Z世代とは?何歳から?定義・特徴・由来やX/Y世代との違いを簡単に解説

最終更新日時:2024/03/25

デジタル化

Z世代とは

購買力がある年齢層は、年代によって変わってきています。そして昨今、Z世代が購買力を高めており、マーケティング戦略に悩んでいる方も多いでしょう。本記事では、Z世代の意味・定義や由来、ほかの世代との違いを詳しく解説します。Z世代への効果的なマーケティング方法も紹介するため、参考にしてみてください。

この記事の要約

・Z世代とは、1990年代半ばから2010年代に生まれた世代のこと
・物心ついた時からインターネットやデジタル端末、SNS等に触れているため、デジタルネイティブとも呼ばれている

Z世代の意味・定義とは?

Z世代とは、1990年代半ばから2010年代に生まれた世代のことです。

X世代やY世代に比べて、生まれた時からインターネットやデジタル端末が普及しており、子どもの頃からパソコンやモバイル端末などを使いこなしている点が特徴です。そのため、「デジタルネイティブ世代」と呼ばれることもあります。

SNSにも慣れ親しんでおり、テレビや雑誌ではなくインターネットをメインに情報収集を行い、SNSでのコミュニケーションを重視しています。

また、「マイカー離れ」などの言葉からもわかるように、「モノ」よりも「サービス・経験」などに価値を感じる世代であり、他者と競うよりも自己実現や社会貢献を重視する点も特徴的です。

【解説】世代用語一覧!年齢・呼び方の由来・世代別の特徴について

Z世代は何歳の人を指す?

Z世代とは、1990年代半ばから2010年代に生まれた世代であるため、2024年時点で10代〜20代半ばの人を指します。

これからの社会の中心となる年代であり、今後は労働市場に参入する人が増えていくことから、少しずつ購買力を高めていくと予想されています。

またデジタルネイティブでもあり、インターネットでの発信力が強く影響力も大きいため、Z世代へのマーケティングが重要視されています。

Z世代の由来・語源はジェネレーションZ

Z世代は、アメリカで使われている「ジェネレーションZ」という言葉が由来・語源とされています。

アメリカでは、1960〜70年代に生まれた人を「ジェネレーションX」と呼んでいました。それに付随して、1980年代から1990年代前半に生まれた世代を「ジェネレーションY」、1990年代半ばから2010年代までに生まれた世代を「ジェネレーションZ」と区別するようになりました。

その日本語訳としてX世代、Y世代、Z世代と呼ばれるようになったといわれています。また、2010年以降に誕生した世代は「ジェネレーションα(α世代)」と呼ばれ、Z世代の後続世代として扱われています。

ジェネレーションα(アルファ世代)とは?特徴やZ世代との違いを徹底解説

Z世代に共通している特徴

「デジタルネイティブ世代」とも呼ばれ、インターネットが生活と一体化しているZ世代には、その影響が考え方にも変化を与えています。

ここからは、Z世代に共通している7つの特徴を紹介します。

多種多様な価値観を持っている

Z世代は、インターネットの発展で豊富な選択肢があることに慣れており、選択肢にあるものを目的や状況に応じて使い分ける柔軟性があります。

それは人間関係においても同様で、リアルとSNSを区別して考え、別々の交友関係を築くケースも多いです。この影響で交友関係がほかの世代よりも広く、多様な価値観を持つ人と接する機会に恵まれています。

加えて、人権教育を受けて成長してきた関係でダイバーシティに対する関心が強く、価値観の多様性を受け入れる基盤が形成されているのです。

実際に、ビッグローブ株式会社が2022年に行った「Z世代の意識調査」によると、Z世代の8割が「多様性が大切だと思う」と回答しています。

[出典:BIGLOBE「「多様性は大切だと思う」 8割、「人と競争するのが苦手」7割 BIGLOBEが「Z世代の意識調査」第1弾(価値観・行動編)を発表」]

自分の価値観を重視する

多様な価値観に肯定的であるため、Z世代は自分の価値観も大切にしています。そのため、自分自身が周囲と異なる思考・行動を選択することに抵抗がなく、場の空気や相手の意見に流されず、自分の意志を貫く点が特徴です。

