文書管理システム導入後の失敗する原因!失敗例からわかる成功へのカギ

最終更新日時:2023/10/12

文書管理システム

文書管理システムに失敗する原因

文書管理を効率化するため、多くの企業で導入されている文書管理システム。しかし、その導入の裏にはさまざまな失敗事例があることをご存知でしょうか。本記事では、文書管理システム導入後の失敗要因について、失敗例から成功のポイントまでを徹底解説していきます。

文書管理システムの導入に失敗する原因

文書管理システムの導入は多くの企業にとって重要です。しかし、正しい手法を採用しないと、導入に失敗することもあります。失敗の主な原因を探ると、どのような点が浮かび上がるのでしょうか。

自社の課題を把握できていない

文書管理システムの導入にあたって行うべきことは、自社における課題の把握です。課題を明確にせずにシステムを導入すると、機能や特性が実際の業務フローに合致しない可能性が高まります。

自社の真の課題をきちんと把握しないまま導入すると、システムの活用度が低下し、結果として導入失敗の大きな要因となるのです。

文書管理の課題とは?リスクや課題解決のポイント・おすすめのシステムを紹介

現場との問題意識のずれが生じている

文書管理システムを導入する際、システム部門や管理者の視点だけで決定すると、現場の要望やニーズと大きなずれが生じるリスクがあります。

決定権を持つ層と現場とのずれは、コミュニケーション不足に起因することが多いのです。正確なシステム導入のためには、現場の声をきちんと取り入れることが欠かせません。

自社に必要な機能が搭載されていない

文書管理システムには様々な機能が搭載されていますが、企業によって必要な機能は異なります。コストや操作性などを重視してしまい、機能を把握しておかないと導入が無駄になってしまうリスクがあるので注意が必要です。

そのため、どのような機能が搭載されているのかを導入前の検討段階で明確にしておきましょう。

文書管理とは?仕事内容や目的・業務効率化の仕組みを解説!

文書管理システムの導入に失敗しないためのポイント

文書管理システム導入の成功は、企業活動に欠かせない要素です。どのような要点を押さえれば失敗を避けられるのでしょうか。

文書管理における自社の課題を明確にする

文書管理システムの導入を成功に導くため、自社の文書管理に関する課題を正確に把握しましょう。課題が明確になれば必要な機能がわかり、どの製品を選ぶべきかも見えてきます。既存の文書管理でどのような手間や問題点が生じているのかを深堀りすることが必要です。

また、将来的な業務の拡大や変化を見越した課題も考慮すれば、長期的なビジョンに合ったシステムを導入可能です。課題を具体的にすることで、システムの要件定義が明確になり、ベンダーとのコミュニケーションもスムーズに進めることができるでしょう。

文書管理システムの機能を理解する

提供される機能を深く理解することは、文書管理システムの導入成功に不可欠です。各システムは異なる特長や機能を持っているため、各機能の役割を知ることで、自社の課題を解決できるかも判断できます。

単に高機能であるからといって選ぶのではなく、搭載機能が自社の業務フローに合っているかを検討する必要があります。文書管理システムの代表的な機能を理解することは、適切なシステム選定のための第一歩です。

【2023年最新】文書管理システムおすすめ12選比較!失敗しない選び方のポイント

マニュアルの整備や研修を実施する

文書管理システムの効果を最大限に引き出すためには、従業員が正しく効果的に使用できるようサポートを行わなくてはなりません。ここで重要となるのが、詳細なマニュアルの整備と研修の実施です。システムの基本的な操作からトラブルシューティングまで、幅広い内容を網羅したマニュアルを整備しましょう。定期的に更新し、常に最新の情報を提供するようにしましょう。

なお、研修の際には具体的な業務シーンを想定したケーススタディを取り入れると、さらに効果的です。

文書管理で必要なルール作りのポイント|失敗しない運用方法も紹介

文書管理マニュアルの作り方!重要なポイントとマニュアル作成におすすめのツール

文書管理システムを選ぶ際のポイント

文書管理システムの選択は、業務の効率化と情報管理の最適化に直結します。適切な選定を行うためのキーとなるポイントを以下に詳しく述べます。

検索機能が優れているか

文書管理システムを使用する主な目的の一つは、必要な情報や文書を迅速に取り出せるようにすることです。このため、検索機能の性能は非常に重要となります。優れた検索機能を持つシステムでは、キーワードの部分一致やフレーズ検索、タグ検索など、多角的な方法で情報を絞り込むことが可能です。

システム選定の際には検索機能が充実しているかを確認するほか、無料のトライアル期間の中で機能を試しておくと良いでしょう。

セキュリティ対策に優れているか

文書管理システム内には、企業の重要な情報や機密情報が格納されることが多いため、セキュリティ対策の徹底は必須となります。システムを選ぶ際も、強固なセキュリティ機能が実装されているか確認しましょう。情報漏洩リスクの低減とともに、企業の信頼性を保つためにも重要です。

具体的には、データの暗号化、アクセス権限の細かな設定、二段階認証、不正アクセス検知システムなどの機能があるかを確かめてください。また、システムのアップデートやパッチの適用が定期的に行われ、新たな脅威に対応できる体制であるかもチェックポイントとなります。

誰でも利用できる操作性か

文書管理システムを導入する際、操作性は極めて重要な要素の一つです。多様な職種や年齢層のスタッフが利用することを想定し、直感的でわかりやすい操作性が求められます。操作が複雑であれば正確な情報管理が困難になるばかりか、従業員の業務効率が低下するリスクも生じます。

シンプルで視覚的にわかりやすいインターフェースや、明瞭な操作ガイドを備えるシステムを選ぶことが、全員がスムーズに文書管理を行える鍵となります。

文書管理を効率化させる方法とは?複雑化する原因と改善の秘訣

文書管理に失敗しないためのおすすめのシステム

文書管理の効率化と成功を実現するため、おすすめのシステムを3つ紹介します。機能や料金プランなどに注目し、導入の参考にしてください。

MyQuick

MyQuickは、資料の厳重な保管はもちろん、検索や管理を楽にする文書データベースの構築が可能です。

文書の分類を多岐にわたり設定できるため、検索シチュエーションを想定したカスタマイズが行えます。よく使う検索条件を保存しておけば、求める情報がある場合にプッシュ通知にて発見可能です。電子契約サービスとの連携で契約情報までも管理でき、文書管理のさらなる効率化を促すでしょう。

提供元インフォコム株式会社
初期費用■MyQuickクラウド
  • スタータープラン:無料
  • スタンダードプラン:33万円(税込)
  • プレミアムプラン:要問い合わせ

■MyQuickオンプレミス版サブスクリプション

  • 要問い合わせ
料金プラン■MyQuickクラウド
  • スタータープラン22,000円(税込)/月
  • スタンダードプラン:77,000円(税込)/月
  • プレミアムプラン:要問い合わせ

■MyQuickオンプレミス版サブスクリプション

  • 16万5,000円~/月
導入実績約900社
機能・特徴資料の保管、記録・証跡の管理、電子契約サービスと連携、検索機能、期限管理の省力化など
URL公式サイト

楽々Document Plus

楽々Document Plusは、ISO文書管理や電子帳簿保存法に対応するなど、現代ニーズを反映した機能が豊富に搭載されているのが特徴です。

また、属性項目による絞り込み、専用ビューワによる高速表示の対応で欲しい情報へ即座にアクセスできる検索性の高さも強みと言えるでしょう。

提供元住友電工情報システム株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績800社(※2023年2月時点)
機能・特徴全文検索とビューワ、フォルダツリーと文書表示、ワークフロー、契約書管理、電子契約サービス連携、ISO文書管理、ファイルサーバ共有など
URL公式サイト

PATPOST

PATPOSTは、AI-OCRによる書類の自動分類機能を搭載し、書類を登録するだけで整理が容易に行えるのが強みです。

AI-OCRは、アップロードした書類の全文を自動的に読み込みます。仕分けや項目の抽出までもが自動化できるため、手入力の手間を極限まで省くことが可能です。また税理士との情報共有もできることから、請求書や領収書を登録するだけでやり取りが簡略的になるでしょう。

提供元オリックス株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プランエコノミー:1,078円(税込)/月/1ID

※契約期間は1年、支払いは年払いのみ。3IDから契約可能

機能・特徴アップロードしたフォルダやファイルを簡単に検索、書類種別問わず電子帳簿保存法に対応、税理士・会計事務所や取引先とキャビネット共有など
URL公式サイト

失敗例を参考にして文書管理システムの導入を成功させよう

文書管理システムを導入する際には、失敗の原因となるさまざまな事柄を排除し、システム導入前に準備を徹底しておく必要があります。課題の明確化と必要な機能の絞り込み、セキュリティや操作性にまでこだわって最適な製品を選びましょう。失敗要因の理解と正しい対処方法を知れば、自社に合う文書管理システムの導入が実現できるのです。

文書管理システムの記事をもっと読む

文書管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

見やすい在庫管理表とは?エクセル・手書きでの作り方やおすすめの無料テンプレート

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

チャットボットの正答率はどのくらい?向上させる方法や平均値を解説

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット