MA(マーケティングオートメーション)ツールでLP作成する際のコツと注意点

2022/12/15 2022/12/15

MAツール

None

MA(マーケティングオートメーション)ツールでLPを作成する際に、どのような点に気を配ればよいのでしょうか。本記事では、MAツールでLPを作成するメリットやコツ、注意点をご紹介します。MAツールでLPを作る際に、ぜひ参考にしてください。

【2022年最新】おすすめ定番MAツール16選!機能や費用を比較表で!

MAツールとLPとは?

MAツールはIT活用による業務の自動化が重要視される現代において、各業界から注目を集めているツールです。

MAツールには、営業・販促活動に関わる業務において、自動化・効率化・コストカットを実現できる機能が多数備わっています。

例えば、メール配信や見込み客の管理、Webトラッキングや営業・販促に使用するWebコンテンツの作成などの機能を使えば、多くの業務を効率化でき、最終的には利益向上へとつなげていくことも可能です。

そんなMAツールでは、Webコンテンツ作成機能のひとつとして、LP(ランディングページ)の作成もできます。

LPは、商品やサービスのコンバーション(購入や登録)のために効果的な宣伝や紹介を行うWebページのことです。通常、LP制作はWeb制作会社や広告会社などへアウトソーシングが必要になりますが、MAツールを活用すれば、誰でも簡単にLP作成ができます。

MAツールを最大限に活かす使い方とは?基礎知識から効果的な活用法まで

LP(ランディングページ)の基本的な作り方

コンバージョンにつながるLPを作成するためには、ターゲットとキーワードの選定が必要です。それを踏まえてページ設計を行い、コンテンツ作成へとつなげていきます。

まずは、LPの基本的な作り方について、それぞれ見ていきましょう。

(1)ターゲットを決める

LPを作成する際には、「誰に売るか」「誰に登録してもらうか」といったように、より具体的な顧客のイメージを考えてターゲットを絞らなければなりません。これは商品やサービスの開発と同様です。

売るべき相手がどのような人かわかっていなければ、効果的な宣伝を打ち出すことはできません。

例えば、「30代後半の女性で、最近シワが増えてきた気がするので少し焦りを感じている。そろそろアンチエイジングを始めたいが何をすればよいのかわからない」といったように、ターゲットに具体性を持たせることが重要です。

誰に向けて宣伝するのかを明らかにしておけば、そのニーズに目星が付き、LPを作るときの効果的なPR方法も割り出すことができます。

(2)キーワードを選定する

GoogleやYahoo!などの検索流入を増やせるように、キーワード選定を行います。例えば上記のターゲットでいえば、「アンチエイジング 30代」「アンチエイジング 始め方」などのキーワードが効果的です。

せっかくよい商品やサービス、LPを作っても、集客できなければ意味がありません。より多くの集客が見込めそうなキーワードを考えることが大切です。

(3)コンテンツを作る

ターゲットとキーワードが明確に決まったら、いよいよコンテンツ作成へと移っていきます。重要なのは、ターゲットのニーズと設定したキーワードに合ったLPになっているかという点です。

どのような問題提起をすればターゲットの共感を得られるのかを整理し、ターゲットの興味関心を刺激できるようページを設計することが大切です。

マーケティングオートメーション(MA)におけるコンテンツの重要性とは?

MAツールでLPを作成するメリットは?

LPを制作する際には、MAツールの積極的な活用がおすすめです。MAツールによるLP作成には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 誰でも簡単に作成できる
  • アウトソーシング費用が削減できる
  • 作成がスピーディー
  • MAツールとの連携によりスムーズに行動履歴の解析ができる

メリットとして大きいのは、誰でも簡単にLPの作成ができることです。

MAツールならHTMLやCSS、WordPressなどの知識・スキルも不要で、専門の担当者でなくても必要に応じてLPを準備できます。

専門の制作会社に依頼すれば費用がかかりますが、MAツールなら自社完結でLPが用意でき、アウトソーシング費用の削減にもつながります。

MAツールによって作られたLPはツールとスムーズに連携可能なため、トラッキングやコンバージョンの分析が手間なくできて、面倒な顧客情報や行動ステータスの入力も不要です。

LPにアクセス解析のプログラミングをしなくても簡単に分析ができるため、その後の営業・プロモーションに大きく役立つといえるでしょう。

MAツールとCMSの違いとは?それぞれの役割や機能をわかりやすく解説

MAツールでLPを作る際のコツ

MAツールでLPを制作する際には、以下の点に注意するとより効率的に制作を進められます。

  • 目的をしっかりと定める
  • 情報をわかりやすく伝える
  • ユーザー目線を忘れない

これらは、営業・プロモーションにおける基本のポイントとしても理解しておきたい点です。それぞれの重要な点を解説します。

(1)目的をしっかりと定める

最初に定めておきたいのは、そもそも制作の目的は何かという点です。「商品をPRしなければならないし、とりあえず作っておこう」といった漠然とした目的では、ゴールや活かし方が明らかでないため、戦略的な施策が打てない可能性があります。

  • なぜLPが必要なのか
  • LPをどう活かしたいのか
  • LPのゴールは何か

目的設定は具体的におこなう必要があり、目的が明らかになれば、LPで目指すべきことや具体的なページ設計が把握しやすくなります。

(2)情報をわかりやすく伝える

LPは商品やサービスのベネフィットがしっかりと伝わるように、よりわかりやすく情報を伝えていく必要があります。

専門用語ばかりでは読みにくく、離脱率が上がってしまいます。また、抽象的な表現ばかりでは怪しいイメージを持たれがちです。そのため、共感しやすく、わかりやすい説明や図が重要になります。

競合他社との比較を取り入れたり、お客様の声を紹介したりするなどの工夫が情報のわかりやすさをアップさせてくれます。このような工夫を凝らして、見やすく興味関心を刺激するLPを制作することが大切です。

(3)ユーザー目線を忘れない

LP制作時には、知らず知らずのうちに自分たちのベネフィットばかり伝えてユーザー目線になっていないことがあります。LPを制作する場合、ユーザーファーストのページ作成が大事です。

そのため、文章の読みやすさや画像の見やすさ、テキストと画像のバランス、言い回しなどはしっかりと見直しながら作成することが大切です。

ユーザーにとって興味が惹かれるページなのかを細かくチェックしながら作成していくと、より質の高いLPが完成します。さらに、LPの質を高めていけば、コンバージョン率も上がっていくのです。

マーケティングオートメーション(MA)ツール活用のメリット・デメリットとは?

MAツールでLPを作る際の注意点

MAツールではとても便利にLPを作成できますが、活用する際には以下のような注意点があります。

  • 上書きしたLPデータは復旧できないことが多い
  • プレビューですべての挙動は確認できないことがある

これらの点はLPを作る際に課題になることがあります。効率的にLPを作成できるために、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

(1)上書きしたLPデータは復旧できないことが多い

MAツールでは、簡単にLP作成が可能ですが、途中で上書きしたLPデータは復旧できないことが多いため、注意しなければなりません。

例えば、すでに公開している状態のLPに別ページの上書きをするようなことがあると、もともとのページの状態には戻せない可能性が高いです。

具体的な復旧機能については、各MAツールの機能や特徴をよく確認する必要がありますが、この点はMAツールでLPを作成する際に注意すべき点だといえるでしょう。

(2)プレビューですべての挙動は確認できないことがある

LPをMAツール内で作成する際には、どのようなページに仕上がっているかをプレビューで確認しながら作成することが多いです。プレビューで確認することで顧客目線になれるため、しっかり確認できます。

しかし、場合によっては、プレビューですべての挙動が見られないこともあります。MAツール製品によって異なる部分ではありますが、LP作成の際には注意点として認識しておく必要があります。

MAツール導入でよくある失敗例とは?原因や注意点・対策方法をご紹介

LPが作れるおすすめMAツール3選

LP制作をする際には、LP制作がより便利なMAツール製品を選ぶのがおすすめです。業務の自動化が重視されるなか、人気の高いMAツールは数多くあり、製品やベンダーによって特徴は多岐にわたります。

ここからは、LP制作を効率的に行うのにおすすめのMAツールを3つご紹介します。いずれもLPをはじめとしたコンテンツ作成に高い評価を集めている人気のツールです。

  • Marketing Cloud Account Engagement
  • HubSpot Marketing
  • Campaign Studio

それぞれのツールの特徴やおすすめポイントなどをご紹介します。

【費用が安い】おすすめMAツール7選!機能や導入コストを徹底比較!

(1)Marketing Cloud Account Engagement

営業支援システムのSalesforceとスムーズに連携できるおすすめのMAツールです。MAを効率的に実行できるため、コストカットや業務効率化が可能です。

またMarketing Cloud Account Engagementでは制作画面から簡単に高品質のLPを作成することが可能です。もともとストックされているテンプレートがたくさんあるため、テンプレートを使用すればWebデザインは不要です。

作成したLPのデータは、ランディングページレポートの項目でコンバージョンの数が確認できます。

(2)HubSpot Marketing

HubSpot Marketingは、国内の大企業に対しても導入実績のあるMAツールです。マーケティングや営業に関するさまざまな業務をツールに集約して、管理工数を減らしたり業務を効率化させたりしてくれます。

ランディングページ作成機能を活用すれば、Web制作担当者や、Web制作会社が不要で、誰でも簡単にLP作成が可能です。ボタンひとつでさまざまなデバイスに対してもレスポンシブなLPが作れます。

また、検索流入を増やすための工夫ができるよう、作成後は検索順位のチェックを行い、上位表示のための提案を統合ダッシュボードで行ってくれます。もちろん、訪問ユーザーの行動分析やコンバージョン率などのデータを参照することも可能です。

(3)Campaign Studio

Campaign Studioは、さまざまなチャネルにおいて顧客へのアプローチが可能なMAツールです。顧客との関係を深めることをコンセプトに掲げており、効果的なプロモーション施策・戦略を提案してくれます。

Campaign StudioでもLPの作成が可能で、ターゲットに向けた効果的なプロモーションができるページをスムーズに作れます。MAツールと連携しているLPなので、Webサイトトラッキングも簡単に行えます。

【BtoB向け】最新おすすめMAツール13選!機能や費用を徹底比較!

【BtoC向け】おすすめMAツール12選比較!選び方や料金・機能を解説

ポイントや注意点を確認してMAツールでLPを作成!

MAツールは、基本的にボタン操作や文章の打ち込みのみで簡単に制作できるため、Web制作担当者やWeb制作会社へ依頼する必要がなくなります。

そのため、営業やマーケターでもスキル不要で気軽にLPを用意してコンバーションにつなげられます。

LPを含むWebコンテンツ作成の機能もそのひとつで、業務効率化やコストカットを目指す場合、LP作成機能や作成時のポイントなどもチェックしつつ、自社に合ったMAツールを選んでいきましょう。

MAツールの記事をもっと読む

MAツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成