ・ノウハウを蓄積できる

ナレッジ・ノウハウの蓄積に役立つ点もタスク管理ツールを使うメリットです。ツールには過去のタスク管理履歴が残るので、業務で疑問点などがあれば、過去の情報を元に対応することができます。

似たようなタスクが発生した際、過去の履歴を参照すれば、スケジューリングや取り組み方法の効率化が可能です。失敗があった場合でも、改善策を練るためのフィードバックに活用できるでしょう。

外出先や移動中でもタスクの確認や入力ができる

マルチデバイス対応のタスク管理ツールを使うことで、外出先や移動中におけるタスク管理が実現します。場所を問わずにタスクの確認・入力が行えるようになり、管理の効率が大きく向上するでしょう。

担当者やリーダーがオフィスにいなければ状況がわからないなどの非効率な管理体制から脱却が可能です。在宅勤務にも対応でき、多様的なワークスタイルが実現するでしょう。

タスク管理が上手い人に共通している特徴|上手くなる手法やポイントを解説

タスク管理ツールを選ぶ際のおすすめポイント

タスク管理ツールには数多くの種類があり、それぞれで搭載されている機能や特徴が異なります。ミスマッチを防ぐためにも、選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

操作性と機能性は十分に備わっているか

タスク管理ツールが見やすく使いやすいUIであるか、タスク管理を円滑にする機能が揃っているかなど、操作性や機能性をチェックしておきましょう。

操作性をチェックするには、無料プランや試用期間を利用するのが得策です。導入目的を明確にし、目的に沿った機能をピックアップすれば、十分な機能性があるかを判断しやすいでしょう。

利用できる人数などの制限はないか

タスク管理ツールには、利用できる人数に制限があるものや、一定以上の人数で使用する場合に追加料金が発生するものもあります。

特に多くのメンバーが携わるプロジェクトでは、利用人数に制限があると、ツールの効果を最大限に得られないかもしれません。プランに応じて利用可能人数を確認するほか、利用領域の違いなど機能面の制限にも注意しましょう。

既存ツールとの連携ができるか

すでに何らかのツールを導入している場合、タスク管理ツールと連携できるかを確認しましょう。

連携ができる製品なら、カレンダーツールの予定を同期したり、チャットツールの連絡先を反映したりするといったことが可能です。各ツールで個別に操作する必要がなくなり、無駄な時間の削減につながるでしょう。

無料で使えるタスク管理ツール10選!個人向け・チーム向けのおすすめを紹介

サポート体制が整っているか

タスク管理ツールを使用する上では、FAQなどのサポートを利用する機会も多くなります。安心して使うために、サポート体制が整っていることを確認しておくのがおすすめです。

サポートが不十分なツールだと操作の不明点やエラーに対応できず、導入効果を十分に得られません。イレギュラーな事態に備える意味でも、サポート体制が万全なタスク管理ツールを選ぶのが重要です。

【個人利用向け】便利なおすすめタスク管理・ToDo管理ツール10選!

おすすめのタスク管理ツール比較表

サービス名JotooBacklog
Trello
Asana
Wrike
monday.com
Chatwork
Jira Software
Taskworld
Torio
TeamHack
Todoist
Evernote
Nozbe
Any.do
Things3
Google Keep
Googleカレンダー
redmine
初期費用無料
※プランによってはあり
無料要問い合わせ無料要問い合わせ
要問い合わせ
無料要問い合わせ
要問い合わせ
無料無料要問い合わせ
無料要問い合わせ
要問い合わせ
無料無料無料無料
月額費用無料
※有料(458円/月)〜
無料
※有料(2,970円/月)〜
無料
※有料(5USD/月)〜
無料
※有料(1,320円/月)〜
無料
※有料(9ドル/月)〜
無料
※有料(1,300円/月)〜
無料
※有料(770円/月)〜
無料
※有料(1,070円/月)〜
無料
※有料(880円/月)〜
無料
※有料(980円/月)〜
無料
※有料(1,100円/月)〜
無料
※有料(488円/月)〜
無料
※有料(775円/月)〜
無料
※有料(1,628円/月)〜
無料
※有料(5ドル/月〜)〜
・Mac版 :7,000円
・iOS版 :1,500円
無料無料無料
無料プラン
カンバン機能
タスクへのコメント
ガントチャート
テンプレート作成
API連携

タスク管理ツールの比較を検討している方は、以下より資料を一括ダウンロードしてみてください。資料請求にあたって費用は一切かからず完全無料でご利用頂けます。

資料を一括ダウンロード>>

定番のおすすめタスク管理ツール11選を徹底比較

タスク管理ツールには多種多様なものがあり、導入時にはそれぞれのツールの特徴をよく比較することが大切です。

ここでは、定番のおすすめタスク管理ツールをご紹介します。

Jotoo

Jootoはカンバン方式でタスクを管理でき、操作性に優れたツールです。シンプルな操作でタスクの並べ替えができ、進行状況や担当者の確認を素早く行えます。

色や名前のついたラベルを設定しておけば、タスクのジャンルや優先度が一目瞭然です。視覚的にわかりやすく整理整頓でき、抜け漏れのない正確なタスク管理が望めるでしょう。無料プランのほか、個人向けから組織向けのプランまで幅広く用意されています。

提供元株式会社 PR TIMES
初期費用
  • エンタープライズプラン:20万円
  • その他のプラン:要問い合わせ
料金プラン

【基本料金】

  • 無料プラン:無料※ユーザー数は4人まで

【スタンダードプラン】

  • 年間契約:1ユーザー 458円(税込)/月
  • 月額契約:1ユーザー 550円(税込)/月

【エンタープライズプラン】

  • 年間契約:1ユーザー 1,078円(税込)/月
  • 月額契約 1ユーザー 1,430円(税込)/月

タスクDXプラン:要問い合わせ

導入実績有料導入企業者数約1,900社(2024年1月時点)
機能・特徴タスク管理機能、進捗管理機能・ガントチャート、予定と実績の数値管理機能、プロジェクト横断管理機能
コミュニケーション機能、外部連携機能、データ共有機能・ファイル管理機能など
URL公式サイト

資料請求はこちら

Backlog

「Backlog」は、さまざまな業種に対応可能なタスク管理ツールであり、タスクの見落としや遅延を予防し、正確で効率的な管理をサポートしてくれます。

異なる部門の担当者がいるチームでも、各人が使いこなせるようシンプルな機能に統一しているのが特徴です。コミュニケーションを強化するコメントや絵文字などの機能も搭載しています。

提供元株式会社ヌーラボ
初期費用無料
料金プラン
  • スターター:2,970円(税込)/月
  • スタンダード:17,600円(税込)/月
  • プレミアム:29,700円(税込)/月
  • プラチナ:82,500円(税込)/月
機能・特徴ガントチャート、カンバンボード、ファイル共有、Wiki、バーンダウンチャート、Git/Subversion、IPアドレス制限、2段階認証など
URL公式サイト

Trello

Trelloは、フリープランを含めた4段階の料金プランを提供しており、Google Driveなどの外部ツールとの連携もできるのが特徴です。

また、タスクをボードで一覧できるほか、タイムライン・テーブル・カレンダー・マップといったさまざまな方式で表示可能です。ビュータイプの切り替えにより新たな視点を得られ、タスク管理の精度アップに役立つでしょう。

提供元Atlassian Pty Ltd
初期費用要問い合わせ
料金プラン

FREE:無料

STANDARD

  • 年間契約 ユーザーあたり5USD/月
  • 月間契約 ユーザーあたり6USD/月

PREMIUM

  • 年間契約 ユーザーあたり10USD/月
  • 月間契約 ユーザーあたり12.50USD/月

ENTERPRISE

  • 年間契約 ユーザーあたり17.50USD/月
  • 月間契約 ユーザーあたり210.00USD/月
機能・特徴ボード・リスト・カードを使用したタスクやプロジェクトの管理、チェックリスト、タスクのタイムライン、外部アプリとの統合など
URL公式サイト

Asana

「Asana」は世界中で広く使用されている人気タスク管理ツールです。わかりやすさを重視したデザインを採用し、タスクの内容や目標といった情報が一目で確認できます。

タスクやプロジェクトへの質問ができる申請フォーム機能が特徴的です。社内の問い合わせや承認手続きの窓口としてなど、さまざまな活用ができます。タスク管理の効率化だけでなく、業務全体の効率化に寄与するツールです。

提供元Asana, Inc.
初期費用無料(個人および小規模チーム向けのプラン)
料金プラン

Personal:無料

Starter

  • 年間払い 1ユーザー1,320円(税込)/月
  • 月間払い 1ユーザー1,622円(税込)/月

Advanced

  • 年間払い 1ユーザー2,970円(税込)/月
  • 月間払い 1ユーザー3,630円(税込)/月
機能・特徴プロジェクトビュー、カスタムフィールド、ガントチャート、タイムトラッキング、ポートフォリオ、レポートダッシュボードなど
URL公式サイト

Wrike

「Write」は、フリープランを含めた5つの料金プランを提供しています。ダッシュボードやガントチャートなどの必要な機能を備えており、タスク管理にかかる時間を短縮できるのもポイントです。

また、さまざまな用途を想定したテンプレートも豊富です。煩雑なプロジェクトも、テンプレートに沿って管理工程を組み立てていけば、タスクの整理やスケジュール調整が簡単に行えるでしょう。

提供元Wrike, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Free:無料
  • Team:1ユーザー9ドル/月
  • Business:1ユーザー24.80ドル/月
  • Enterprise:要問い合わせ
  • Pinnacle:要問い合わせ
機能・特徴ダッシュボード、クロスタグ、機能統合、校正、ガントチャートなど
URL公式サイト

monday.com

「monday work management」は、プランによって個人での使用から組織のタスク管理まで行えるツールです。個人向けのfreeプランは無料で使えますが、200以上のテンプレートを備えるなど心強い機能が揃っています。

basic以上のプランはタスク数が無制限となり、チームに必要な多くの機能を利用可能です。基本的なタスクの管理機能のほか、他社ツールとの連携機能も付帯しており、連携によってさらなる使い勝手のよさを追求できます。

提供元monday.com Ltd.
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Free:無料
  • ベーシック:1,300円/月
  • スタンダード:1,650円/月
  • プロフェッショナル:3,200円/月
  • エンタープライズ:要問い合わせ
機能・特徴タスク管理、ダッシュボード、統合・アドオン、自動化、カスタムワークフロー、ドキュメント、ファイル、フォームなど
URL公式サイト

Chatwork

ビジネスチャットツールとして利用されているChatworkもタスク管理ツールとしても利用できます。自身のタスクとして登録できるのはもちろん、メンバー間でタスクを依頼する際にも依頼者側から登録が可能です。

タスクの完了をチャット内で通知できるので、別途やりとりする必要がありません。ファイルの送受信にも対応しており、タスクに用いるデータの共有も自由自在に行えます。

提供元Chatwork株式会社
初期費用

無料

料金プラン

フリー:1ユーザー 無料

ビジネス

  • 年間契約 1ユーザー 770円(税込)/月
  • 月間契約 1ユーザー 924円(税込)/月

エンタープライズ

  • 年間契約 1ユーザー 1,320円(税込)/月
  • 月間契約 1ユーザー 1,584円(税込)/月
導入実績導入企業42万1,000社(2024年1月時点)
機能・特徴チャット、タスク管理、ビデオ/音声通話、コンタクト管理、モバイルアプリ、多言語対応、高水準セキュリティ、API連携など
コミュニケーション機能、外部連携機能、データ共有機能・ファイル管理機能など
URL公式サイト

Jira Software

「Jira Software」を使えば、プロジェクトやチームごとに多くのタスクを管理可能です。テンプレートが用意されているので、入力の手間を最小限に抑えられます。

スクラム・テンプレートは、プロジェクト期間に沿って俯瞰的にタスクを把握でき、追跡や管理を効率化するでしょう。タスクの整理がしやすいカンバン・テンプレートなら、誰が何をしているのかが明白になります。カスタマイズ機能も優れており、他社ツールとの連携も可能です。

提供元Atlassian Pty Ltd
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Free:無料
  • Standard:1ユーザー1,070円/月
  • Premium:1ユーザー2,090円/月
  • Enterprise:要問い合わせ
機能・特徴タイムライン、スクラムボード、カンバンボード、レポートとインサイト、バグ管理、Open DevOpsなど
URL公式サイト

Taskworld

「Taskworld」は、タスクを様々な形式で表示でき、ユーザーや利用シーンに応じた使い分けが可能です。目標に沿ってタスクをこなしたいときはガントチャート、一覧で確認したいときはリストなど、好きなタイミングで切り替えられます。

チャットをはじめとするコミュニケーション機能も搭載しており、タスク管理ツールでありながらメンバー間の連携も強化可能です。複数のプロジェクトやチームをまたいだ管理にも対応しています。

提供元Taskworld Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン

フリー:無料

プレミアム

  • 月払い 1ユーザー1,200円(税込)/月
  • 年払い 1ユーザー880円(税込)/月

ビジネス

  • 月払い 1ユーザー2,050円(税込)/月
  • 年払い 1ユーザー1,650円(税込)/月

エンタープライズ:要問い合わせ

機能・特徴高度チャット機能、外部連携機能、カンバン形式、タスク管理、プロジェクト管理、トラッキング、ダッシュボードなど
URL公式サイト

Torio

「torio」は2018年にサービスを開始した比較的新しいタスク管理ツールです。無駄のないシンプルな機能にこだわっているほか、視認性に優れた画面デザインも強みとしています。

プロジェクト単位のタスク管理はもとより、メンバー個人のタスクも把握できる仕様です。タスクの分配や内容の確認など、管理の効率を促す細やかな機能が揃っています。基本は最初の30日間が無料のフリープランからスタートし、継続利用するなら有料プランに移行する仕組みです。

提供元アスニカ株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • フリー:無料※無料期間は30日間
  • ベーシック:1ユーザー980円/月
  • エンタープライズ:要問い合わせ
機能・特徴タスク管理、カレンダー連携、チャットツール連携、ファイル共有、ノート、フォルダ、お気に入り、コメント・いいねなど
URL公式サイト

TeamHack

「TeamHack」は、シンプルな設計が魅力的なタスク管理ツールです。基本的なタスクの管理機能にくわえ、チャット機能や時間計測機能などの標準的なものが付帯しており、余計な機能のないツールを導入したい方におすすめできます。

シンプルでありながらタスクのソートや検索も可能となっており、細かい配慮が行き届いたツールです。無料版を含め、プランを3つに絞っているのもわかりやすいでしょう。

提供元株式会社カタリストシステム
初期費用無料
料金プラン

お試しプラン:無料

ビジネス

  • 月契約 1ユーザー1,320円(税込)/月
  • 年間契約 1ユーザー1,100円(税込)/月

フリーランス

  • 月契約 1ユーザー1,650円(税込)/月
  • 年間契約 1ユーザー1,375円(税込)/月
機能・特徴タスク管理、時間計測機能、作業工程の達成度表示、期限切れタスク通知、複数プロジェクトの一括管理、タスクのソート&検索機能など
URL公式サイト

個人向けおすすめタスク管理ツール5選を徹底比較

タスク管理ツールを個人で使う場合は、シンプルな機能でリーズナブルに使えるツールを中心に選ぶのがポイントです。ここでは、具体的なおすすめツールを紹介します。

Todoist

個人向けのタスク管理ツールのなかでも「Todoist」は視認性と操作性の高さを追及している製品です。個人での利用に最適なコストパフォーマンスを誇り、他のツールやアプリとの連携が可能な点も魅力となっています。

予定の繰り返し設定やリマインダーといった、タスク管理ツールに求める機能を隅々まで完備しています。無料のプランもあることから、初めてタスク管理ツールを使用する方にもおすすめです。

提供元Doist Inc.
初期費用

要問い合わせ

料金プラン

beginner:無料

Professional

  • 年払い 488円/月
  • 月払い 588円/月

business

  • 年払い メンバー 688円/月
  • 月払い メンバー 888円/月
導入実績アプリダウンロード数3,000万件以上(2024年1月時点)
機能・特徴クイック追加、リマインダー、80以上の連携機能、ラベル、フィルター、各種テンプレートなど
URL公式サイト

Evernote

「Evernote」はメモアプリとして知られているツールですが、タスク管理に関わる機能も充実しており、個人レベルでの使用にも適しています。ノートにアイデアや画像を記録し、好きなときに見返すことが可能です。

ノート内にToDoを設定することでタスク管理が行え、やるべき仕事を一目で確認できます。文字検索機能を備えているため、設定済みのタスクを探したい際にも素早くアクセスできるでしょう。

提供元Evernote Corporation
初期費用無料
料金プラン

FREE:無料

PERSONAL

  • 月払い 1,100円/月
  • 年払い 775円/月

PROFESSIONAL

  • 月払い 1,550円/月
  • 年払い 1,033円/月

TEAMS

  • 月払い 1ユーザー2,100円/月
  • 年払い 1ユーザー1,750円/月
機能・特徴ノート取り、AI機能、Webクリッパー、ドキュメントスキャナ、タスク、カレンダー、検索など
URL公式サイト

Nozbe

「Nozbe」は、少人数から大人数まで幅広い規模での利用を想定しているタスク管理ツールです。無料プランはタスクが無制限に設定できるなど、個人利用なら十分な機能が搭載されています。

タスクにコメントをつけられるのもポイントです。メモとして活用すれば、タスクに追加された要件ややるべきことを抜け漏れなくこなすことができるでしょう。

提供元NOZBE sp. z o.o.
初期費用要問い合わせ
料金プラン

free:無料

Premium

  • 月契約 1ユーザー1,628円(税込)/月
  • 年契約 1ユーザー1,298円(税込)/月

Business

  • 月契約 1ユーザー2,442円(税込)/月
  • 年契約 1ユーザー1,958円(税込)/月
機能・特徴プロジェクト、タスク、コメント、優先順位リスト、受信タスク、アクティビティなど
URL公式サイト

Any.do

個人向けの無料プランを用意している「Any.do」なら、個人のタスクやスケジュール管理がスムーズに実現します。1日の予定を組めるデイリープランナー、月単位で把握できるカレンダーなど、利用シーンに応じて使い分けが可能です。

デバイス間での同期にも対応しているため、パソコンとスマートフォンの両方から手軽に利用できます。場所を選ばずにタスク管理が行え、時間を有意義に使えるでしょう。

提供元Any.do Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン

パソコン版

  • Personal:無料
  • Premium:5ドル/月
  • Family:8ドル/月※最大4人まで
  • Teams:8ドル/月

iOS版

  • 月額プラン:5.99USD(税込)
  • 6ヶ月プラン:26.99USD(税込)
  • 12ヶ月プラン:35.99USD(税込)

Android版

  • 無料 ※アプリ内課金あり
機能・特徴デイリープランナー、デバイス間での同期、AIアシスタント、ファミリーボード、タスクの割り当て、カンバンビュー、テンプレート、他アプリとの連携など
URL公式サイト

Things3

MacやiOS端末で利用できる「Things3」は、個人のタスク管理に適したツールです。ToDoやプロジェクトの管理といった欲しい機能を取りそろえており、プライベートからビジネスまで予定の整理整頓ができます。

日にちごとのタスク管理やリマインダーなどの機能が網羅されており、基本的な機能さえ備わっていればよいという方におすすめです。また、月額制ではなく買い切り型のツールである点も大きな特徴となっています。

提供元Cultured Code GmbH&Co.KG
初期費用なし
料金プラン
  • Mac版 :7,000円
  • iOS版 :1,500円
機能・特徴ToDo、プロジェクト、エリア、プラン、リマインダー、タグ、クイック検索など
URL公式サイト

無料で使えるおすすめ人気のタスク管理ツール3選

無料のタスク管理ツールはシンプルで使いやすいものが豊富にあり、コストをかけずに試せるのが最大の魅力です。特におすすめできる無料のタスク管理ツールを紹介するので、それぞれを比較して導入を検討しましょう。

Google Keep

「Google Keep」は思いついたアイデアをその場でメモしたり、写真やリストなどを記録したりできるツールです。共有やリマインダーなどの機能もついており、最低限の機能が備わったタスク管理ツールとしても活用できます。

テキストの入力以外に音声でメモを残せるほか、直感的な手書き入力も可能です。終了したタスクの表示や色分けといった、シンプルな基本機能を搭載しています。

提供元Google LLC
初期費用なし
料金プラン無料
機能・特徴メモ、ToDo、写真、音声メモ、ラベル、リマインダーなど
URL公式サイト

Googleカレンダー

Googleユーザーにとってはおなじみの「Google カレンダー」には、さまざまな便利機能が備わっています。Googleアカウントがあれば、無料ですぐに使い始めることが可能です。

スケジュール管理やその共有、ファイルの添付などが行え、タスクの管理で大いに活用できるでしょう。カレンダータイプのタスク管理ツールを探している方にも推奨できます。

提供元Google LLC
初期費用なし
料金プラン無料
機能・特徴メモ、ToDo、写真、音声メモ、ラベル、リマインダーなど
URL公式サイト

redmine

「Redmine」は、無料で使えるオープンソースのプロジェクト管理システムです。オープンソースであるため、プログラミング技術があれば自身の用途に合わせてカスタマイズができます。

基本機能として、タスクの管理ができるチケットやガントチャートを備えており、タスク管理ツールとしても十分に活用可能です。

提供元ファーエンドテクノロジー株式会社
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴チケット、ガントチャート、Wiki、バージョン管理システムの連携、フォーラムなど
URL公式サイト

タスク管理ツールを導入して業務の効率化をしよう

タスク管理ツールは、機能が多岐にわたるだけでなく、シンプルな設計のものや無料・低価格で利用できるものなど、ツールごとにさまざまな特徴があります。

目的に合ったツールを選定するためにも、複数のツールを比較して検討するのがおすすめです。選び方のポイントも参考に、業務の効率化を促すタスクの管理ツールを導入しましょう。

【必見】Googleカレンダーでタスク管理・ToDoリストを使いこなす方法とは?

【最新版】おすすめタスク管理・ToDoリストアプリ15選!進捗共有に最適!

タスク管理が誰でも上手くなるコツ12選を紹介!仕事を効率化する手法とは?

タスクの優先順位はどう決める?迷わないためのポイントと手法を解説!

タスク管理に役立つ知っておくべきフレームワーク7選とツールを紹介!

タスクマネジメントとは?基本手順から効率的な管理方法まで徹底解説!

おすすめのセミナー視聴

タスク管理ツールの記事をもっと読む

タスク管理ツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成