インフルエンサーに対する考え方も異なり、これまでの世代が特定のインフルエンサーを理想像とし、生活の一部を模倣していたのに対して、Z世代は複数のインフルエンサーから共感したポイントを組み合わせて、オリジナリティを追求していく傾向にあります。

承認欲求が強い

Z世代は、SNSを通じた自己表現に抵抗がありません。そのうえでSNSには、フォロワーやいいね機能をはじめとした数値化が施されており、それらの数値が自己表現に対する共感度の指標にもなっています。

そのため、多様性を大切にする一方で、他人からの評価を気にする傾向にあります。SNSの存在で数字を比べられることに慣れてしまい、他人よりも多く数字を取りたいという意欲が芽生え、それが結果的に承認欲求を強めることになっているのです。

オープンなコミュニケーションに慣れている

国、年齢、性別、職業を問わず、多種多様な相手に対して気軽に情報発信できるSNSを扱うZ世代は、オープンなコミュニケーションに慣れています。

日常生活の情報をSNSに日々アップロードするZ世代にとって、コミュニケーションはオープンであり、対等であると考える傾向にあります。

McKinsey & Companyの調査によると、Z世代の約3分の1が1日に6時間以上スマートフォンを使用していることが明らかになりました。1日のうちの多くの時間をスマートフォンに費やし、SNSで多種多様な相手とコミュニケーションを図っているのです。

自分自身の意見を発信することや、多様な価値観を受け入れることに肯定的な世代でもあるため、SNSによるコミュニケーションの気軽さも合わさって、オープンコミュニケーションを好む方が多いようです。

[出典:McKinsey & Company「アジア太平洋地域のZ世代は他の世代とどう違うか」]

仕事に対して「楽しさ」「ワークライフバランス」を求めている

Z世代は、仕事に対して「楽しさ」「ワークライフバランス」を求める傾向があります。

株式会社マイナビが2022年に行った調査によると、仕事の価値観として「楽しく働きたい」と回答した人は38.9%で、年々増加しています。

一方で、企業選択のポイントとして「給料の良い会社」と答えたのは21.4%程度となり、収入だけがあれば良いと考えている割合は低い点が特徴です。

仕事のやりがいが感じられる職場や、仕事とプライベートを両立できる環境の職場は、Z世代の志望先として選ばれやすいといえるでしょう。

[出典:マイナビキャリアリサーチLab「2024年卒大学生就職意識調査」]

社会問題への関心が高い傾向がある

Z世代は、ほかの世代と比べても比較的社会問題への興味・関心が高い傾向があり、ジェンダー・SDGs・政治など、さまざまな問題に対して自分自身の見解を持っています。

実際に、株式会社SHIBUYA109エンタテイメントがZ世代を対象に行った「SDGsと消費に関する意識調査」によると、「社会的課題の解決に対して興味関心がある」と答えた回答者は56.8%と半数以上になりました。

この傾向は、近年の社会的な背景が一つの要因でもありますが、特に大きな要因としてはSNSで気軽に自分の考えを発信できるという点にあります。考えや思いなどを言葉にして周りに発信できる環境が整っているため、日常的な話題としても取り扱いやすく関心が高いのです。

また、SNSを通じて著名人などの考えに触れる機会が多く、ニュースなどだけではなくさまざまな手段で情報を手に入れられるのも大きな要因として挙げられます。

[出典:SHIBUYA109 lab.「Z世代のSDGsと消費に関する意識調査」]

マスメディア離れが顕著である

物心ついた時からSNSやネットに触れてきたZ世代は、テレビをはじめとしたマスメディア離れが顕著に現れています。特に知りたい情報はSNSを利用して収集する習慣が、マスメディア離れに拍車をかけています。

また、マスメディアの場合は知りたい情報だけではなくさまざまな情報があり、スキップなどで気軽に見ることもできません。このような環境から、知りたい情報だけを素早く入手できるSNSが普及しているのです。

デジタルリテラシーの意味とは?高める必要性や教育方法・低い場合の懸念点を解説

デジタル社会に必要な人材と組織とは?現状と実現に向けた課題を解説

Z世代とX・Y・ミレニアル世代の違い

Z世代とX・Y・ミレニアル世代には、生まれた年代以外にも違いがあります。なかでも顕著な違いは、価値観や消費行動です。これは当時の社会情勢や技術レベルにも、大きな影響を受けています。

ここからは、それぞれの世代との違いについて詳細を解説していきます。

X世代との違い

X世代とは、1960年代後半~1980年頃に生まれた世代のことです。特に​1971年〜1974年に生まれた世代は「団塊ジュニア世代」とも呼ばれ、​バブル景気や就職氷河期などを経験しています。

バブル景気の際は未成年だった方が多く、高級ブランドを身に着ける親世代に憧れを抱いている反面、消費行動では機能性やコストパフォーマンスを重視する傾向にある点が特徴です。

特に機能性を気にする点に関しては、情報は足で稼ぐという時代を長く経験していることもあり、短時間で効率的に物事をこなす習慣が根づいていることに起因しています。

Z世代との大きな違いは、情報収集の考え方にあります。物心ついた頃からインターネットが一般化していたZ世代とは異なり、X世代はテレビ放送の黎明期を体験し、パソコンやスマートフォンに触れたのは社会進出以降です。

そのため、広告を見てからリアル店舗で確認するという流れが定着しており、オフラインとオンラインでの情報を区別して考えるのが、X世代の特徴ともいえるでしょう。

X世代とは?年齢や由来は何?世代の特徴や価値観について徹底解説

Y世代との違い

Y世代は、1980年代~1995年頃に生まれた世代です。バブル崩壊やリーマンショックによる就職難を経験し、上昇志向よりも安定志向が強く根づいた世代です。苦境を経験したことで、反骨精神が強い世代ともいわれています。

また、Y世代は安定志向の強さから生活の変化に消極的で、ほかの世代よりも物欲がありません。そのため、製品を所有するモノ消費よりも、体験をベースとしたコト消費を重視します。自分自身が納得できる体験価値を得るためなら、多少の出費は惜しまないのも特徴の一つです。

技術レベルにおいては、Y世代は自分たちの成長とともにパソコンの技術が確立されていった関係で、デジタルパイオニアとも呼ばれます。

デジタルパイオニアであるY世代は、パソコンに対するリテラシーが高いです。インターネットで情報を収集できる習慣が根付いており、企業広告よりも口コミを重視し、その内容に自分自身が納得できるかどうかで購買を判断します。

Z世代との大きな違いは、コミュニケーションスタイルです。動画コンテンツを通じた交流が一般的なZ世代とは異なり、Y世代はメール全盛期を体験しているため、文章でのコミュニケーションに慣れています。

また、集団意識を大切にする時代に育ったことで、自己主張よりも全体のバランスを優先する傾向にあります。

Y世代とは?年齢や由来は?世代の特徴や消費行動について解説

ミレニアル世代の定義

Y世代と混同されるものとして、ミレニアル世代という言葉があります。ミレニアル世代の定義は諸説ありますが、2000年代に成人を迎える世代として、1980年代から1990年代に生まれた世代を指すことが多いです。

Y世代が1980年代から1990年代中盤生まれ、Z世代が1990年代後半から2010年生まれを指すため、ミレニアル世代はその間に位置する世代といえるでしょう。

この世代は、パソコンやスマートフォンなどのITリテラシーが高く、コミュニティとの接点に恵まれていました。多様な価値観やライフスタイルに触れてきたため、人との違いに対する疎外意識がありません。一方で保守的な面を持ち合わせており、リスクや失敗を恐れる意識が強いのも、ミレニアル世代の特徴です。

ミレニアル世代とは?何歳から?特徴やZ世代との違いについて徹底解説

Z世代の次の世代であるα(アルファ)世代について

Z世代の次の世代として、α(アルファ)世代があります。

α世代は2010年〜2020年半ばに生まれた世代で、2024年時点では生まれてすぐの赤ちゃんや14歳頃の子どもを指します。現段階では消費の中心にいる世代ではありませんが、今後はZ世代の次に消費の中心となっていく世代です。

大半が1980年代から1990年代に生まれたミレニアル世代の子どもであり、生まれた頃からスマートフォンなどのデジタル技術が発展しているため、Z世代よりもデジタルコンテンツが身近であるといえます。

Z世代とα世代の違い

Z世代との大きな違いは、withコロナの生活様式が根付いている点です。

Z世代は、コロナ禍よりも前の生活様式が身に付いており、withコロナの生活様式に違和感を覚えた方も多いでしょう。しかし、α世代は物心ついた時からwithコロナの生活様式が当たり前のケースが多く、マスクの装着やオンライン環境での学習などに抵抗がないといえます。

また、α世代は生まれた時からスマートフォンやタブレットが普及しており、小学校では​プログラミング教育​が必修化されています。オンライン授業なども取り入れられているため、Z世代よりもデジタル化が進んでいる世代といえるでしょう。

ジェネレーションα(アルファ世代)とは?特徴やZ世代との違いを徹底解説

Z世代が注目されている理由

Z世代は、マーケティング業界で大きな注目を集めています。しかし、なぜZ世代が注目されているのでしょうか。

ここからは、Z世代が注目されている理由を2つ紹介します。

消費の中心であるため

Z世代は、2024年時点の年齢は10代〜20代半ばと若い傾向がありますが、今後は社会に出て世代全体の収入・支出が増え、消費も活発になると予想されています。

KPMGコンサルティング株式会社が行った「Z世代におけるeスポーツおよびゲーム空間における広告価値の検証事業」によると、世界全体のZ世代の人口は2020年時点で約24%であり購買力は約15兆円です。

特にアメリカにおけるZ世代の購買力は総消費の40%を占める5兆円であり、数年後は22兆円まで成長すると予測されています。

日本国内でも、Z世代はゲーミングPCなどの高額商品を購入する人が多く、Z世代へのマーケティングや広告戦略が重要視されているのです。

[出典:KPMGコンサルティング株式会社「Z世代におけるeスポーツおよびゲーム空間における広告価値の検証事業」]

発信力が高いため

Z世代は、幼い頃からSNSが身近な存在であり、不特定多数の人に対して情報を発信することに抵抗が少ない点が特徴です。

SNSを通して自分の意見やさまざまな情報を発信することに長けており、なかにはインフルエンサーとして情報発信に特化した人もいます。

近年ではZ世代のインフルエンサーを起用して、商品紹介やレビューを行ってもらい、集客や販売促進につなげている企業も多くあります。

このように、Z世代の発信力を利用すれば企業や商品、サービスの情報を拡散することが可能なため、広告塔として注目されているのです。

Z世代への効果的なマーケティング方法

Z世代はデジタルネイティブ世代であり、従来のマーケティング方法が通用しないことがあります。ここからは、Z世代への効果的なマーケティング方法を4つ紹介します。

SNSマーケティング

デジタル端末に慣れ親しんでいるZ世代へのマーケティングは、SNSの活用が欠かせません。なぜなら、SNSから情報収集をするZ世代も多く、商品の認知度向上や販売促進につなげられる可能性が高いからです。

特に、実際の利用者の口コミが掲載されていると興味を持ってもらいやすため、SNSを活用してユーザーとの距離を縮めて親近感を持ってもらい、ユーザーの声を集めるようにしましょう。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーによる情報発信は、Z世代に大きな影響を与えています。

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントがZ世代を対象に行った調査によると、全体の約60%に「インフルエンサーの紹介商品の購入経験がある」ことがわかっています。また、購入の理由としては「インフルエンサーの紹介がわかりやすいから(29.5%)」が最も多い結果となりました。

活躍するインフルエンサーはZ世代と年齢が近いこともあり、同じような悩み・テンションで商品紹介を行うため、より効果的な施策になっていると考えられます。

また、インフルエンサーが紹介する商品やサービスなどは受け入れられやすい傾向があり、有効な手段として注目されています。

[出典:SHIBUYA109 lab.「Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査」]

体験型コンテンツ

Z世代は、「モノ」よりも「サービス・経験」などに価値を感じることが特徴です。そのため、オンライン上でのキャンペーンやライブ配信などの体験型コンテンツを活用したマーケティングも注目されています。

現実世界での体験も重要視していることから、オフラインでのイベントの開催も効果的です。

Z世代が楽しめる体験型コンテンツは、SNSなどからも口コミが広がって注目を集めるようになるでしょう。

動画コンテンツ

Z世代は​TikTokやYouTubeなどの利用頻度が高いため、動画コンテンツも効果的です。​

例えば、Youtubeでは動画の再生中に広告動画が流れますが、気になる広告であれば最後まで見たり、検索してさらに情報を集める人も多くいます。

また、​​Instagramのストーリーズ広告も注目度が高く、Z世代の男性は49.6%、女性は32.5%が動画広告・PR投稿などから商品の購入経験があるようです。

Z世代はタイムパフォーマンスを重視するため、動画コンテンツを作成する際は短い動画で商品・サービスの魅力が伝わる構成を意識しましょう。

[出典:SHIBUYA109 lab.「Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査」]

Z世代と関わる上で重要なポイント

Z世代とうまく関わるためには、いくつかの重要なポイントがあります。ここからは、Z世代と関わる上で重要なポイントを3つ紹介します。

価値観や考え方を否定しない

Z世代は、多種多様な価値観・考え方を持っていて自分の価値観を大切にしているため、否定しないことが大切です。

価値観や考え方を否定してしまうと、人格が否定されたと捉えられてしまい、心を閉ざされる恐れがあります。そのため、傾聴の姿勢で相手の話に耳を傾けて、理解する姿勢を見せましょう。

適度に距離感を保ってコミュニケーションをとる

Z世代は、自分らしさやプライベートの時間を大切にしています。そのため、距離感を詰めすぎたりプライベートに入り込みすぎたりするのは避けましょう。

特に、無意味な残業や休日出勤など、プライベートの時間を拘束されることを嫌う傾向があります。Z世代が自分らしく過ごせるように、適度に距離感を保ってコミュニケーションをとるように配慮することが大切です。

失敗を過度に指摘しすぎない

Z世代はほかの世代に比べると保守的で、失敗を恐れやすい傾向です。そのため、Z世代の失敗を過度に指摘しすぎると大きなショックを受けて、積極的に物事に関わらなくなる可能性があります。

何か失敗してしまった場合でも失敗を責めるのではなく、原因を分析して解決策を導き出せるようにサポートしましょう。

Z世代の特徴を理解し適切なコミュニケーションを

Z世代は、​デジタルネイティブの側面を持ちながらマルチチャネルを柔軟に使い分けるだけでなく、ときにはデジタルとアナログの垣根を越えて、多角的に購買を判断するほどの慎重性を有しています。​

また、「モノ」よりも「サービス・経験」などに価値を感じ、コト消費をさらに深掘りしたイミ消費・トキ消費を重視する点も特徴です。Z世代に向けてマーケティングを行う場合は、特徴や性質を理解し、マルチチャネルの活用やストーリー設計などの工夫を通じて、有効な戦略を立てていきましょう。

日本のデジタル化はなぜ遅れてる?根本的な原因や今後の課題と対策について

デジタルビジネスとは?成功の鍵やデジタル活用を阻害する要因について

日本におけるデジタル化の歴史とは?現在までの歩みを簡単に解説!

デジタル時代の到来による変化とは?備えておくべき最低限の知識を解説

デジタルデバイドとは?意味や具体例・懸念される社会的問題を解説

デジタルデバイドが若者にもたらす影響とは?原因や懸念される問題について

デジタル化の記事をもっと読む

デジタル化の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

人事評価制度が学べるおすすめの本6選|選ぶ際のポイントとあわせて解説

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

ホームページを開設する方法!必要なものや手順・費用をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

ホームページのアクセス解析で分かること|解析後の改善方法やおすすめの解析ツール

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

中途採用者の給与の決め方|決定するまでの流れやトラブル事例について

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

中小企業が新卒採用に苦戦する原因|採用を成功させるポイントや施策を紹介

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

新卒採用スケジュールを策定する際のポイント|事前準備や早期選考のメリット

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

人事評価制度の事例9選|成功事例や評価制度に活用される手法を解説

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

人事評価の不服申し立てへの対応方法|不満の原因や事例・トラブルを防止するポイント

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

シフト管理は誰がやるべき?担当者別のポイントや効率のよいシフト作成のコツ

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

CMSにおける要件定義の考え方とは?成功させる秘訣と選定ポイントを紹介

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS