経理アウトソーシングは中小企業こそ取り入れるべき!おすすめする理由と注意点

最終更新日時:2023/07/12

経理アウトソーシング

中小企業での経理アウトソーシング

経費精算や帳簿記帳等、日々の経理業務を効率化する「経理アウトソーシング」。大手企業だけではなく、中小企業においても活用のメリットがあります。本記事では、中小企業が経理アウトソーシングを取り入れるべき理由、おすすめ業者や導入の注意点などを解説します。

中小企業における経理業務の実態

中小企業における経理業務の現状として、下記のような課題が指摘されています。

  • 経理担当者が1人で複数の業務を兼任している
  • コア業務に専念するため経理業務が後回しになっている
  • 社員数の増加に伴い経理業務が増大している
  • 経理業務に費用をかける余裕がない

経理担当者が1人で複数業務を行っている

経理業務には、給与計算や経費精算をはじめとして数多くの業務があるものの、従業員の確保が難しい中小企業では、担当者一人で複数の業務を行っているケースが見受けられます。

明らかにリソースが足りていないにも関わらず、改善に向けての取り組みが実施されていないため、いつまでも経理担当者の負担が解消されない状態が続いているのです。

コア業務に専念するため経理業務が後回しになっている

社員数が少ない中小企業の場合には経理部門が設けられておらず、社員がコアとなる業務のほかに経理業務を行っている企業も多いです。

経理についての知識がないために、業務でミスが生じてしまったり、先延ばしにしてしまったりといった課題もあります。

社員数の増加に伴い経理業務が増大している

社員が増えると、従業員の給与計算や社会保険手続き、経費精算など、経理業務も比例して増えます。さらに、取引先が増え、支払い、請求書の発行や管理、帳簿作成などの業務も増えるでしょう。

社員の増加に対応した経理体制が組めなければ、担当者の負担が増すだけです。これも、中小企業の多い課題のひとつとなっています。

経理業務に費用をかける余裕がない

企業経営に必要不可欠な経理ですが、実際に利益を生み出す部署というわけではありません。そのため、なかなか費用をかけられないというのが実情で、特に中小企業はその傾向が強いといえるでしょう。

人件費を削ろうとすれば、1人で複数の業務を兼任することになり、作業負担が増してしまいます。会計ソフトやシステムの導入のように費用がかかることも、後回しになってしまうでしょう。

費用をかける余裕のなさは、経理業務にひずみを生む原因でもあり、対策が必要です。

経理業務でよくある課題|課題解決の方法や効率化に向けた取り組みを紹介

経理業務が属人化しやすい原因とは?解消する方法やおすすめのソフト

経理アウトソーシングが中小企業におすすめの理由

経理業務をアウトソーシングすることによって、中小企業が抱える経理の課題解決が見込めます。また、課題の解決だけではなく、様々なメリットがあるので紹介していきます。

経理担当者をコア業務に専念させられる

中小企業における課題のひとつが、ひとりで複数の業務を担当することでした。コア業務と兼任している場合、請求書の発行など経理業務が入ってくると、コア業務に専念することが難しくなります。

しかし、経理アウトソーシングを利用すれば、社員は経理業務から解放され、コア業務に専念することができます。結果、生産性が向上すれば企業の利益にもつながるでしょう。

自社社員を雇用するよりも費用を抑えられる

自社で経理社員を雇用すると、採用や教育に費用がかかるだけでなく、その後の人件費も発生します。しかし、経理アウトソーシングを利用すれば、教育や雇用に関わるコストはかかりません。

また、経理アウトソーシングを提供する業者によっては、繁忙期などにスポット的な依頼も可能です。この点も、自社社員を雇用するよりも費用が抑えられるポイントといえるでしょう。

経理担当者の離職に伴う業務停滞リスクを回避できる

中小企業では、経理担当者が離職した場合、引き継ぐ人材がいないということが起こりがちです。これでは、経理業務に混乱をきたしてしまいます。

しかし、経理アウトソーシングを利用していれば、離職のリスクがないために業務が停滞することがありません。

経理アウトソーシングを利用することによって、中小企業は経理業務を安定的かつ継続的に運営することができるでしょう。

法改正や税制に関する知識を補完できる

社会保険、雇用や税制に関する法改正は、毎年のように行われます。自社に経理部門を設置している場合、社員は概要を把握し、業務に確実に反映させていかなければなりません。システムの変更など、大がかりな対策が必要となれば、さらに負担も増えるでしょう。

しかし、アウトソーシングサービスを提供している企業は、経理専門の業者です。税制の変更や法改正にもスムーズに対応してくれます。必要な知識の補完にも、役立つでしょう。

経理業務の質が向上する

経理のアウトソーシングサービスを提供している委託先の企業は、経理業務で様々な実績を持ち、豊富なノウハウがあります。日々の経費精算、現金や預金の管理のほか、請求書の発行、帳簿や決算書類の作成も、正確に効率的に進めてくれるでしょう。

つまり、経理業務の質が向上するということです。経理は企業経営には欠かせないことなので、質向上は、企業の発展にもつながるといえます。

事業規模の変更にもスムーズに対応できる

経理アウトソーシングを利用すれば、自社に経理部門を持つ必要がなくなります。事業規模を拡大する場合でも縮小する場合でも、人員配置などに直接的な影響を受けません。

新たな人材の採用は、中小企業にとっては費用的負担が大きくなります。しかし、その心配もありません。

経理アウトソーシングを自社の経理部門とすれば、体制変更もスムーズです。

人為的ミスやトラブルを防げる

経理アウトソーシングでは、専門知識を持ったプロが業務を担当するため、人為的ミスは少なくなります。ミスが減ればトラブルも起きにくくなるでしょう。万が一、トラブルが発生した場合でも、速やかな対応が可能です。

経理アウトソーシング業者の主な種類

中小企業にとって利用価値のある経理アウトソーシングについて、もう少し掘り下げてみましょう。

サービスを提供しているのは、主に下記3業者です。

オンラインアシスタントサービス

オンラインアシスタントサービスとは、業務のすべてをオンラインで行うサービスです。経理だけでなく、人事や営業、Web制作など、幅広い業務を依頼することができます。

ほかの業務と組み合わせられる、作業時間のみ料金を支払うなど、依頼方法に柔軟性のあることが特徴です。

おすすめのオンラインアシスタント22選比較!選び方や導入事例

経理代行専門業者

経理代行専門業者は、経理を専門で請け負う業者です。実績豊富な業者であれば、安心して依頼できるでしょう。

国家資格保有者が在籍している業者もあります。

経理代行とは?依頼できる業務内容や失敗しない依頼先の選び方

税理士・会計事務所

税理士事務所や会計事務所も、経理業務の代行が可能です。法律や税金に関する専門的な知識を持っているため、税務申告や決算書作成なども安心して依頼できます。ただし、専門性が高い分、他の委託先と比べて費用が高い傾向がある点は理解しておきましょう。

経理アウトソーシングの費用の目安

では、経理アウトソーシングを利用した場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか。目安を「経理業務全般をアウトソーシングした場合」と「経理業務の一部をアウトソーシングした場合」に分けて、まとめました。

【経理業務全般をアウトソーシングした場合】

業務内容費用の目安
経理業務全般
※具体的な業務内容は、業者によって異なる
※オプション扱いになる業務もある
3万〜5万円/月

【経理業務一部をアウトソーシングした場合】

業務内容費用の目安
記帳業務50~100円/1仕訳
※一般的には仕訳数による料金設定
※基本料金が設定されているケースもあり
給与計算1,000〜2,000円/従業員1人
※一般的には従業員数による料金設定
※基本料金が設定されているケースもあり
決算書類の作成/税務申告5万〜20万円
※専門家に依頼する場合は15万~25万円が目安

【2023年版】経理アウトソーシングのおすすめ14選比較|メリットや費用の目安

中小企業におすすめの経理アウトソーシング7選

経理アウトソーシングについて概要がつかめたところで、サービスとして提供している業者の中から、中小企業におすすめの7選をご紹介します。検討の参考にしてください。

1.Chatworkアシスタント

Chatworkアシスタントは、Chatwork株式会社が運営するアウトソーシングサービスです。月に10時間、35,000円から利用でき、最短で即日開始が可能です。

全国の優秀な人材がチーム体制で業務をサポートし、安心してコア業務に集中できる環境を提供してくれます。また、営業や人事など幅広いアウトソーシングにも力を入れているので、今後、コスト削減や業務効率のためにほかの部署の委託を考えている企業にもおすすめです。

運営会社Chatwork株式会社
対応可能業務仕訳、経理記帳、請求書/領収書発行、請求/支払い処理、入金確認/消し込み、紙伝票データ化、経費精算、勤怠管理、給与計算、入社手続き、年末調整など
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • 1ヶ月プラン:47,000円~/月
  • 3ヶ月プラン:45,000円~/月
  • 6ヶ月プラン:40,000円~/月
  • 年間プラン:35,000円~/月
  • カスタムプラン:要問い合わせ
特長
  • 月に10時間から利用可能
  • 全国の優秀な人材がチーム体制で業務をサポート
  • 必要なときに必要な分だけの依頼が可能
URL公式サイト

2.メリービズ

メリービズは、メリービズ株式会社が運営するバーチャル経理アシスタントです。仕訳入力や経費精算などの日常業務から、会計ソフトの導入支援まで行っています。

メリービズに在籍するのは、簿記2級以上、実務経験豊富なスタッフです。現状に即して、フルカスタマイズで対応する力を持っているため、どのような経理業務も任せることができます。

運営会社メリービズ株式会社
対応可能業務経費精算、帳票・仕訳入力、請求書発行、月次決算、売掛・買掛管理など
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
特長
  • 仕訳入力や経費精算などの日常業務から、会計ソフトの導入支援まで可能
  • 事業規模や業種を問わず、カスタマイズしての依頼が可能
URL公式サイト

3.経理業務PRO

株式会社シスプロによる経理アウトソーシングサービスが、経理業務PROです。東京、大阪、名古屋、福岡を拠点に、全国をカバーしています。

経理アウトソーシングを一括で導入する前に、給与計算、勤怠管理の提案など部分的なアウトソーシングから依頼できるなど、親身な対応をしてくれる点もポイントのひとつです。

運営会社株式会社シスプロ
対応可能業務会計システムの伝票入力、一般経費の精算、請求書作成・発行業務、給与計算アウトソーシング、給与明細の発行業務など
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
特長
  • インターネット振込代行で振込手数料を削減
  • Web請求書による代行も対応可能
  • Web給与明細導入も可能
URL公式サイト

4.KANBEI

KANBEIは、株式会社Wizが提供しているクラウド会計ソフトに特化した記帳代行サービスです。面倒な会計業務の自動化を低コストで実現してくれます。

1,000社以上の導入実績があり、電話やチャットによる相談窓口も設置されているため、トラブル時の対応も安心です。

運営会社株式会社Wiz
対応可能業務会計ソフトfreeeへの登録、仕訳、品目訳、郵送対応、部門分け、会計・経理レポート作成など
初期費用無料
料金プランライトプラン:1,100円(税込)/月
※記帳1件につき88円(従量)
特長
  • 業界最安値級の料金プラン
  • 領収書を送付するだけで記帳業務を代行
  • 仕訳作業も丸投げで代行
URL公式サイト

5.Smart経理

Smart経理は、株式会社M&Tコンサルティングが運営する経理代行サービスで、不要な業務を削減しつつ、必要な業務を適切に遂行してくれます。全スタッフが簿記2級以上を取得していることもポイントです。

やり取りは、スキャンとクラウドでのデータ共有がメインで、打ち合わせはチャットで行います。外出先からスマートフォンで対応することも可能です。

運営会社株式会社M&Tコンサルティング
対応可能業務請求、支払、給与計算、経費精算、会計入力、資産管理、融資相談など
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
特長
  • データ共有は、スキャンとクラウドのみ・必要な情報は速やかに提供
  • 初回面談無料
URL公式サイト

6.i-STAFF Accounting

ファイブスターネット株式会社が提供する経理特化型のオンラインアシスタントサービスが、i-STAFF Accountingです。優秀なスタッフが、時間単位でサポートしてくれます。

在籍スタッフの特徴は、「簿記2級以上を保持」「実務経験3年以上」「PC操作テスト」の基本条件をクリアしていることです。さらに、時間が余った場合は、経理以外の業務にも対応してくれるので、料金の無駄がありません。

運営会社ファイブスターネット株式会社
対応可能業務給与計算、記帳サポート、入出金管理、ネットバンキングでの支払い対応、支払い予定表の作成など
初期費用要問い合わせ
料金プラン

スキャンデータ化+記帳サービス

  • LIGHT(100仕訳まで):10,780円(税込)/月
  • BASIC(200仕訳まで):19,800円(税込)/月
  • PREMIUM(300仕訳まで):28,380円(税込)/月

経理特化型オンラインアシスタント

  • LIGHT(10〜20時間):3,000円/時間
  • BASIC(21〜40時間):2,800円/時間
  • PREMIUM(41〜80時間):2,600円/時間

※80時間以上は別途見積もり

特長
  • さまざまな経理ソフトに対応
  • 経理特化型オンラインアシスタントは時間制の料金システム
  • 余った時間で経理業務以外も対応
URL公式サイト

7.NOC経理アウトソーシング

NOC経理アウトソーシングは、NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社が提供する経理アウトソーシングサービスです。企業設立から30年以上1,000社の実績があり、解約率は1%程度と、支持率の高さが伺えます。

経理アウトソーシングチームは、経理実務20年を超すメンバーが現場を管理し、公認会計士や公認会計士出身のプロがサポートしていることが特徴です。経理経験者が、業務の設計・代行、業務改善のアドバイスや財務コンサルティングにも対応してくれるので、経理業務のノウハウがない企業にもおすすします。

運営会社NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社
対応可能業務記帳・仕訳業務、売掛金・買掛金管理、経費精算、経営資料・決算報告書などの作成サポートなど
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
特長
  • 設立から30年の実績
  • 公認会計士、公認会計士出身のプロフェッショナルチームがサポート
  • 経理のほか財務コンサルティングや業務コンサルティングにも対応
URL公式サイト

中小企業における経理アウトソーシングの活用事例

ここでは、中小企業における経理アウトソーシングの活用事例を紹介します。

会計ソフトの導入サポートのみを依頼

会計ソフトの多くは、専門知識がなくても利用できるように設計されています。ただ、導入の際には、自社事業の特性、自社の経理に合わせた仕様変更や初期設定が必要です。

しかし、社内に詳しい経理担当者がいない場合は、初期設定やセキュリティ設定、データバックアップ設定など、導入時のサポートのみを税理士などの専門家に依頼することもできます。

経理全般ではなく、必要な部分にのみ導入するという活用事例です。

領収書の整理や手入力作業

煩雑な経理業務のひとつに、領収書の整理と入力作業があります。1件1件、金額を確認しながらの入力は神経を遣い、件数が増えるほど負担となるでしょう。

この業務のみをアウトソーシングすることもできます。領収書を送れば、希望したフォーマットに入力してくれるというサービスです。

中には、勘定科目ごとの仕訳をしてくれるところもあります。

自社の経理業務を見直し、領収書関連の業務からアウトソーシングしてみることも、活用方法のひとつです。

経理業務を効率化する方法とは?経理業務の課題や事例・効率化させるステップ

月次決算業務の処理

経理担当者が退職、後任も決まっていないときには、月次決算業務の処理を依頼することも可能です。

実際に人員を派遣してもらい、業務内容の把握と引き継ぎ、業務効率化に向けたマニュアル作成を実現した企業があります。期日が迫っていた経営レポートなどの各種レポートも、期日までに提出してもらうことができました。

業務マニュアルの作成

経理アウトソーシングは、業務の属人化にも対応できます。

標準的なマニュアルが整備されず、業務の内容や方法は担当者の頭の中にしかないという状況を改善すべく、アウトソーシングを依頼した事例が、実際にあります。依頼を受けた担当者が、30日間にわたり該当企業を訪問して業務を可視化、マニュアルを作成しました。これにより、未経験者でもスムーズに業務を遂行できる体制が構築されています。

経理マニュアルを作成するコツ|作り方やマニュアルの重要性を紹介

経理アウトソーシングを中小企業が導入する際の注意点

中小企業における経理の課題を解決し、メリットもある経理アウトソーシングですが、導入にあたっては、次のようなリスクもあります。注意点として押さえておきましょう。

情報漏えいの可能性がある

経理アウトソーシングでは、社内の個人情報や資産状況、取引先の情報など、企業内の機密情報も渡すことになります。情報の受け渡しでは、漏えいのリスクを避けることができません。

経理アウトソーシング業者を選定する際は、どのようなセキュリティ対策や情報管理体制をとっているか、確認することが重要です。契約の際には秘密保持契約を取り交わすなど、情報漏えい防止の対策を講じましょう。

費用が増大する可能性がある

経理アウトソーシングには、人件費などの費用が削減できるというメリットがあります。しかし、場合によっては費用が増大する可能性もあるため注意が必要です。

費用対効果を上げるためにも、まずは自社が解決したい経理の課題をしっかり洗い出しましょう。もしかしたら、アルバイトでも対応でき、そのほうが費用が抑えられることもあるかもしれません。

面倒だからと、すべてを丸投げしてしまっては、経費削減どころではなくなってしまう恐れもあるので、十分に気をつけてください。

経理処理が重複する可能性がある

業務の一部を依頼した場合、しっかり業務分担をしていないと、社内担当者とアウトソーシングの業務が重複してしまうことがあります。例えば支払い処理が重複すると、二重支払いになり、その後の処理が大変です。

このような事態を回避するためにも、明確な業務フローを作成して共有し、役割分担をはっきりさせることが大切です。

経理業務の知識が社内に蓄積されない可能性がある

経理業務をアウトソーシングする場合、社内でナレッジが蓄積されないのが注意点としてあげられます。

社内でナレッジが蓄積されないといつまでも委託に依存してしまい、自社で経理部門を作る際には採用や教育など、かなりの手間や時間、費用がかかってしまいます。

そのため、完全にアウトソーシング先に丸投げするのではなく、自社に担当者を複数設置してナレッジを蓄積できるような体制を整えておきましょう。

経営状況の確認がしにくくなる可能性がある

経理業務をアウトソーシングする場合、リアルタイムで経営状況の確認がしにくくなる可能性があります。必要な情報のやり取りに、タイムラグが生じるためです。経理業務全般を依頼した場合、実際の数字の動きが見えにくくなることも懸念されます。

経営状況を正確に把握するためにも、必要な情報は早めに提供してもらうようにしましょう。アウトソーシング業者とのコミュニケーションを密にし、自社の経営方針や将来的な戦略に関する情報を共有することもポイントです。

経理アウトソーシングで失敗する原因・事例|失敗しないための秘訣を紹介

経理アウトソーシングを活用し中小企業が抱える経理の課題を解決しよう

多くのベンチャー企業、中小企業には、経理に人材や時間をさけないという課題があります。一方で経理業務は、企業経営には欠かせないものです。

だからこそ中小企業には、経理アウトソーシングをおすすめします。経理業務を一括して依頼すれば、社員全員がコア業務に専念できるでしょう。もちろん、経理業務の煩雑な部分だけを依頼することも可能です。

限られた人材で、より効率的な企業経営をするためにも、経理アウトソーシングのサポートを得てみてはどうでしょうか。経理のプロの力を借りながら、企業を成長させていきましょう。

おすすめのお役立ち資料

経理アウトソーシングの記事をもっと読む

経理アウトソーシングの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

ホームページのアクセス解析で分かること|解析後の改善方法やおすすめの解析ツール

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

中途採用者の給与の決め方|決定するまでの流れやトラブル事例について

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

中小企業が新卒採用に苦戦する原因|採用を成功させるポイントや施策を紹介

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

新卒採用スケジュールを策定する際のポイント|事前準備や早期選考のメリット

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

人事評価制度の事例9選|成功事例や評価制度に活用される手法を解説

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

人事評価の不服申し立てへの対応方法|不満の原因や事例・トラブルを防止するポイント

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

シフト管理は誰がやるべき?担当者別のポイントや効率のよいシフト作成のコツ

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

CMSにおける要件定義の考え方とは?成功させる秘訣と選定ポイントを紹介

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS

【初心者向け】CMSとは?メリット・デメリットや種類、機能をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS

【初心者向け】WordPressでのホームページの作り方|手順や準備事項・メリットを解説

最終更新日時:2024/04/16

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/16

ホームページ制作