ミレニアル世代とは?何歳?特徴やZ世代・ゆとり世代との違いについて簡単解説

最終更新日時:2024/03/27

デジタル化

ミレニアル世代とは

ミレニアル世代とは1980年から1995年頃に生まれた世代を指し、生まれた時から周りにインターネットやSNSが普及しており、別の世代とは違った環境・時代背景を過ごしてきました。 また、ミレニアル世代はY世代とも呼ばれたりZ世代との関連性もあります。この記事ではミレニアル世代の年齢や特徴、ゆとり世代・Z世代との違いについて紹介していきます。

この記事の要約

・ミレニアル世代とは、1980年〜1995年頃に生まれた世代のこと
・生まれた時からネットに触れており、多様性や共感性が強く、社会問題に対しての関心が強いなどの特徴がある

ミレニアル世代の意味とは?年齢は何歳?

「ミレニアル世代(Millennials)」とは、1980年から1995年頃の間に生まれた世代のことです。2024年時点では、29歳〜44歳を迎える人がミレニアル世代です。

ミレニアル世代は、生まれた時からインターネットに親しんでいる世代であるため、ほかの世代とは異なり社会問題に対しての関心が強く、多様性の尊重と共感性が高いといわれています。社会のあり方を変容させる世代として注目されているのも、ミレニアル世代です。

ミレニアル世代の多くは、2008年の大不況の後にキャリアをスタートしており、その社会情勢が彼らの収入や価値観にも大きな影響を及ぼしています。

ミレニアルの語源

ミレニアルの語源は、もともと西暦を1,000年単位で区切った「millennial」に由来しています。

2000年以降に成人となった世代であることから、「millennials(ミレニアルズ)」と米国で呼ばれるようになり、日本ではミレニアル世代と呼ばれるようになりました。

デジタル時代の到来による変化とは?備えておくべき最低限の知識を解説

ミレニアル世代の定義は厳密ではない

ミレニアル盛大の定義は、厳密なものではありません。

例えば、アメリカのピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)は、ミレニアル世代を「1981~1996年に生まれた人」と定義していますが、一部では1980年代以降に生まれた人や2000年代に成人した人を指すと定義されることもあり、その定義はさまざまです。

そもそもミレニアル世代という定義は、特定の世代の傾向を統計的に分析するための用語に過ぎません。

そのため、明確な定義を求めるのではなく、より広範な歴史的・経済的・社会的トレンドが特定の世代にどのような影響を与えているかを把握するために活用していくことが大切です。

ミレニアル世代とその他の世代の違い

ミレニアル世代に近い世代として、「Z世代や」「Y世代」などがあります。ここからは、ミレニアル世代とその他の世代の特徴と違いをそれぞれ解説します。

Z世代

Z世代は、1990年代半ばから2010年代に生まれた世代です。生まれた時からインターネットが普及しており、子どもの頃からパソコンやスマートフォンなどの端末を使いこなしています。

「デジタルネイティブ」とも呼ばれるZ世代とミレニアル世代は、インターネットやSNSの活用方法に違いがあります。

例えば、インターネットで情報収集をする際、ミレニアル世代は検索エンジンを使うのが一般的です。一方で、Z世代は最新のSNSや動画コンテンツを活用して、インフルエンサーなどから情報を得ます。

そのため、Z世代の方がSNSへの親和性は高いといえるでしょう。

Z世代とは?何歳から?定義・特徴・由来やX/Y世代との違いを簡単に解説

ゆとり世代

​​ゆとり世代とは、1987年から2004年頃に生まれた世代のことです。「ゆとり教育」を掲げた学習指導要領による義務教育を受けていることから、ゆとり世代と呼ばれています。ゆとり教育では円周率を「3」とするなど、これまでの教育方針から余裕のある教育に変更されました。

1980年から1995年頃に生まれたミレニアル世代のうち、1987年以降に生まれた人がゆとり世代に該当します。

1980年代前半に生まれたミレニアル世代とゆとり世代では、時代背景や特徴などに大きな違いはありませんが、義務教育の教育スタイルに違いがあります。

ゆとり世代とは?年齢は?共通する10の特徴や仕事で接する際のポイント

Y世代

Y世代とは、1980年代~1995年頃に生まれた世代のことで、ミレニアル世代の別名です。前世代のX世代の次世代であることから、Y世代と呼ばれています。

ミレニアル世代とY世代を定義する世代は一般的に同じであるため、両者に大きな違いはありません。どちらも「デジタルパイオニア」と呼ばれ、前世代のX世代と比べてITリテラシーが高い点が特徴です。

Y世代とは?年齢や由来は?世代の特徴やX世代・Z世代のとの違いついて解説

ミレニアル世代に見られる7つの特徴

ここからは、ミレニアル世代に共通している特徴について紹介していきます。

デジタルパイオニア

ミレニアル世代は、デジタル機器やインターネットが普及した環境に生まれ育った最初の世代です。生まれた時からデジタル機器やインターネットに触れていることから、「デジタルパイオニア」と呼ばれることもあります。

ミレニアル世代は、SNSなどを利用した情報の収集・発信を得意とする世代です。また幼少期からインターネットに触れているためITリテラシーが高く、SNSによるコミュニケーションやネットショッピングなどに抵抗がありません。

デジタルネイティブとは?定義や世代の特徴・問題点や指導方法を解説

プライベートを大切にする

ミレニアル世代は、仕事よりもプライベートを重視する特徴があります。仕事においては効率を重視し、無駄な残業や休日出勤を好みません。

しかし、プライベートを大切にするからといって、ミレニアル世代が仕事を軽視しているというわけではありません。むしろ、ミレニアル世代はプライベートを充実させるために仕事も大切にしており、「ワークライフバランス」を重視する傾向があります。

ミレニアル世代が、テレワークやギグワークといった新しい働き方を積極的に取り入れているのも、ワークライフバランスを重視した結果であるといえるでしょう。

▷ワークライフバランスとは?定義やメリット・使い方や取り組み事例を解説

シェアリングサービスを好む

ミレニアル世代は、生まれた時から豊富なモノが揃っているため、ほかの世代に比べて物欲が少ないと言われています。

また、不景気な時代に育った影響で節約を心がける傾向があり、ほかの世代と比較してシェアリングサービスを好んで利用します。

例えば、マイカーではなくカーシェアリングやレンタカーを利用したり、洋服を購入するのではなく洋服レンタルサービスを活用したりするなど、シェアリングサービスに抵抗がない人が多いです。

さらに「モノよりも体験や人とのつながりを大切にしたい」という価値観も強いため、他人との共有を好む傾向があります。

シェアリングエコノミーとは?市場規模やメリット・デメリットを解説

帰属意識が低い・個人主義

ミレニアル世代は会社への帰属意識が低く、早期の離職を考える人が多い傾向があると言われています。

会社への帰属意識が低い理由は、リーマンショックの洗礼を受け続けて成人しているからです。非常に厳しい就職氷河期を経て就職した彼らは、会社が永続するわけではないことを理解しています。

そのため、就職した企業で自身のキャリアアップが望めなくなったり、自身の価値観との違いを感じた場合、転職を検討するようになるのです。こうした面を捉えて、ミレニアル世代は個人主義的な考え方を持っていると言われ、会社の力に頼らず自分の能力で生きていくという価値観が強い傾向があります。

恋愛や結婚に執着しにくい

ミレニアル世代は、個人主義の傾向が強く、恋愛や結婚を重視する人が少ないため、恋愛や結婚にあまりこだわらないと言われています。

また、世間的に独身でいることへの抵抗感も薄れており、結婚はもはや選択肢のうちのひとつでしかなく、以前ほど重視されなくなっています。さらに恋愛対象の多様性も尊重されており、異性ではない人とパートナー関係にあるなど、その生き方はさまざまです。

多様な価値観によって、ミレニアル世代は​恋愛や結婚に執着しにくい​と言えます。

社会問題に対しての関心が強い

ミレニアル世代は、社会問題に対しての関心が強い傾向があります。テレビを通じてマスメディアが発信する情報だけではなく、インターネットによって世界中の問題に触れる機会があるためです。

世界中で起こっている政治に関する問題や、人種・性別に関する問題など、さまざまな問題をリアルタイムで目にする機会が多く、社会の動向に敏感であると言えます。また、地球温暖化や世界各地の災害など環境問題に対する関心が強い傾向がある点も特徴です。

多様性の尊重と共感性が高い

デジタル機器やインターネットが利用できる環境で育ったミレニアル世代は、世界にさまざまな人々が暮らしていて、多様な文化や考え方があることを知っています。そして、SNSを利用して多くの人とつながることに慣れているため、共感性が高い人が多いです。

他者に多様な価値観があることを当たり前として受け入れ、仲間とのつながりを大切にするために共感性が高い傾向があるのが、ミレニアル世代の特徴です。

ダイバーシティとは?基礎知識から重要性・効果・課題・取り組み事例を解説

ミレニアル世代の仕事に対する価値観

ミレニアル世代は、ほかの世代に比べて仕事に関する価値観も異なります。ここからは、ミレニアル世代の仕事に対する価値観を詳しく解説します。

多様な働き方を求めると同時に不安も抱える

ミレニアル世代は、自身のキャリアをスラッシュキャリア(職業を一つに限定せず、複数の仕事・活動を掛け持ちながら多方面での活躍を目指す働き方)で考えていることが多いとされています。

しかし、職業を一つに限定しないというキャリア観は、収入の不安定さや将来への不確実性に不安を抱えていることと表裏一体です。収入が不安定で将来に不安を抱えているからこそ、ミレニアル世代は自身のキャリアを複数にして、多方面での活躍を目指していると言われています。

ワークライフバランスを重視する

ミレニアル世代は、仕事とプライベートを厳密に区別せず、むしろ仕事と遊びの両立を目指しています。

そのため、観光地やリゾート地などで働きながら余暇を楽しむ「ワーケーション」や、時間や場所に縛られない「テレワーク」など、仕事とプライベートを両立できる働き方に抵抗がありません。

仕事とプライベートに境界線を設けず、そのバランスをとることを考えているからこそ、ワークライフバランスを重視した仕事観を持っているのがミレニアル世代の特徴です。

ワークライフバランスとは?定義やメリット・使い方や取り組み事例を解説

中長期的なキャリア形成

ミレニアル世代は、中長期的なキャリア形成を見据えているケースが多いです。将来に対する不安感からキャリアアップに熱心である一方で、キャリアアップを収入を上げるための手段であるとは考えていません。

自分自身の市場価値を高めることや、自分のなりたい姿に近づくことに意欲的ではあっても、金銭的な報酬にはあまり関心を持っていないという特徴があります。

収入アップや金銭的なボーナスとは別に、他人を助けるために行動したり、周囲に良い影響を与えたり、情報を共有したり、地域社会や全世界に関わる課題を改善しようという目的のもとでキャリア形成を考えています。

また、マンパワーグループ株式会社の調査によると、ミレニアル世代は持続的なスキル開発の必要性も理解している点が特徴です。実際に、ミレニアル世代の5人中4人が「転職する際は新たなスキルを学習する機会が一番重要な要因になる」と回答しています。

このように、転職も自分のスキルを磨くための場として、キャリア形成の一部に取り込んでいるのです。

[出典:マンパワーグループ株式会社「労働時間の適正な把握 のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」]

時間よりも職務を重視する

ミレニアル世代は職場で何時間働いたかなど、時間をあまり気にしない傾向があります。時間をかけてでも職務を全うするというのがミレニアル世代の仕事観です。

地域社会や全世界に関わる課題の改善を目指すなど、ミレニアル世代は自分の理想を実現するために働いている側面があります。何かを生み出すために努力することを重視するのが、ミレニアル世代の仕事観なのです。

学びに対する熱意が高い・フィードバックを素直に受け入れる

ミレニアル世代は、自身のキャリアについて中長期的な考え方を有しているため、学びに対する熱意が高いという特徴があります。学びのために、周りからのフィードバックを素直に受け入れられる点も特徴です。

ミレニアル世代は「いいね!」文化に代表されるSNS文化に親しんできた世代でもあるので、周りから評価されることに慣れています。そのため、上司の意見やアドバイスは素直に受け入れ、自身の強みをさらに伸ばしたいと考えているのです。

デジタルリテラシーの意味とは?高める必要性や教育方法・低い場合の懸念点を解説

ミレニアル世代とZ世代の特徴的な8つの違いを紹介

ミレニアル世代と次世代のZ世代では、どのような違いがあるのでしょうか。ここからは、ミレニアル世代とZ世代の特徴的な8つの違いを紹介します。

ミレニアル世代は顧客体験にお金を払う

ミレニアル世代は、顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)にお金を払う傾向があります。

ミレニアル世代以前の世代は、製品やサービスの価値に注目してお金を支払っていました。製品の機能が優れているからお金を払う、高級ホテルにお金を払うなどがその具体例です。

しかし、ミレニアル世代は嗜好が異なり、製品やサービスなどを利用して得られる「顧客体験」に対してお金を払います。例えば、どんなに機能が優れていても、使いにくければお金は払わない、おしゃれなデザインでなければお金は払わないといったことが、典型的なミレニアル世代のお金の使い方なのです。

Z世代はミレニアル世代以上に新製品・サービスを求めている

ミレニアル世代がインターネット黎明期だったのに対して、Z世代はインターネットを利用した新サービスがどんどん誕生する時代に生まれています。急速なイノベーションの時代に育ったZ世代は、さらにイノベーティブな製品やサービスを求めているのです。

例えば、Z世代が育った時代は、YouTubeやTikTokをはじめとするコンテンツ視聴プラットフォームが誕生しました。このサービスは、今やミレニアル世代が利用していたビデオレンタルサービスに取って代わるサービスとなっています。

新製品・サービスを求める傾向が強いため、ブランドに対する忠誠心もほかの世代に比べて低いと言われています。

Z世代の方が企業を信頼していない

Z世代は、ミレニアル世代に比べて企業を信頼していない傾向があります。

企業名やブランドなどの社会的価値を重視しないことからもわかるように、企業ではなく自分自身の価値観を信頼しているのです。そのため、商品やサービスにお金を払う際は価値観に共感でき、周囲にシェアしたいと思えるものであれば利用します。

また、Z世代は情報収集の際に企業の公式サイトではなく、​「口コミ/レビューサイト」​や「SNS上の情報」を重視することからも、あまり​企業を信頼していない​と考えられます。

[出典:マンパワーグループ株式会社(PR TIMES)「Z世代が最も信頼できる情報源は「口コミ/レビューサイト」が43.3%で最多 特に購入に迷った際に影響を受けるものは?」]

消費行動はZ世代はコスト削減・ミレニアル世代は体験を重視

ミレニアル世代の消費行動は、すでに説明したように顧客体験を重視したものですが、Z世代はお買い得感の高いコスパの良い商品に魅力を感じる傾向があります。

Z世代は不景気の中で育っており、将来への不安を抱えています。そのため、より保守的になりコスト削減を重視しているのです。一方でミレニアル世代は体験価値を重視しており、価値があると感じられる体験にはお金を払う傾向があります。

デジタル戦略とは?これからの時代を勝ち抜く企業の秘訣やIT戦略との違い

Z世代は店舗での買い物に戻る可能性がある

ミレニアル世代は、オンラインでの買い物に最も慣れ親しんでいる世代です。すでに社会で活躍している世代でもあることから、オンラインでの消費活動はミレニアル世代によって牽引されているといっても過言ではないでしょう。

しかし、Z世代はオンラインでの買い物ではなく、店舗での買い物を重視するようになる可能性があります。

Z世代はミレニアル世代と同様に、SNSといった個人同士がつながる仕組みの中でアイデンティティを築いてきました。しかし、Z世代は動画などを活用してよりリアルな個人と個人がつながることを求めています。

結果として、Z世代はよりリアルな体験を求めて、店舗での買い物に戻っていく可能性があると考えられるのです。

ミレニアル世代はブランドにこだわるがZ世代は自分らしさ

ミレニアル世代は、ブランドに対して愛着がある人が多い一方で、Z世代は自分らしさを表現できるものを消費する傾向にあるのが特徴です。

SNSで共有される写真や動画は、ブランドロゴがあった方がよりアピールにつながります。ミレニアル世代における情報発信とは、自分ではなく文字通り情報を発信することであったのです。したがって、ミレニアル世代はブランドにこだわってきました。

一方で、Z世代はSNSで共有される写真や動画を、自分らしさを表現するためのツールとして捉えています。Z世代にとって情報発信とは、自分らしさの発信を意味しており、自分自身を情報化することで相手に共感を求めているのです。

ミレニアム世代は企業や製品の公式な情報を信用する傾向

前のトピックで、Z世代は企業を信頼していないことを説明しました。企業からの情報発信を真に受けるようなことはせず、企業からの情報発信には批判的な眼差しを向ける傾向がある点がZ世代の特徴です。

一方でミレニアル世代は、企業からの情報発信を比較的ポジティブに捉える傾向があります。まずは企業の情報発信を信頼して、さらにSNSや口コミサイトなどで情報を収集する人が多いと言えます。

Z世代はデジタルネイティブ、ミレニアル世代はデジタルパイオニア

ミレニアル世代は、デジタルの世界におけるパイオニア(開拓時代)として位置づけられ、ソーシャルメディア・インスタントメッセージ・スマートフォン・検索エンジン・モバイル革命をその目で目撃してきました。

一方で、Z世代は、これらのイノベーションをその目で目撃したわけではありません。デジタルネイティブ世代として、さまざまなイノベーションの後に生まれた世代がZ世代です。ミレニアル世代と同様に、Z世代はデジタルの世界に慣れ親しんでいますが、必ずしもデジタルの世界を信頼しているわけではありません。

したがって、商品の購入を決断する際に、まずSNSなどで情報を調べたうえで、十分に納得してから購入する傾向にあります。これまでの世代に比べると決断が慎重であるという点が、Z世代の特徴であると言えるでしょう。

ミレニアル世代へのマーケティングのポイント

現在のマーケティングの世界において、マーケティングの対象となる消費者グループを性別や家族構成で分けることはなされていません。むしろ、世代で分類してマーケティング戦略を立てる方法が主流となっています。

それでは、ミレニアル世代に対してマーケティングを行う際のポイントはどこにあるのでしょうか。ここでは、ミレニアル世代へのマーケティングのポイントを説明します。

SNSを有効活用する

ミレニアル世代は、商品やサービスの情報源としてSNSを積極的に利用しています。

インターネットが発展し、SNSサービスを情報源としてきたミレニアル世代には、商品情報のような公式の情報だけではなく、口コミなどのパーソナルな情報も重要であると認識されています。

したがって、ミレニアル世代に対するマーケティングはSNSを有効活用し、商品情報だけではなく、口コミ情報なども積極的に出していくことが求められます。

モノ消費ではなくコト消費を押し出す

ミレニアル世代にとって、商品やサービスは単に消費するだけではなく、商品やサービスの商品を通して、何らかの体験や経験を得たいと考えています。

そのため、マーケティングのポイントとして、体験欲を刺激して「やってみたい」と思わせるコト消費を押し出すことが大切です。

例えば、スキンケア商品の場合はインフルエンサーやSNSの口コミを活用して、「同じ効果が得られるかもしれない」と体験欲を刺激すると購買につながりやすいでしょう。

共感や拡散を重要視する

ミレニアル世代は、共感性が高いという特徴があります。そのため、マーケティングを行う際は「共感されやすいか」を意識しましょう。

また、ミレニアル世代はSNSでの情報発信に慣れているため、共感できる要素が多ければSNSでの情報発信による拡散が期待できます。拡散によって、より多くのミレニアル世代の共感を得られればマーケティングの成功率もさらに高まります。

ミレニアル世代にはこのような傾向があることを理解して、企業は単なる消費の場を提供するのではなく、体験の場を提供することが重要です。

店舗で商品を販売する場合でも、単に商品を販売すればよいというわけではなく、心地よい接客、おしゃれな空間などを体験・経験してもらうことで、共感や拡散が起きるようにしていく必要があります。

オンライン完結できるようにする

ミレニアル世代は効率を重視する傾向があり、オンラインショッピングを好みます。そのため、商品やサービスを売り出す際はオンラインで完結できるようにすることが大切です。

オンラインであれば、実際の利用者の口コミもその場で確認できます。情報収集から購入までをオンラインで完結できる導線を作れば、より購買につなげられるでしょう。

デジタルコンテンツとは?基礎知識や種類・販売方法について簡単に解説

ミレニアル世代の特徴を掴んでマーケティングに活かそう

ミレニアル世代は購買力が高く、商品やサービスを積極的に消費している世代です。デジタルパイオニアであるミレニアル世代に対しては、オンラインショッピングを有効に活用するなどの工夫をしなければ、商品やサービスを積極的に消費してもらうことは難しいでしょう。

ミレニアル世代の特徴を分析すれば、効果の高いマーケティングがどのようなものかがわかるようになります。世代ごとに特徴を掴んで、マーケティングに活かしていきましょう。

デジタル化の記事をもっと読む

デジタル化の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

人事評価制度が学べるおすすめの本6選|選ぶ際のポイントとあわせて解説

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

ホームページを開設する方法!必要なものや手順・費用をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

ホームページのアクセス解析で分かること|解析後の改善方法やおすすめの解析ツール

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

中途採用者の給与の決め方|決定するまでの流れやトラブル事例について

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

中小企業が新卒採用に苦戦する原因|採用を成功させるポイントや施策を紹介

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

新卒採用スケジュールを策定する際のポイント|事前準備や早期選考のメリット

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

人事評価制度の事例9選|成功事例や評価制度に活用される手法を解説

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

人事評価の不服申し立てへの対応方法|不満の原因や事例・トラブルを防止するポイント

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

シフト管理は誰がやるべき?担当者別のポイントや効率のよいシフト作成のコツ

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

CMSにおける要件定義の考え方とは?成功させる秘訣と選定ポイントを紹介

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS