予算管理の精度を向上させる方法とは?シミュレーションの考え方

最終更新日時:2023/02/02

予算管理システム

None

予算管理の精度が低いと、正しい予算編成や管理ができません。この記事では、予算管理の精度が低い企業に起きるリスクと原因、さらに精度を向上させる方法や精度を高めるためのシミュレーション機能、シミュレーションができるシステムを紹介しています。

予算管理の精度が低い企業に起きるリスク

予算管理の精度が低い企業は、以下3つのようなリスクを抱えています。

(1)正しい経営方針を決定できない

予算管理の本来の目的は、予実差異が発生する原因を発見し改善することで、経営をよりよい方向へと導くことです。しかし、予算管理データの精度が低ければ、当然正しい原因を究明できません。

的外れな原因に対して対策を講じても、本来の課題を解決できていないため、思ったような予算管理の効果は得られないでしょう。

予算管理と予実管理の違いとは?考え方や具体的な手順を解説!

(2)各部門の行動目標を決められない

予算管理の精度が低ければ、「どの部門にどの程度の予算が必要なのか」「予算をどういった割合で各部門に振り分けるのか」など、正しい判断ができず、各部門との予算調整が難しくなります。

その結果、本当に予算が必要な部門であっても経費が削減され、無茶な目標になるケースもみられます。

目標が現実的でなければ具体的な行動施策を考えにくく、一部の社員の負担が増える可能性も考えられるでしょう。

(3)予算管理部門への負担が大きい

予算管理の精度が低い場合、入力項目が多かったり自動化できる業務が少なかったりするなど、予算管理システムそのものが効率化されていないことがあります。

結局、手作業や入力ミスが多ければ、管理部門による修正や確認が必要など、業務フローは非効率なままです。

こういった傾向から、予算管理システム導入後であっても予算管理の精度が向上しないという問題につながっています。

予算管理はどの部署の仕事?各部門の担当者の予算策定についても解説

予算管理の精度が低い原因とは

予算管理の精度が低い際に考えられる原因を5つ紹介します。

(1)入力しているデータ自体が誤っている

予算管理の精度が低い原因の1つ目として、そもそも入力しているデータ自体が誤っている可能性があります。入力されているデータが誤っていれば、当然適切な予算管理はできません。

そのため、データを入力する際は正確な数値であるかを確認するほか、最新のデータを定期的に入力することが大切です。

(2)予算管理表への入力ルールが定まっていない

2つ目に、予算管理表への入力ルールが決まっておらず、各自自由にデータを入力するため、統合性がとれないことが挙げられます。

そのため、入力する項目やタイミングなど、予算管理表への入力ルールを決めることが大切です。

明確な入力ルールを定めるには、予算管理の精度を向上させるにはどういった項目やタイミングでデータを入力すればよいのかを検討する必要があり、最終的なルールが決まるまでには時間がかかるかもしれません。

ただ、一度ルールを定めてしまえば、社員も入力に迷うことなく、データの統合性もとれます。したがって、予算管理表における入力ルールの明確化は必要不可欠でしょう。

予算管理と財務の関係は?管理会計と財務会計との違いについても解説

(3)営業が受注結果などを入力していない

3つ目に、Excelを含む操作性の悪いシステムを使っている場合、入力自体が面倒になり後回しにされることで、適宜管理できないことが挙げられます。最新の情報が入力されなければ、正しい予算管理は不可能です。

そのため、担当者にとって入力が面倒にならないような、操作性の高いシステムを選ばなければなりません。

また、「受注してから○日以内に入力する」「毎日○時には更新作業を行う」など、担当者の入力を促す工夫も必要でしょう。

予算管理の具体的な業務や必要なスキルとは?企業における重要性も解説

(4)無理な予算を設定している

4つ目に、無理な予算を設定していることが挙げられます。例えば、夏の売上が高い商材を扱っていて、冬の予算編成をする際に夏のデータを参考にしてしまうと、かなり無理のある予算設定になってしまうでしょう。

