RPA導入で働き方改革を促進!業務削減につながる事例とは?

2023/08/25 2023/08/25

RPA

RPA

RPAによる働き方改革

昨今の働き方改革の推進により、業務の効率を高めるRPAが注目を集めています。RPAとはどのような技術なのか、事前に把握しておくと導入時に有利です。本記事では、RPAの導入が働き方改革に促進につながる理由を事例と合わせて紹介します。

働き方改革とは

働き方改革とは、労働時間の短縮や多様な働き方の実現、労働者の健康と生産性の向上を目指す政策や企業の取り組みの総称を指します。

近年、多くの企業が働き方改革を推進していて、それにより労働者の満足度や生産性が向上することが期待されています。とくに、長時間労働や過重労働が問題となっている日本において、この取り組みは非常に重要な意味を持つといえるでしょう。

働き方改革に向けた取り組み内容

働き方改革に向けた取り組みは、大きく分けて7つの項目があります。それぞれの取り組み内容は、以下のとおりです。

長時間労働の是正ワークライフバランスの実現により、人生の豊かさや生産性の向上を図ることが目的。長時間労働による過労死を防止するため、長時間労働が状態化している企業などに指導を行っている。
雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間にある、待遇差の解消に向けた取り組み。どのような雇用形態であっても納得できる待遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにする。
柔軟な働き方がしやすい環境整備テレワーク・副業・兼業など、柔軟な働き方を実現するための環境整備。
ダイバーシティの推進外国人材の受け入れや子育て・介護と仕事の両立、女性が活躍しやすい環境整備、高齢者の就業支援など。
賃金引上げ労働者がより豊かな生活を送るために、最低賃金を引き上げる。それに向け、中小企業などには生産性向上などの支援を行う。
再就職支援・人材の育成再就職を希望する人に対する支援や、受け入れ体制を整備した企業への助成金などにより、労働人口の増加を図る。
ハラスメントの防止・対策職場でのハラスメントを防止し、働きやすい職場環境を整える取り組み。

【簡単】働き方改革とは?目的・取り組み背景・内容をわかりやすく解説

働き方改革で注目されるRPAとは?

RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウェアロボットを活用して、人間が行っている定型的な業務を自動化する技術を指します。働き方改革の文脈で注目される理由は、RPAの導入により業務効率が大幅に向上し、労働者の負担軽減や生産性の向上が期待されるからです。

とくに、作業量が膨大なデータ入力や、定型的な業務処理を自動化することで、労働者がより付加価値の高い業務に注力できるようになります。

RPAとは?意味や導入する手順・メリットをわかりやすく解説!

RPAの導入で自動化できる業務

RPAの導入により自動化が可能な業務は、以下のとおりです。

  • データ入力
  • 日報作成
  • 経費精算業務
  • 人事考課業務
  • 在庫管理
  • 顧客情報の更新
  • 定期的なレポート作成
  • システム間のデータ移行

RPAにより自動化しやすい業務の特徴として、ルール化されている単純作業や同じ作業を繰り返す反復業務であることが挙げられます。これらの業務を自動化することで、ヒューマンエラーの削減や業務の迅速化が実現され、企業の競争力向上に寄与するでしょう。

RPAできることとは?具体例やできないこと・適した業務を解説!

RPAの3つのクラス

RPA技術は、その機能や応用範囲に応じて、大きく3つのクラスに分類されます。ここでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

RPA(Robotic Process Automation)

RPAは、定型的な業務プロセスを自動化するための技術です。現在導入されているRPAの多くは、このクラスに該当します。

具体的には、人間が行っているマウス操作やキーボード入力を模倣することで、データのコピーやペースト、システム間のデータ移動などの業務の自動化に対応します。

EPA(Enhanced Process Automation)

EPAは、RPAの基本的な機能に加え、より高度な業務プロセスの自動化を実現する技術です。

AIと連携してデータ解析することで、システム間の情報交換や複雑な業務の自動化が可能となります。これにより、単純なデータ入力だけでなく、ビジネスロジックを組み込んだ業務の自動化が実現されます。

CA(Cognitive Automation)

CAは、AIを活用して、認識や判断を伴う高度な業務プロセスの自動化を実現する技術です。

具体的には、自然言語処理や画像認識を用いて、文書の内容理解や顧客の感情分析などの複雑な業務を自動化します。これにより、人間のような認識・判断能力を持つソフトウェアロボットの実現が期待されます。

RPAツールは全3種類!それぞれの特徴や違い・選ぶ際のポイントを徹底比較

RPAの導入によって働き方改革の促進につながる理由

RPAの導入は、企業の業務効率化や生産性向上のための重要な手段として注目されています。ここでは、RPAの導入により働き方改革を促進できる理由について見ていきましょう。

ヒューマンエラーを防止し無駄な業務の削減につながる

RPAは、人間が行う定型的な業務を自動化することで、入力ミスや計算ミスなどのヒューマンエラーを大幅に削減します。

これにより、エラーに起因する再作業や修正作業が減少し、業務の無駄が削減されます。結果として、企業の業務効率が向上し、生産性の向上が期待できるでしょう。

従業員の業務負担が軽減されるため

RPAを導入し、データ入力や定型的な業務処理を自動化することで、従業員の業務負担が軽減されます。

これにより、従業員はより付加価値の高い業務や創造的な業務に注力することが可能となり、ワークライフバランスの向上や職場のストレス軽減に寄与します。また、従業員のスキルアップやキャリア形成の機会も増えることが期待されます。

RPA導入で失敗する原因とは?事例からわかる絶対に失敗しないコツ

RPAを働き方改革の一環として取り入れる秘訣

RPAの導入は、単に技術を導入するだけではなく、組織全体の取り組みとしての成功が求められます。ここでは、RPAを働き方改革の一環として成功させるための重要なポイントを紹介します。

RPAの特徴や機能などを理解する

RPAにより働き方改革を成功させるには、その特徴や機能を正確に理解することが不可欠です。

RPAで自動化できる業務は、ルールや業務フローが決まっていて、何度も繰り返し発生する定型業務です。そのため、人の判断が必要となる業務や例外が発生しやすい業務には向きません。RPAが何をもたらすのか、どのような業務に適しているのかを把握してから導入しましょう。

無駄な業務を洗い出す

RPAに適した作業を選別するため、導入前に無駄な業務の洗い出しを行うことが重要です。RPAを導入する前に業務の見直しを行うことで、業務プロセスの最適化や改善の機会も生まれ、さらなる効果が期待できるでしょう。

サポート体制を確認する

RPAの導入後も、運用やメンテナンスが必要となるため、適切なサポート体制があるかチェックする必要があります。

具体的には、RPAの運用に関するトラブルシューティングやアップデート、従業員の研修やフォローアップなどです。このようなサポート体制が整ったサービスであれば、RPAの持続的な運用と効果の最大化が期待できます。

RPAに向いている業務・向いていない業務|選別方法や理由を解説!

RPAの導入により働き方の改革に成功した事例

RPAの導入は、多くの企業で業務効率化や生産性向上のための手段として採用されています。ここでは、RPAの導入により働き方改革に近づいた具体的な事例をいくつか紹介します。

集計報告業務の事例

ある企業は、約100店舗のPOSシステムから届く、日次売り上げのデータの集計作業にRPAを導入しました。データベースへの登録をRPAで自動化したことで、従来の約10倍の速度で処理できるようになったそうです。これにより、担当者の負担軽減にもつながっています。

勤怠登録業務の事例

人事部の勤怠登録業務にRPAを導入したケースでは、休職者や海外勤務中の従業員などの勤怠をシステムに反映させる作業を自動化しています。これにより、毎月20時間ほどの余力が創出され、手作業によるミスの心配からも解放されたそうです。

在庫反映業務の事例

実店舗とECサイトを運営する企業では、実店舗での販売分をECサイトに反映させるため、毎朝1時間在庫の登録作業を行っていたようです。

この作業を自動化することで、担当者の作業負担が軽減されただけでなく、1時間ごとの頻度で更新できるようになり、在庫切れがECサイトに反映されるタイムラグも解消されています。

経理業務の事例

RPAは、さまざまな業種における経理業務の自動化を実現しています。なかでも、ある大手ドラッグストアチェーンでは、全部で11工程ある経費振替業務のうち、3つをRPAで自動化しました。これにより、作業時間を半減させることに成功しています。

人事業務の事例

人事業務においても、多くの企業でRPAが活用されているようです。ある企業では、採用説明会の予約受付にRPAを導入。

複数の求人サイトの中から、対象となる応募者へ日程案内のメールを送付し、参加を希望する応募者に対して承諾メールを送信するという一連の作業を自動化することに成功しています。

RPAの導入で得られる6つの効果!効果測定方法や主な導入事例

RPAを導入して働き方改革を促進しよう

RPA(Robotic Process Automation)は、定型的な業務を自動化する技術として注目されています。RPAを導入することで、企業は業務効率の向上やヒューマンエラーの削減を実現に近づき働き方改革の促進にも寄与するはずです。

とくに、データ入力や継続的な報告業務など、多くの時間と労力を必要とする業務を自動化することで、より付加価値の高い業務に注力する時間を創出できます。これにより、従業員のワークライフバランスの向上や、職場におけるストレスの軽減にも繋がります。RPAの導入は、現代の企業が追求すべき、効率的で健全な働き方の実現への一歩と言えるでしょう。

おすすめのお役立ち資料

RPAの記事をもっと読む

RPAの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール