ERPとBPRの違い・関係性とは?導入時のポイントと併せて解説!

2023/10/30 2023/10/31

ERP(基幹システム)

ERPとBPRの違い

ERPやBPRなどの経営管理に関わる業務をシステムで効率化する企業が増えています。しかし、そもそもの違いを把握していなければ、ERPやBPRを取り入れたマネジメントやシステム化による最適な効果は得られません。今回は、ERPとBPRの違いについて、関係性や導入時のポイントを紹介します。

BPRとは?

BPR(Business Process Reengineering)とは、ビジネスプロセスの抜本的な再設計を意味する用語です。「抜本的」であることが、単なる業務改善と異なる点であり、企業の運営効率や競争力を向上させるために、業務プロセス全体を根本的に見直し、最適化する手法を指します。

具体的な取り組みとしては、業務プロセスの再設計、組織再編、ITの活用など、さまざまですが、いずれも競争力の強化や生産性・業績の向上などを目的に行われています。

BPRが注目されている背景

近年、BPRが注目されている背景には、働き方改革の推進やワークスタイルの変化が大きく関係しています。

長時間労働の是正や労働生産性の向上といった働き方改革を進めるには、より効率的で無駄のない働き方を実現するための業務プロセスの見直しが必要となるでしょう。

見直しの過程においては、業務プロセスを可視化して無駄な工程を排除し、人でなくてもできる作業には、積極的にITツールを適用して生産性を上げるなどの取り組みが図られます。これらの業務改革が、まさにBPRの取り組みなのです。

また、進化したITツールによって、あらゆる業務プロセスの自動化や効率化が可能となり、抜本的なビジネスプロセスの見直しがしやすくなったことも、注目度を高めた一因であると考えられます。

BPR(業務改革)とは?意味や業務改善との違い・進め方をわかりやすく解説

ERPとは

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業の経営資源を一元的かつ効率的に計画・管理するための経営手法です。また近年は、ERPの業務をシステム化できる、ERPシステムを指す用語として使われるケースも増えています。

ERPは、企業のヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を適切に管理することで、経営効率を向上させるために行います。そのため、ERPシステムには、販売・生産・在庫・財務・労務といった基幹業務の管理や情報共有を統合的にサポートする機能が搭載されており、管理が一元化されると同時に、情報の共有性を高めることができるのです。

特に大企業や複数の拠点を持つ企業においては、情報の一元管理や業務の最適化を求めるニーズが高まっており、ERPの導入が進められています。

ERPとは?意味や基幹システムとの違いを簡単にわかりやすく解説

【2023年最新】おすすめのERP徹底比較!大企業・中小企業向けで紹介!

ERPとBPRの関係性・違いについて

ERPとBPRはどちらも経営手法の一種ですが、BPRは、業務プロセスそのものに対して見直しを行うものであり、ERPは、経営資源を管理するために行われるものです。そのため、目的が大きく異なります。

ただし、BRPを実行するには、ERPの視点が欠かせず、さらにはBRPが実行されることによって、経営資源がより最適化されることもあるなど、相互に影響を与え合う関係性にあります。

BPRの実現には、ERPが欠かせない

ERPとBPRは、密接な関係にあることから、BPRのための一つの手段としてERPが導入されることもあります。

BPRにおける業務プロセスの改革を実現するためには、業務を正確に把握するだけでなく、企業が持つリソースも把握しておかなくてはなりません。そこで役立つのがERPです。ERPによって、集約された経営資源の情報をもとに、適切な業務プロセスの再設計が、効率よくできるようになるのです。

そのため、ERPの導入を検討する際は、BPRを意識したうえで検討することで、ERPの利点を深く引き出せるでしょう。

BPRを成功させるポイント

BPRの成功は、業績や生産性の向上、人手不足の解消など多くのメリットを生み出します。

そこで、どのような点に気をつけて行うべきなのか、BPRを成功させるためのポイントを見ていきましょう。

BPRを実施する目的を明確にする

BPRを実施する目的の明確化は、プロセスを再設定するうえでの軸となります。

BPRの目的は、業務の効率化や顧客満足度の向上、コスト削減、新しい市場への参入など、企業によってさまざまです。目的・目標が明らかになることで、業務プロセスのどの部分を変更すべきか、どのような新しい技術や方法論を導入すべきかの判断基準ができ、意思決定が的確かつ迅速になります。

目的に応じて取り組みの優先順位をつけると、より効率的にBPRを推進できるでしょう。

目的に対して共通認識を持つ

明確にした目的は、BPRを進める中での行動や判断の基準となることから、関係者全員に共有し、齟齬なく認識できている状態を作ることも大切です。

目的や目標は文書化していつでも確認できるようにしておくのはもちろん、事前のワークショップやブリーフィングセッションなどを丁寧に行い、関わるメンバー全員の目的に対する解像度を高めておきましょう。

実施後の分析・改善を継続する

BPRで業務プロセスを変更したら、定期的に効果を分析し、さらなる改善を行いましょう。

業務プロセスの在り方は、市場環境や組織体制の変動によって常に「最適」が変化します。今、最適なプロセスであっても、永続的にそのプロセスが通用するとは限りません。

プロセスと成果を定期的にモニタリングし、有効なプロセス、逆に効率が下がってしまったプロセス、そして、その原因などを検証し、次のステップにつなげることが大切です。

特にKPIの設定による定量的な効果測定は、BPRを評価する重要なツールとなります。成約率や受注数など、わかりやすい数値目標をもとにBPRの分析と改良を繰り返していきましょう。

ERPとBPRの違いを把握して導入効果を高めよう

ERPとBPRは、共に企業の業務効率や生産性を向上させるための重要な手段です。

ERPは情報システムを中心とした経営資源の一元管理を目指すものであり、BPRは業務プロセスそのものの再設計を目的としています。ERPとBPRの関係性を正しく理解し、BPRの手段としてERPを適切に活用することで業務効率の向上やコスト削減の効果の最大化を目指しましょう。

ERP(基幹システム)の記事をもっと読む

ERP(基幹システム)の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

返済不要な資金調達の方法!特徴やメリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のワイヤーフレームの作り方|作成手順やテンプレート

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達