医療業界でERPが重視されている理由|事例やおすすめの製品を解説

2023/11/01 2023/11/01

ERP(基幹システム)

医療業界のERP

ビジネスシーンではよく耳にする「ERP」。昨今は病院や医療機器メーカーなどの医療業界においても業務効率化が期待できるとして注目されています。本記事では、医療業界でERPが重視されている理由や導入するメリットを解説します。ERPの導入事例やおすすめ製品も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

医療業界でERPが重視されている理由

ここでは、なぜ医療現場や医療機器分野でERPが注目されているのか、その理由について解説します。

医療データを正しく管理するため

医療業界におけるデータの管理は極めて重要です。病院やクリニックでは、患者の健康情報や治療の履歴、薬の処方情報など、多岐にわたるデータが日々生成されます。これらのデータは患者の診断や治療計画の作成、さらには医療機関の運営や経営戦略の策定にも不可欠です。

不正確なデータや情報の漏洩は、患者の生命に関わるだけでなく、医療機関の信用失墜をもたらすリスクがあります。ERPを活用することで、データの一元管理や効率的な情報共有、セキュリティの向上させることが可能です。

複雑な医療業務を効率化するため

医療業界では、患者の受付から診療、手術後のフォローアップに至るまで、各段階での正確性と迅速性が求められています。このような業務を手動で一つ一つ処理することは、現場の職員の負担となるだけでなく、人為的なミスが発生するリスクも高まります。

こうした課題への解決策としてERPを活用することにより、情報の入力や共有が効率化されて業務の自動化や最適化が実現されます。その結果、医療スタッフの作業負担が軽減し、患者に対して迅速かつ適切な医療サービスを提供することが可能です。

福祉の現場との連携を円滑にするため

共働き家庭が増えたことにより、退院後の高齢者は福祉施設に入所するケースが増えつつあるのが現状です。その際、看護師やソーシャルワーカーが施設の職員と情報共有しながら入所手続きを行います。しかし、入所までには事前面談や受入日の日程調整を行う必要もあり、担当する職員の大きな負担となっています。

従来の手法では、情報共有の遅れやミスが発生することがありましたが、ERPを導入して情報を一元的に管理することで、必要なデータをリアルタイムで共有できるようになります。そのため、入所の準備にかかる手間やコストの削減にもつながるでしょう。

ERPとは?意味や基幹システムとの違いを簡単にわかりやすく解説

ERPのメリット・デメリット|目的や導入の流れを紹介

医療業界にERPを導入することで得られる効果

ERPを導入することで、医療業界の情報管理における課題を解決することが可能です。ここからは、具体的にどのような効果が期待できるのかを解説します。

データを一元管理できる

医療の現場では、患者のカルテや受診履歴、検査結果などさまざまな情報を管理する必要があります。これらの情報は、分散して管理されるとアクセスや更新が難しくなり、業務効率の低下や誤った判断を招くリスクが高まります。

ERPを導入することにより、これらのデータを一つのプラットフォーム上で一元的に管理することが可能です。その結果、必要な情報へのアクセスがしやすくなるだけでなく、データの重複入力などによる作業負担を軽減することもできます。

スピーディーな情報共有ができる

医療の現場では、迅速な意思決定が求められる場面が日常的に発生します。とくに一人の患者が一日に複数の診療科を受診する場合などは、スピーディーな情報共有を行うことが重要です。しかし、医療現場では基本的に口頭や書面での情報共有が多いため、情報の伝達に時間と手間がかかっていました。

ERPを活用することで、リアルタイムでの情報共有が可能になり、最新のデータを元に適切な判断やアクションを取ることができます。また、システム上での情報共有は、口頭や書面での伝達ミスを大幅に減少させ、より確実なコミュニケーションを実現します。

在庫状況を正確に管理できる

医療機関では、医薬品や医療機器の在庫管理も重要な業務の一つです。とくに医薬品などの使用期限は厳格な管理が必要となるため、多くの時間と手間を要していました。

ERPを導入することで、在庫状況を正確かつリアルタイムで管理することが可能となります。その結果、過剰な在庫を抱えたり不足するといったことがなく、必要な物品を適切なタイミングで手に入れることができます。ERPで在庫管理を効率化することにより、現場の職員の負担軽減や医療サービスの向上につながるでしょう。

クラウドERPとは?種類や比較ポイント・導入するメリットとデメリット

医療業界向けおすすめERP製品2選

ここからは、医療業界で高評価を受けているERP製品を2つ紹介します。

SAP S/4HANA Cloud

SAP S/4HANA Cloudは、世界的に認知度の高いERP製品の一つです。AIやRPAなどの機能を利用でき、医療機関でも業務の効率化と迅速な意思決定が可能となります。

また、クラウドベースのため、導入やアップデートが容易で、最新のテクノロジーを常時活用できるのが大きな強みです。安全性や規模の拡張にも対応しており、大病院から小規模クリニックまで、幅広い医療機関で利用できるでしょう。

提供元
SAPジャパン株式会社
初期費用
要問い合わせ
料金プラン
要問い合わせ
機能・特徴
・独自のブレークスルーを実現
・限りない成長を実現
・自信を持って本稼働を開始
URL
公式サイト

GRANDIT

GRANDITは、日本国内での導入実績が豊富なERP製品として知られています。柔軟な導入形態に対応していて、企業だけでなく医療現場でも利用されています。

データの一元管理から在庫の細やかなコントロールまで、包括的なサポートが可能です。また、導入に関するサポートも整っており、医療従事者が迅速にシステムに慣れることができるでしょう。

提供元
GRANDIT株式会社
初期費用
要問い合わせ
料金プラン
要問い合わせ
機能・特徴
・完全WEB-ERPで展開する、卓越した操作性と運用性
・優れた総合力と拡張性を保持。導入の組み合わせは自由
・幅広い企業規模や業種に対応するすぐれたフレキシビリティ
URL
公式サイト

医療業界におけるERPの導入事例

最後に、ERPを導入した医療法人爽神堂 七山病院の事例を紹介します。

昨今、医療業界では人事労務の管理の強化が求められていることから、入退社処理などに関する人事情報の一元管理を実現したいと考えていました。これまでは紙や給与システムなどで管理され、人事情報が散在していたそうです。

同院では、ERPの導入により、人事情報の一元管理を実現し、情報管理にかかる負担を軽減することに成功しています。その結果、人事部門担当者の事務作業の時間が短縮されました。また、人材の考課履歴や各種スキルもシステムで管理することで、人事考課の公正な判断が行えるようになっています。

[参照元:GRANDIT株式会社「医療法人爽神堂様 導入事例」]

ERPを導入して成功した事例!導入に失敗しないための秘訣

ERPを導入し医療の質向上を目指そう

医療現場でERPを導入することで、異なる診療科間での情報共有や医療機器の在庫管理などの業務が効率化されます。

ERPは企業のあらゆる資源を一元管理するものですが、医療業界で活用することも可能です。本記事で紹介した製品や事例を参考に、自社に最適なシステムを選びましょう。

ERP(基幹システム)の記事をもっと読む

ERP(基幹システム)の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール