テレワークによるストレスの原因や影響とは?ストレス解消法も解説!

記事更新日:2022/04/22

テレワーク

テレワークにストレスを感じている女性

近年、在宅ワークやテレワークといった働き方は、ニューノーマルな様式として定着しつつあります。テレワークは、私生活と仕事のバランスが取りやすくなるなど、多くのメリットがある一方で、環境の変化や孤独感などから、ストレスを抱えている人も少なくありません。本記事では、そんなテレワークによるストレスについて、原因や解消法など詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

テレワークが増えている背景について

テレワークの導入が急速に拡大した背景には、まず第一に、新型コロナウイルス感染症の流行がありますが、実はそれ以前から勤務形態のテレワーク化を進める動きは、すでに見え始めていました。

その要因としては、「労働人口の減少」、「働き方の多様化」、「コストの見直し」などが挙げられます。慢性的な人手不足が深刻化する中で、人材確保は、企業における重要な課題となっています。

そこにきて、求職者のライフスタイルの多様化やワークライフバランスを重視する傾向が高まったこともあり、企業には「柔軟な働き方」を実現する体制づくりが求められるようになりました。

また、デジタル技術の進化により、オフィス外でも出社時と同等か、それ以上の生産性を維持できる環境が具現化できるようになったことも、テレワーク化の推進に大きな影響を及ぼしています。

テレワークを推進することで、企業側は通勤費の見直しやオフィス縮小によるコストの削減が可能になるだけでなく、幅広く人材を募集できるようになりました。

また、求職者側は、柔軟な労働環境のもと仕事ができるようになるなど、テレワークは、双方に大きなメリットをもたらしたのです。

主にこれらの理由により、組織におけるテレワーク化が拡大したと考えられるでしょう。

テレワークによりストレスが発生する原因

テレワークには、多くのメリットがある反面、ストレスを感じているという人が、一定数いることも事実です。いったいどのようなことが原因でストレスに結びついてしまうのでしょうか。

ここでは、テレワークでのストレスにつながりやすい原因を解説していきます。

コミュニケーション不足による孤独感

オフィス勤務であれば、ちょっとした疑問や不安を感じた際などは、すぐに上司や同僚に相談できる環境です。意見が欲しい時だけでなく、何事にも共感できる、してもらえるメンバーが周囲にいること自体が、心強く感じることもあるでしょう。

しかし、テレワークでは、手軽なコミュニケーションの取りづらさから、疑問や不安、感情をなどを一人で抱え込んでしまいがちです。

この時に感じる孤独は、一種のストレス症状であり、孤独を感じている時には、他人の表情や言葉に対して過敏になり、かつ、脳が態度や感情を読み違えることも増えるといった研究結果もでています

オフィス勤務であれば、作業の合間に同僚とちょっとした世間話をすることもありますが、テレワークでは、そのようなリラックスしたコミュニケーションを取る機会もあまりありません。

「寂しい」「辛い」と感じても、周囲に感情を吐露することができないため、ストレスが募ってしまうのです。

オンとオフの切り替えが上手くできない

テレワークの中でも、特に在宅ワークの場合は、普段の生活空間で仕事をするため、仕事とプライベートの切り替えが上手くできずに、ストレスを感じてしまうこともあります。

また、就業時間とプライベートのオンオフだけでなく、休憩時間と業務時間の区別がつきにくくなってしまい、気がつくと、いつも仕事をしながら昼食を取っている、あるいは、休憩時間が短くなっているといったケースも少なくありません。

このような状況が常態化してしまうと、疲労が充分に回復されないまま仕事を続けることになり、集中力や気力の低下を招いてしまいます。

労働の長時間化

オンオフの切り替えがしにくいことに起因して、ダラダラと働き続けてしまい、長時間労働が慢性化しやすいことも、ストレスの原因になり得ます。

長時間労働が心身の健康にもたらす影響は、今や誰もが知るところではないでしょうか。テレワークでは、周囲が過重労働に気づけず、適切な改善策が講じられないこともあります。

労働環境が改善されない状態が続けば、疲労が回復しないだけでなく、深刻な健康問題やメンタルヘルスの不調にもつながってしまうでしょう。

運動不足による不調

テレワークによって通勤がなくなったことで、途端に運動不足に陥ってしまうことも珍しくはありません。

運動不足は、肥満や生活習慣病のリスクが高まるだけでなく、血行不良などから、体が凝りやすくなったり、老廃物を溜め込んでしまうことで疲労を感じやすくなったりします。

このような状況では、ストレスも感じやすくなり、緩和や解消も難しくなってしまうでしょう。

気分転換ができない

オフィス勤務であれば、通勤時間を音楽鑑賞や読書などの趣味の時間として活用することも可能です。また、ランチタイムの外出が、いい気分転換になっていた方もいるのではないでしょうか。

テレワークでは、このような「物理的なリフレッシュ」をすることが難しい場合もあります。メリハリのある仕事ができないことが、ストレスになってしまうのです。

正当な評価がされているのか不安

勤務状況を直接確認することのできないテレワークでは、リラックスした環境で仕事に集中できるメリットの一方で、評価基準が不透明になってしまい、従業員が評価への不満を募らせやすいといったデメリットもあります。

プロセスへの評価がなく、定量的な評価基準でしかなかったり、評価の結果が適切に処遇などに反映されないようでは、仕事へのモチベーションを保つことは困難です。働く意義が見いだせない、このような状況がストレスに結びつくこともあるのです。

テレワーク中のコミュニケーション方法を解説!よくある課題と対策法とは

テレワーク環境やストレスが引き起こす心身への影響

メリットを享受し快適に働ける人もいれば、大きなストレスになってしまうこともあるテレワークですが、ストレスを解消できずに蓄積してしまった場合、心身にはどのような影響があるのでしょうか。

ここでは、テレワークの環境やストレスなどを原因とする健康問題について、詳しく解説していきます。

精神的な不調

慢性的なストレスは、気力や意欲の低下、精神的な落ち込みや憂鬱感といった心の不調を引き起こします。

これらの症状を見過ごしてしまい、早期の適切な対応がなければ、うつ病などの深刻な精神疾患へとつながってしまう場合もあります。

体の凝り

通勤がなくなったことによる運動不足、チェアやデスクなど仕事に適していない環境での労働により、体が硬くなってしまったり、首や肩の凝り、腰痛を発症することもあります。

仕事に適さない環境で長時間のパソコン作業をおこなえば、当然、首や肩の筋肉など、全身に負担がかかります。このような首や肩の凝りは、放っておくと頭痛を繰り返す「緊張型頭痛」を引き起こすこともあります。

眼精疲労

テレワークでは、今まで対面でおこなってきた打ち合わせや会議も、すべてオンラインで実施されるようになるため、それこそ一日中、パソコンやスマートフォンの画面を見続けることになります。

眼精疲労は、全身の倦怠感や頭痛といった症状を誘発することもあるため、定期的に週十秒程度、画面から目を離す時間を作るなどの習慣を取り入れることが必要となります。

睡眠不足

コアタイムなしのフレックスタイム制でテレワークをされている方の中には、始業時間がどんどん遅くなってしまったり、昼夜が逆転してしまったりなど、生活習慣が乱れてしまう方も珍しくはありません。

睡眠は、脳や身体の疲労を回復するために、必要不可欠な要素です。良質な睡眠が確保できていないと、免疫機能が低下してしまうだけでなく、慢性的な疲労感から集中力も持続できなくなってしまいます。

冷え・むくみ

運動不足や、仕事に適さない環境での長時間のパソコン作業による血行不良などから、冷えやむくみを発症することもあります。

冷えやむくみは、悪化させてしまうと全身の倦怠感につながることもあるため、足元を冷やさない、合間に適度なストレッチを取り入れるといった工夫が必要です。

テレワーク中のサボりはバレる?バレる理由やバレたときのリスクについて

テレワークにより発生するストレスへの対策・解消法9選

テレワークによるストレスは、些細なことと目を逸らさずに、早期に工夫をしてみたり、内容によっては上司や先輩に改善の手段がないかを相談することが大切です。

ここでは、具体的なストレス対策・解消法をご紹介します。

1.ツールを使って密にコミュニケーションをとる

テレワークでの孤独感や孤立感は、コミュニケーションの頻度や手段を見直すことで改善されるケースも多くあります。

特に、メールを主なコミュニケーションの手段として使用しているのであれば、チャットツールを取り入れてみましょう。

チャットでは、複数人のグループでのやり取りが簡単におこなえるだけでなく、メールよりもコミュニケーションのリアルタイム性に優れている特徴を持っています。

これまで「わざわざメールで聞くほどでも……」や、「今電話したら作業の邪魔になるかも?」と躊躇していたやり取りもチャットであれば、相手の作業を邪魔することなく、気軽に「声かけ」ができ、密なコミュニケーションが取れるようになります。

2.就業時間を徹底管理する

テレワークでは、オフィス勤務時以上の作業時間や作業効率の自己管理が重要となります。

曖昧になりがちなお昼時間や休憩の時間を徹底管理し、生産性や集中力を上げるタイムマネジメントを実践するなど、効率的な仕事ができるよう、自ら工夫することが大切です。

業務や作業時間の管理は、タスク管理やToDo機能のあるスケジュール管理のアプリなどの使用がおすすめです。

3.良質な睡眠を心がける

睡眠の質は、「睡眠時間」、「タイミング」、「睡眠の質」の3条件によって決まります。

テレワークだからといって、ダラダラと働き続け、短時間の睡眠になりがちだったり、就寝時間にバラツキが生じていたりしては、良質な睡眠とはいえません。

また、就寝前のスマホの使用なども、良質な睡眠を阻害する原因になることがあります。良質な睡眠は、ストレス軽減はもちろん、生産性にも大きく影響することを理解し、適切な生活習慣を身につけてください。

4.集中できる作業環境を保つ

在宅ワークであれば、可能な限りワークスペースと生活空間を区別するようにしましょう。十分なワークスペースが確保できるのであれば、チェアやデスクに気を配ることも重要です。

作業空間と生活空間の明確な線引きは、生産性の向上が望めるだけでなく、オンオフの切り替えができない、集中力が続かないといったストレスの緩和にも効果的でしょう。

5.会社へ相談する

テレワークをおこなうことにストレスを感じている、あるいは、テレワークを実施する上での運用に何らかの不満があるのであれば、上司や先輩、同僚などに、素直に伝えることも大切です。

問題の可視化は、より良い制度の整備や新しいルール策定のきっかけともなり得ます。企業側は、定期的に相談できる機会や、ストレスチェックなどをおこない、気軽に相談することのできる窓口の設置などを実施しましょう。

6.社外コミュニティに参加する

テレワークには、通勤時間がなくなることで、時間を有効に使えるメリットがあります。そのような時間を、趣味やスキルアップに充てて、リフレッシュを図るのも一つの方法です。

例えば、そのようなコミュニティで、テレワークにおける同じような悩みの共感や、有用な解決策などの情報交換をすることができるかもしれません。社内外を問わず、このようなコミュニケーションを取ることで、孤立感や孤独感の解消が期待できます。

7.ゴールを意識したスケジュールを立てる

テレワークでは、リラックスした仕事環境が好影響を及ぼすこともあれば、「気の緩み」といった悪影響につながる場合もあります。

その場合は、1日、1週間、1ヶ月、四半期などに分けて目標とスケジュールを設定し、ゴールや数値を意識しながら仕事を進めるようにしましょう。目標設定後は、必ず効果測定などのフィードバックにより軌道修正を図ることも重要です。

8.定期的にストレスチェックを行う

現在、「常時 50 人以上の労働者を使用する事業場」においては、定期的なストレスチェックの実施が、法令により義務化されています。

このストレスチェック制度は、従業員自身のストレスへの気付きを促進すること、また、労働環境の改善を図ることの、主に2つの目的をもって制定された制度です。

法令上は、「50人以上」とされていますが、50人未満の企業においても、自主的に実施することで、ストレスによる生産性の低下や、深刻な健康問題への発展などを防ぐことができるでしょう。

9.仕事可視化ツールを導入する

テレワークにおけるストレスは、「仕事環境の改善」や「タイムマネジメントの徹底」といった、従業員自身における工夫によって改善される点も多いでしょう。

しかし、組織においても生産性や業務効率改善につながる取り組みは必要です。先にお伝えしたように、コミュニケーション不足を解消したいのであれば、チャットツール導入してみるのも良いでしょう。

また、勤務態度など、成果の数値だけでなくプロセスも、できる限り正確に評価へ反映したいと考えるのであれば、従業員に貸与したPCのアプリ操作状況などを企業側が把握できる仕事可視化ツールがおすすめです。

このような可視化ツールの導入は、テレワークに適度な緊張感を与え、仕事の生産性が向上するメリットを得られることがあります。

ただし、過度な「監視」になってしまい、新たなストレスの種となってしまったり、信頼関係を悪化させたりすることのないよう、従業員の理解を得た上で利用するようにしてください。

テレワークに監視は必要?監視方法や注意点・おすすめ監視ツールを解説

ストレスと上手く向き合いながらテレワークを実施しよう

ストレスは、その程度によっては、緊張感による「生産性の向上」や「ミスの低減」といったポジティブな効果を生み出します。

その一方で、ストレスの緩和や解消ができずに、ストレスを溜め込んでしまった場合には、仕事の生産性が低下するだけでなく、心身に不調をきたしてしまうこともあるので、注意しなければなりません。ストレスを感じた場合は、自分でできる工夫や会社への相談を実行し、見過ごしたり放置しないようにしましょう。

ぜひストレスと上手に向き合い、テレワークによる理想的なワークライフバランスを実現してください。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

請求書発行で仕訳は必要なのか?簿記上の考え方や注意ポイントを解説

2022/12/2

請求書発行システム

2022/12/2

請求書発行システム

請求書の発行日と発行するタイミングについて!よくある疑問を解説!

2022/12/2

請求書発行システム

2022/12/2

請求書発行システム

CRM活用の成功事例8選を紹介!活用ポイントや導入時の注意点を解説

2022/12/2

CRM(顧客管理システム)

2022/12/2

CRM(顧客管理システム)

メールパーミッションとは?重要性や取得するポイントを解説

2022/11/28

メール配信システム

2022/11/28

メール配信システム

ワークライフバランスを整える働き方とは?仕事と生活のバランスを保つコツ

2022/11/24

ワークライフバランス

2022/11/24

ワークライフバランス

【最新】テレワークにおすすめのキーボード10選!最適な選び方も解説

2022/11/24

テレワーク

2022/11/24

テレワーク

業務改善とは?必要性や基本手順・実施する際のポイントを解説

2022/11/23

業務効率化・業務改善

2022/11/23

業務効率化・業務改善

日程調整メールの正しい書き方とは?返信方法やマナー・注意点を解説

2022/11/23

日程調整ツール

2022/11/23

日程調整ツール

CTB分析とは?特徴や目的・分析方法をわかりやすく解説!

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

【2022年最新】タイプ別おすすめ給与計算ソフト!選び方や性能を徹底比較!

2022/11/22

給与計算システム

2022/11/22

給与計算システム