そのため、季節によって売上が大きく変動する場合、季節要因を考慮して予算編成を行う必要があります。

過去のデータをもとに予算編成を行う際は、参考にするデータに季節やイベントなどの外部要因がなかったかを確認することが大切です。

外部要因に影響されることが予想できていれば、その影響も視野に入れた予算設定をしましょう。

予算管理の企業における意義や重要性とは?具体的な効果も合わせて解説

(5)予実管理を定期的に行っていない

5つ目は、予算編成や予算計画を行うだけで、実績の管理ができていないことが挙げられます。

予算管理では予算の編成や計画を立てたあとも、実績がともなっているのかを比較し、目標に足りていないのであれば、その都度改善を行う必要があります。

しかし、予算編成を行うだけで実績が入力されておらず、予実差異が放置されてしまうと、予算管理の意味がありません。そのため、予算編成後も定期的に実績と照らし合わせ、予実差異が発生すれば迅速に対応・改善することが大切です。

予算管理の精度を高める方法

予算管理の精度を高めるには、以下3つの方法が挙げられます。

(1)予算管理をシステム化する

予算管理をExcelで行っている企業は少なくありません。しかし、Excelでの予算管理は入力だけでなく情報の管理や検索にも時間と手間がかかり、正しく管理できない可能性があります。

そのため、予算管理システムを導入することによって、精度を高めるという方法が挙げられます。

予算管理システムでは各部門の予算を一元管理できるだけでなく、実績の状況をリアルタイムで共有可能です。データ入力の項目も自社に最適なものへとカスタマイズできる機能があれば、担当者の入力負担も最小限に抑えられます。

このように、予算管理システムの導入は予算管理の効率化だけでなく、担当者の負担軽減にもつながるのです。

【2023年最新】おすすめ予算管理システム16選!機能や費用を徹底比較

(2)予算管理システムのシミュレーションで予算編成を見直す

予算管理システムには、予算計画のシミュレーション機能が備わっているものがあります。

予算編成を行う際は、原料費・労務費などの原価や季節、為替レートなど、経営に影響するさまざまな要素が変動することを想定しなければなりません。

そのため、さまざまな条件で数パターンのシミュレーションを行い、予算編成が実効性のあるものなのか見直すことが大切です。

(3)月次など定期的に予実管理を行う

実効性のある予算編成ができても、実績がともなうとは限りません。そのため、予算と実績を比較する予実管理を定期的に行うことが大切です。

ただ予実管理を行うと決めるだけでは、実績の入力漏れがあったり分析が後回しになったりするなど、予実差異が放置されてしまう可能性があります。

予実差異は、いち早く発見し改善することで、予算目標の達成に近づきます。したがって、月次や四半期など予実管理のタイミングを決め、予実差異があれば迅速に対応できるよう体制を整えておきましょう。

予算管理の精度を向上させるシミュレーション機能とは

予算管理の精度向上に役立つ、シミュレーション機能でできることを3つ紹介します。

(1)さまざまな方式で予算パターンを比較する機能

予算管理システムのシミュレーション機能では、さまざまな方式で予算パターンを比較できます。

予算を編成するには「トップダウン」と「ボトムアップ」の2つの方法が挙げられます。トップダウンは経営層が予算を決めたうえで現場に伝達する方式で、ボトムアップはどの程度の予算が必要なのか現場の意見をとりまとめ経営層に承認をもらう方式です。

各企業で予算の編成方法は異なりますが、さまざまな方式に対応しているシミュレーション機能を活用することで、複数の予算パターンを比較できます。実効性のない予算計画における課題発見にもつながるでしょう。

(2)無駄な予算の削減・予算編成が可能

予算計画のシミュレーションを行うことで、予算が足りていない部分や、反対に持て余している部分を把握できます。そのため、無駄な予算を削減し、最適化につなげられるでしょう。

また、予算編成後も予実をもとにシミュレーションを行うことで、予算計画が順調に進んでいるのか、再編成が必要なのかなどを把握できます。

問題を発見できれば、いち早く予算を再編成し、残りの予算でシミュレーションを行えるため、当初の目標を達成するための実効性のある予算計画が立案できるでしょう。

(3)さまざまなKPIの設定と評価

KPIとは業績評価指標を指します。予算管理システムのシミュレーション機能では、以下のような項目のKPIを設定でき、シミュレーションを行うことでその数値が適切なものかどうかを評価してくれます。

  • 原価
  • 売上
  • 利益
  • 固定比率
  • 自己資本率
  • 顧客数
  • 顧客単価

上記のように、財務諸表にかかわる数値だけでなく、経営の際に重要視される数値を任意で設定できます。予実差異の要因をを迅速かつ明確に把握できるため、早い段階で改善策を講じられるでしょう。

シミュレーション機能がついた予算管理システム7選

シミュレーション機能がついた予算管理システム7選を紹介します。

(1)Board

Boardは、中小企業向けの業務管理システムです。

バックオフィス業務に特化しており、予算管理だけでなく、各種書類の作成や営業管理、支払管理などにも対応しています。案件ごとに担当者や商談の進捗状況、契約金額などを細かく記録できるため、案件単位での損益管理が可能です。

また、過去の実績をもとに売上予測やキャッシュフローなどの分析もできるため、経営の効率化にもつながるでしょう。

提供元ヴェルク株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • Personal:1,078円(税込)/月
  • Basic:2,178円(税込)/月
  • Standard:4,378円(税込)/月
  • Premium:6,578円(税込)/月
導入実績有料導入4,300社以上
機能・特徴各種書類の作成、案件ごとの管理、書類のメール・郵送・捺印申請、電子契約サービス経由での回収、情報の集約・共有、会計ソフトへの連携、案件単位の損益管理、最新の見込み確認、未請求・未払い防止、インボイス制度(適格請求書)対応など
URL公式サイト

(2)予算会計エクスプレス

予算会計エクスプレスは、予算の仕訳を得意とする予算作成システムです。

予実比較だけでなく着地予想までのルーティン化をサポートできるよう開発されました。また、非効率なExcel作業の大部分を自動化できるため、業務効率化の実現も期待できます。

提供元株式会社スリー・シー・コンサルティング
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴予算・月次資金計画書の自動生成、予想ROE/ROAのシミュレーション、予算データ・実績データの一元管理、外部システムとの連携、予実差異分析など
URL公式サイト

(3)Anaplan

Anaplanは、過去の実績だけでなく将来的な可能性も踏まえた予算計画を策定できる業務管理システムです。

目標数値や見込み数値などのデータ収集や集計の自動化もでき、すべての情報をクラウド上で一元管理できる特徴があります。「Booking.com」や「AXA」などの大手企業でも導入されています。

提供元Anaplan, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Basic:要問い合わせ
  • Professional:要問い合わせ
  • Enterprise:要問い合わせ
機能・特徴設計と管理の簡素化、直感的なモデル構築機能、コネクテッドプランニングの統合機能、追加機能、最高レベルのサポートなど
URL公式サイト

(4)Manageboard

Manageboardは、クラウド上に予算管理フローをノーコードで実現する、予算管理プラットフォームです。

最新の予測PLをもとに将来のBS・CFを自動計算するため、タイムリーかつ簡単にキャッシュフローをシミュレーションできます。

提供元株式会社ナレッジラボ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴タグによる多軸分析、詳細計画、カスタムレポート、ユーザー権限のカスタマイズ、PL/BS/CF連動、会計ソフトとの連携など
URL公式サイト

(5)DIGGLE

DIGGLEは、属人的なExcel業務を自動化し、経営判断を加速させる予実管理クラウドです。

予算と着地差異の要因を瞬時に分析・特定できるため、予実差異に対して迅速に対応できるでしょう。

また、各事業部で見込み数値が更新されれば、数値を自動集計し着地予測に反映するため、着地予測の精度をさらに向上できます。

提供元DIGGLE株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • ビジネスプラン:要問い合わせ
  • エンタープライズプラン:要問い合わせ ※年間契約のみ
機能・特徴予実差異分析、部門別P/L、見込み管理、KPIモニタリング、予算・実績データの突合、配賦、ローリングフォーキャスト、シングルサインオンなど
URL公式サイト

(6)Workday Adaptive Planning

Workday Adaptive Planningは、効果的な戦略の立案をサポートする財務プランニングソフトウェアです。

リアルタイムでの予実管理が可能なため、タイムリーに複数のシナリオでシミュレーションできます。

また、予実差異もリアルタイム反映されるため、マイナス要因を瞬時に特定し対応につなげられるでしょう。

提供元ワークデイ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴ファイナンシャル プランニング、ワークフォース プランニング、セールス プランニング、オペレーション プランニングなど
URL公式サイト

(7)BizForecast BC

BizForecast BCは、Excelを活用しながら管理会計業務の効率化を支援する予算管理システムです。

「活Excel」を基盤とし、情報収集や集計などの業務を自動化してくれます。同ツールで管理している数値情報や文字情報を、自社に適したレイアウトでレポートに出力できる機能も備わっています。

提供元プライマル株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン基本料金

■Standard

  • 年払いプラン:55,000円(税込)/月/3ユーザー(66万円(税込)/年)
  • 月払いプラン:60,500円(税込)/月/3ユーザー
  • Enterprise:要問い合わせ

ユーザー追加料金
■Standard

  • 年払いプラン:5,500円(税込)/月/ユーザー(60,000円(税込)/年)
  • 月払いプラン:6,050円(税込)/月/ユーザー
  • Enterprise:要問い合わせ
機能・特徴配賦処理機能、通期見込機能、Webクライアントによる運用、外部システムとのデータ連携、柔軟なレポーティング、容易な画面・レポート設計、任意のテーブル作成による多様なデータ管理・分析、多言語・多通貨対応、アラート機能など
URL公式サイト

予算管理の精度を向上させるシステムを導入しましょう!

予算管理をExcelで行う企業は少なくない反面、業務効率が悪かったり、正しい管理ができなかったりするなど、多くの課題やリスクを抱えています。

予算管理の精度が向上すれば、業務効率化やモチベーション向上など、さまざまな効果を得られるでしょう。

そのため、自社に適した予算管理システムを導入し、非効率な予算管理業務を効率化することがおすすめです。

無料トライアルありのおすすめ予算管理システムを紹介!

予算管理システムの記事をもっと読む

予算管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【テンプレートあり】採用通知書とは?内定通知書との違いや書き方、郵送方法を簡単解説

最終更新日時:2024/02/29

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/29

採用管理システム

人事評価が高い人の特徴とは?共通点や人事評価で注意すべきポイント

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

人事評価の5段階評価とは?評価基準や表現方法・4段階評価についても解説

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

人事評価に納得できないと言われたらどうすべき?不満を抱える原因や制度を見直すポイント

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

人事評価で社員がやる気をなくす理由とは?原因や対応方法を解説

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/29

人事評価システム

Web会議システムとは?仕組みやテレビ会議との違い・導入するメリットを解説

最終更新日時:2024/02/29

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/29

Web会議システム

シフト管理とは?目的や作成する方法・よくある課題について簡単に解説

最終更新日時:2024/02/29

シフト管理システム

最終更新日時:2024/02/29

シフト管理システム

ウェビナー(Webセミナー)とは?目的やメリット・デメリットを解説

最終更新日時:2024/02/29

ウェビナーツール

最終更新日時:2024/02/29

ウェビナーツール

新卒採用の手法について|トレンドやメリット・デメリット、適した手法を選ぶポイント

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

ホームページ制作はフリーランスに依頼しても大丈夫?注意点や費用相場・選び方

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作