経営の意味・定義とは?経営を成功させる秘訣と合わせて簡単に解説

2024/05/01 2024/05/01

経営

経営とは

経営者はぜひ理解しておきたい、「経営」の意味。経営の意味や目的は組織によって異なりますが、「経営」とは一般的に何を指す言葉なのでしょうか。本記事では、経営の意味や経営に必要な要素、経営を成功に導くための秘訣などを解説します。

経営の意味とは?

「経営」とは、実は一言で表すのが難しく、奥深い概念です。一般的には、事業の目的を達成するために、継続的かつ計画的に活動を行うことや、経済的活動を運営することを指します。具体的には、資源の効率的な配分や、組織内での意思決定プロセス、そして組織全体の方向性を定める戦略の策定などが含まれます。

ただし、経営はビジネス運営にとどまらず、人と人との関係性、価値の創造、社会への影響といった幅広い要素を内包しているため、一言で定義づけることが困難なのです。経営の真髄は、単に経済的な成功を追求することだけではなく、持続可能な発展と社会への貢献であるともいえるでしょう。

マネジメントの父・ドラッカーが唱える経営とは?

経営学の世界で「マネジメントの父」と称されるピーター・ドラッカーは、「経営とは単に利益を追求することではなく、顧客に価値を提供することである」という考え方を広めました。

ドラッカーのこの考えに基づくと、経営の核心は顧客の存在にあり、会社が成長し続けるためには、顧客のニーズに応えるだけでなく、それを超える価値を提供することが不可欠だといえます。ドラッカーは会社が社会の一員として機能することを重視し、経営の目的を社会的な貢献と位置づけました。この視点は現代のビジネスにおいても重要視され続けており、経営を考えるうえで欠かせないものとなっています。

ドラッカーの考え方は、経営をただの利益追求活動と捉えるのではなく、より広い視野で捉え直すきっかけとなるのです。

【図解あり】ドラッカーのマネジメントとは?5つの要素や要約・名言をわかりやすく解説

経営に必要な要素

会社を経営していくためには、いくつかの重要な要素があります。これらの要素は経営の基盤であり、会社が困難に直面した際の指針ともなるものです。ここでは具体的に3つ見ていきましょう。

経営理念

経営理念とは、会社が何のために存在するのかという根本を示すものです。会社が長期にわたって持続的な成長と成功を遂げるためには、設立の理由や存在意義を明確にし、それを組織全体で共有することが不可欠です。

経営理念は単に経済活動を行うための指針にとどまらず、企業文化の基盤となり、従業員のモチベーション向上や一体感の醸成にも影響を与えます。また、顧客や社会に対してどのような価値を提供する会社であるかを伝える重要な役割も担っているのです。

独自の経営理念を持つことで、会社は単なる利益追求の集団から、「社会的な責任を果たす」という、より大きな目標を達成するための組織へと進化します。つまり、経営理念が明確であればあるほど、困難な状況に直面した際にもブレることなく持続可能な発展を目指すことができるのです。

経営方針

経営方針は、会社が事業を展開するうえでの具体的な行動や考え方を示します。先ほどの経営理念が「何のために存在する会社なのか」という根本的な目的を表すのに対し、経営方針はその目的を達成するためにどのように行動するか、つまり「何をするか」と「どうするか」を明確するものだといえるでしょう。

例えば、顧客満足度の向上、品質の管理強化、イノベーションへの投資といった具体的な施策も経営方針に含まれると考えられます。経営方針は経営理念が示す会社の価値観や信念を実現するための道筋を描くものです。

経営方針が定まっていることで組織内での意思決定プロセスが一貫性を持ち、社員一人ひとりが努力する方向性を定めることができます。

経営戦略

経営戦略は、会社の中長期的な目標や方向性を定め、目標到達のための計画を立てることを指します。経営戦略を策定する際には、自社の強みと弱みをしっかりと把握し、市場の動向、競合他社の状況、そして外部環境の変化といった多岐にわたる要素を総合的に分析することが欠かせません。経営戦略は、将来にわたって会社がどのような立ち位置を目指すかを決定することにつながるのです。

また、経営戦略は単に売上を伸ばすといった目の前の利益追求ではなく、会社が持続可能な成長を達成し、長期的に成功を収めるための道筋となります。そのため、会社の資源をどのように配分し、どのようなビジネスモデルを追求するかについても慎重に検討する必要があるでしょう。

経営戦略がしっかりと策定されている会社は変化に柔軟に対応し、困難な状況に陥っても迷うことなく確実に目標に向かって進むことができます。経営戦略は会社の未来を形作る重要な指針なのです。

経営戦略とは?定義や種類・事例、フレームワークを解説

経営計画

経営計画とは、経営戦略を具体的に実行していくための計画を指します。経営戦略で定めた目標を個別のアクションプランに落とし込み、目標達成のための手段・資源配分・期限を詳細に定めるのです。

経営計画によって、どのような行動を実施していくべきかが全社員に周知され、会社全体として目標達成に向かって進んでいくことができます。また、経営計画策定時には、予期せぬリスクへの対応について考えることも重要です。

経営計画があることで、日々の業務が組織全体の目標達成につながることを実感でき、従業員全員が当事者意識を持って業務に臨むことができるでしょう。

経営資源

経営を成功に導くためには、さまざまな資源を効果的に活用することが不可欠です。具体的には、ヒト、モノ、カネ、情報、時間、そして知的財産の6つの主要な資源が挙げられます。これらの資源は、会社が事業を展開していくうえで基盤となる要素なのです。

  • ヒト:会社経営を推進するための知識やスキルを持った人材(従業員)
  • モノ:事業運営のために必要な物理的リソースである設備や製品、原材料など
  • カネ:経営資金や運転資金といった金融資源で、経営活動を支える経済的な基盤
  • 情報:市場動向や顧客ニーズなどのデータによって適切な意思決定を支援
  • 時間:適切に配分し効率よく利用することで経営理念の実現に近づく
  • 知的財産:会社の競争力を支える特許や商標、著作権など

これらの資源を適切に管理・活用できるかどうかは、会社の成長と発展の度合いに直結します。持続可能な経営を実現するためには、資源の有効活用が欠かせないのです。

経営資源とは?意味や定義・保有するメリットを簡単に解説

7つの経営資源とは?重要性や資源を有効活用する方法

なぜ会社は潰れるのか?経営が破綻してしまう原因とは?

会社が潰れる理由は多岐にわたりますが、特に経営破綻はよく耳にする理由でしょう。会社が経営破綻してしまう理由はさまざまです。ここからは、経営破綻を招く具体的な原因について詳しく見ていきましょう。

売上の低迷

売上の低迷は、会社経営を続けるうえで深刻な問題です。売上が期待通りに伸びない場合、その影響は直ちに資金繰りの悪化という形で現れます。

資金繰りが悪化すると、給料の支払いや仕入れ、その他の必要経費の支払いに影響が及びます。長期にわたって売上が低迷すると、会社は新たな資金を調達するために高利の借り入れを余儀なくされることになりかねず、そうなれば財務状況はさらに悪化してしまうでしょう。

資金繰りの悪化を食い止めることができず、運転資金が底を尽き、最終的に経営破綻へと至るケースは少なくありません。このように、売上の低迷は単に収益の問題にとどまらず、会社の存続自体を脅かす重大な問題となり得るのです。

企業生存率とは?年数による生存率や高めるための施策について

連鎖倒産

連鎖倒産とは、取引先の倒産がほかの会社に波及してしまう現象を指します。特に、自社が特定の取引先に大きく依存している場合、連鎖倒産のリスクは増大します。

例えば、主要な取引先が突然倒産すると、未回収の代金や今後の売上機会の喪失が発生し、自社の経営状況も急速に悪化する可能性があります。このような依存関係は、一見安定した収益源のように思えますが、取引先が経営難に陥った場合に受ける影響は図り知れません。

このような状況を避けるために、会社は1つの取引先に過度に依存することなく、複数の取引先との関係を築いてリスク分散させることが重要です。連鎖倒産に陥らないよう、健全な取引関係にあるかを常に監視し、自社の経営基盤を強化することが求められます。

過去のしわ寄せ

経営破綻の原因は必ずしも突発的な売上の低迷とは限らず、過去のしわ寄せが現れることもあります。長期にわたる売上の微減や停滞が積み重なり、会社の財務基盤が徐々にむしばまれていくというパターンです。

このような状況はなかなか顕在化せず、一見安定しているように見えるという側面があります。過去からのしわ寄せが知らず知らず大きな問題となり、最終的に経営破綻に至るのです。

長期にわたる売上低迷は、会社の資金繰りに慢性的な圧力をかけ、財務の柔軟性を失わせます。これが原因で新たな投資が難しくなり、成長の機会を逃すことにもなりかねません。経営者は売上の微減や停滞を軽視せず、早期に対策を講じ、会社の持続可能な成長を目指す必要があるでしょう。過去の問題が未来の破綻につながらないよう、積極的な経営改善と資金繰りの見直しをすべきだといえます。

企業が陥りやすい経営課題|課題の見つけ方や解決に向けた具体例を解説

過少資本

資本金が不足している、または自己資本比率が低い状態では、会社は経営破綻に陥りやすくなります。資本金とは、会社が事業を行ううえでの基礎的な資金であり、自己資本比率は会社の財務の健全性を示す重要な指標の1つです。これらが十分でない場合、会社は外部から資金調達をしなければならず、経済環境の変化や事業上のリスクに対して脆弱であるといえます。

特に、資金繰りが厳しい状況が続くと、一時的な業績の悪化や予期せぬ出費が直接的に経営の危機につながることもあります。健全な財務体制を築くためには、適切な資本金の確保と自己資本比率の向上が重要です。安定した基盤があってはじめて会社は経済的な変動に耐えて事業上の挑戦を決定でき、持続可能な成長を目指すことができるのです。

成り行き経営

成り行き経営、つまり計画性のない経営は、会社を破綻に導く大きなリスクとなります。見通しのない経営では資金の適切な管理が行われず、会社の財務健全性が損なわれます。計画性を欠いた状態では、市場の変動や業界内の競争に迅速かつ適切に対応することが困難であり、結果として収益を得る機会を逃すことになるでしょう。

さらに、無計画な資金運用は、不要な支出や投資ミスを引き起こす原因ともなり、会社の財務状況を一層厳しくします。経営における計画性は、会社が目標に向かって効率的に進むための羅針盤のようなものです。リスクを管理し、資源を最適に活用することは、会社の持続可能な成長に必要不可欠といえるでしょう。

成り行きに任せた経営から脱却し、明確な目標と戦略に基づく計画的な経営を行うことが、会社を安定させる鍵となります。

廃業手続きの流れについて|法人・個人事業主の手続きや注意点、費用について

赤字経営の立て直しに必要なこととは?黒字化に向けた対策や参考にしたい事例を紹介

経営を成功に導く秘訣

経営は経済や市場の状況に柔軟に対応しながら行う必要があるため、成功する道は1つではありません。ただし、成功する経営にはいくつかの共通点があるのも事実です。そこでここでは、会社を成長させ、目標を達成するために重要な要素を紹介します。

1.経営目的・計画を明確にする

経営目的と計画を明確にすることは、経営成功の基盤です。経営目的は会社が目指す価値創造の方向性を示し、それを達成するための具体的な道筋が経営計画です。この2つを明確にすることで、社員一人ひとりが同じ目標に向かって効率的に進むことが可能になります。

具体的には、市場での地位確立、売上高目標、新製品の開発などが経営目的になるでしょう。これらには、ターゲット市場の特定や販売戦略の策定などを含む行動計画や期限設定、また責任者の指定も必要です。

経営目的・計画を明確にすることで、目標達成に向けた行動が組織全体で統一され、リソースを適切に配分することにもつながります。組織の効率化を促し、経営成功への道を切り開くためにはこのリソース管理も不可欠なステップです。

2.視野を広く持つ

経営を成功させるには広い視野が不可欠です。これには、市場や技術の変化に迅速に対応し、新しい機会を見出すことや、未来のリスクを予測する能力が含まれます。

具体的には、国内外の市場動向の把握、異業種との連携の検討、技術革新がビジネスモデルに与える影響の評価、社会的トレンドや持続可能性への対応など、多角的な分析が求められるでしょう。また、視野を広げることは情報収集にとどまらず、収集した情報を戦略的に活用し、具体的なアクションに落とし込むことも意味します。

広い視野を持つ経営者は、会社を競争の先頭に導きます。経営者がこのようなアプローチを行うことで、会社は常に進化し続け、変化するビジネス環境の中で一歩先を行くことができるのです。

3.人材を育成・教育する

会社の成長の鍵を握る人材の育成と教育は、単に技術や知識の向上にとどまらず、革新的思考、柔軟性、チームワーク、コミュニケーション能力など、多面的なスキルの育成を意味します。

このような素質を兼ね備えた人材は、会社の競争力強化と持続可能な発展に大きく貢献します。また、問題解決能力、リーダーシップ、倫理観の教育は、組織全体の目標達成の底力となり、企業文化の醸成にも役立ちます。

人材育成は、従業員の満足度と忠誠心を高めるだけでなく、組織の士気向上にもつながり、イノベーションの促進や生産性の向上を実現します。それほどに人材育成と教育は戦略の核として重要であり、経営陣による継続的な投資と計画が必要なのです。

人材育成とは?大切な考え方や目的・具体的な方法を紹介!

4.迅速な意思決定をする

迅速な意思決定は、変化が激しい現代ビジネス環境において、会社が競争力を保ち、収益を上げる機会を捉えるために必要不可欠です。経営判断の遅れは市場機会や競合に対する優位性の喪失を招き、従業員の士気にも悪影響を及ぼします。

スピード経営を実現するためには、効率的な情報収集や分析能力、適切なリスク評価と管理能力のほか、責任分担や権限の明確化といった組織自体の柔軟性が求められます。この柔軟性の下でリーダーは迅速かつ的確な決断を下し、チームメンバーは与えられた権限の下、自立的に行動することができるようになるのです。

意思決定とは?正しい意思決定をするためのプロセスや種類・注意点を解説

組織にとっての「経営とは何か」を再認識しよう

経営とは、会社の目標を達成するための道筋を描き、それを現実にするプロセスです。経営の成功には、目的と計画の明確化、広い視野の維持、人材の育成と教育、そして迅速な意思決定が重要となります。

これらの要素は、変化に富んだビジネス環境の中で会社が競争力を保ち、持続可能な成長を遂げるために不可欠です。経営とは単なる業務遂行ではなく、組織全体を成長へと導くための戦略的な取り組みだといえます。

経営の記事をもっと読む

経営の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

ファクタリングと債権譲渡登記の違い・関係とは?必要性やメリット・デメリット

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

2社間ファクタリングとは?手数料やメリット・デメリット、3社間ファクタリングとの違い

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

【2024年版】ホームページ制作で使える補助金・助成金|地域別やIT導入補助金について

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

SEO対策を学べるおすすめの本11選|初心者〜上級者向けに紹介

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

次世代EDIとは?EDIの課題や違い、注目されているWeb-EDIについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

全銀EDIシステム(ZEDI)とは?インボイス制度・金融EDIとの関係性やメリットについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

ファクタリングが違法ではない理由について|違法業者の見分け方・法的根拠について

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

HTMLを活用したホームページの作成方法|公開までの手順やコード例やテンプレートを解説

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作