マネジメント能力がない上司の特徴|職場への影響や対策・末路

最終更新日時:2023/08/10

組織・マネジメント

マネジメント能力がない上司

企業の人材育成に必要不可欠な存在である上司。しかし、中にはマネジメント能力がない上司も多く、部下や企業の成長を低下させているかもしれません。そこで本記事では、マネジメント能力がない上司の特徴や対処法について解説していきます。

マネジメント能力がない上司の特徴とは?

マネジメント能力がない上司には主に以下の特徴があります。

  • 現場の実態を把握しようとしない
  • 部下の考えを理解しようとしない
  • 責任を取ろうとせずに他人になすりつける
  • 部下にあいまいな指示を出す
  • 感情の起伏が激しい

自分の上司やマネージャーが該当していないか、確認してみてください。

現場の実態を把握しようとしない

マネジメント能力がない上司は、現場の実務や実態について理解しようとしないのが特徴です。このような上司は、部下が行っている仕事や業務について把握していないため、ミスやトラブルが発生したときにフォローできなくなることがあります。

また、部下の仕事に関心を持たず、判断や仕事の管理を丸投げしている場合についても同様です。現場について理解しようとしない上司をそのままにしておくと、部下は報告・連絡・相談をしても無駄と感じてしまう可能性も。その結果、モチベーションが低下し、円滑なコミュニケーションが行えなくなることもあるでしょう。

マネジメントの種類一覧|必要なスキルや役割・ポイントを解説!

部下の考えを理解しようとしない

部下に的確な指示を与えるには、抱えている悩みや不安を引き出すようなコミュニケーションが必要となる場面があります。部下の心情や性格、得意・不得意などを理解することで、持っている能力を発揮させることが可能になるのです。

しかし、部下の考えを積極的に知ろうとしない上司では、信頼関係を築くことができません。さらに、大きなパフォーマンスや成果を得ることも難しくなるでしょう。上司・部下との関係悪化は職場の雰囲気を悪くし、トラブルにつながる可能性もあるので注意が必要です。

部下をマネジメントする秘訣!必要なスキルや方法・注意点

責任を取ろうとせずに他人になすりつける

部下がミスを犯したとき、上司は一人に責任を負わせるのではなく、一緒に責任を取ることが必要です。しかし、自分が責任を負いたくないばかりに、他人に責任をなすりつけてしまうのが、マネジメントができない上司の特徴でもあります。

責任を押しつけたり、言い訳をして責任から逃れようとする自分勝手な上司は、責任感が欠如しているため、マネジメント力を発揮することはないでしょう。

部下にあいまいな指示を出す

部下にあいまいな指示を出す上司についても、マネジメントができていないといえます。具体的な指示を出さずに成長を促すのも育成手段のひとつです。しかし、場合によっては明確な指示を出し、方向性をはっきりさせ、部下が迷わないように意識してアクションを起こすことが必要です。

いつもあいまいな指示ばかりしていると、部下は自分の仕事の進め方に対して不安や迷いが出て生産性が低くなってしまうこともあります。明確な指示や方針が出せなければ、徐々に信頼を失っていくことになるでしょう。

感情の起伏が激しい

マネジメントでは、一時の感情に左右されることなく、冷静に判断することが必要です。部下を育てるためには状況次第で叱らなければならないときもあるかもしれません。

しかし、上司の感情が安定していないと、その時の感情によって発言や指示が変わってしまうことがあります。それにより、一貫性がないものになり、チームのモチベーションやパフォーマンスが低下することにもつながります。また、萎縮して言いたいことを言えなくなるため、信頼関係を築くのは難しいでしょう。

マネジメントとは?意味や目的・必要なスキルを簡単に解説

マネジメント能力がない上司の職場への影響・その末路

上司にマネジメント能力がない場合、特定の人だけではなくチーム全体・会社にまで影響が及んでしまう可能性があります。

様々な影響について紹介していきます。

部下への過剰な業務のしわ寄せ

上司がマネジメントできないと、部下の業務量の負担が増える場合があります。

なにかの理由で部下の業務量が増えたとしても、上司がマネジメントしていれば業務量を適切に分配し直したり、必要に応じて人材配置を変えてくれます。しかし、上司にマネジメント能力がない場合、個人の能力やスキルがわからず、それぞれが行っている業務や状況についても把握できていません。

そのため、一部の優秀な社員に業務を集中させてしまいがちです。このような状況が続くと、部下は上司を信頼しなくなり、場合によっては退職につながってしまうこともあるでしょう。

リーダーシップとは?種類やリーダーに求められるスキル・具体例を簡単解説

部下の精神的負担の増加

働いている部下が精神的な負担を感じてしまうことも問題のひとつです。モチベーションを管理できないと、仕事に対するやりがいを感じられなくなってしまいます。

その場の感情に任せた威圧的な指示、現場の状況がわからないことで発生するミス、あいまいな指示などの影響を直接受ける部下は、精神的な負担が非常に大きいといえるでしょう。

優秀な人材の流出

部下が能力を存分に発揮するためには、信頼できる上司の存在が欠かせません。

しかし、マネジメント能力がなく、信頼できない上司の下では意欲やモチベーションが低下することが考えられます。このような職場では、より自分が成長できる環境に転職したいと考える人が出てくるのは当然といえるでしょう。

組織としての生産性の低下

上司が現場をわかっていないと効率的に人材を配置したり、部下を育てるための正しい指導を行うことが難しくなります。その結果、組織の生産性が落ちてしまう可能性もあるのです。

このような職場では、チームの協調性が乱れてしまい、トラブルが頻繁に発生します。さらに、会社に対する評価が落ちたり、クレームなどが発生する恐れもあるでしょう。マネジメント能力がないと正しい指導は期待できないため、部下の成長を阻害する要因にもなります。

組織作りとは?目的や5つの原則・必要なことを徹底解説!

組織構造とは?代表的なモデルや最大化する秘訣・事例を解説!

会社で重要な人材育成の滞り

会社で重要な人材を育成するためには、マネジメントができる上司の存在が不可欠です。人材育成に成功している会社では、マネジメント能力のある質の高い上司が部下の成長やモチベーションアップをサポートしています。

しかし、上司が適切にマネジメントできなければ、部下はモチベーションを失い、重要な人材を担うために身につけるべき知識やスキルを習得できなくなることもあるでしょう。会社にとっては、マネジメントができない社員がいることで、人材育成プランを大きく崩されてしまう恐れがあります。

ピラミッド型組織とは?メリット・デメリットと特徴を解説

マネジメント能力がない上司の対処法とは?

上司と部下という立場上、部下から上司に指摘をするのは難しいと感じてしまう人も多いかもしれません。しかし、伝え方や工夫次第で上司に指摘することも可能です。

部下から改善の提案をおこなう

マネジメントできない上司の下では、部下自身が仕事をどのように進め管理していくかの改善提案をおこなうのが効果的です。上司がマネジメントができていない場合、現場の実態がわからないため、間違った判断や指示を出してしまい、現場を混乱させる可能性があります。ミスや失敗を回避し、仕事をスムーズに進めるためにも、上司に提案して正しい方向に導くのが良いでしょう。

ただし、上司が考えている仕事の進め方や管理に対して強く否定してしまうと気分を害し、部下の話を聞かなくなるかもしれません。普段からまめなコミュニケーションを心がけたり、しっかり働いている姿を見せておくことで信頼を獲得し、提案を受けて入れてもらえる体制を整えておいてください。

人材育成で大切なPDCAサイクル|失敗する原因やサイクルを回すためのポイント

信頼できる同僚や人事部の人に相談する

マネジメントできない上司と仕事をするストレスは、一人で抱えないようにすることが大切です。信頼できる同僚に話を聞いてもらうだけでも、気持ちがだいぶ楽になるでしょう。

また、人事部の人に相談をしておくと、大きな問題が起こる前の指導や、人員配置の再編成など、何らかの対策を考えてもらえるかもしれません。一人で不安や悩みを抱え込まず、困ったときはだれかに相談するということを常に意識しておいてください。

上司より立場が上の人に相談する

上司に提案しても受け入れられなかった場合は、上司よりさらに上の立場にいる人に相談してみましょう。マネジメントできていない上司に対して指導してくれたり、何らかの対策を考えてくれるかもしれません。

上の立場の人から指導されることにより、上司は考え方を改めてくれる可能性もあります。ただし、相談したことがばれてしまうと、関係が悪くなってしまうこともあります。それにより、ますます仕事がやりにくくなる恐れがあるため、相談する相手は慎重に選んでください。

人材育成に必要なスキル7つのスキル|重要なポイントと課題を解説

上司とのやり取りを記録に残しておく

上司との会話を記録として残しておくことは、いざというときの証拠になります。マネジメントができないと仕事の管理ができていないことも多いため、指示したことや連絡を忘れてしまいがちです。部下が適切でない指示や連絡を受けたと主張しても、上司が言っていないと言い張り、対立することになりかねません。重要なやり取りについては、メールやメモなどで記録しておきましょう。

人材戦略とは?目的や具体例・参考にすべきフレームワーク

マネジメント能力がない上司には早めの対応が先決

上司にマネジメント能力がない場合、接していく中でストレスを溜め込んでしまうリスクがあるため、早急に問題を解消しておく必要があります。

自分一人では中々解決することは難しいため、同僚や他の部署などに連携し、できる限り早めに相談して解決するようにしましょう。

組織・マネジメントの記事をもっと読む

組織・マネジメントの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム