タスク管理を楽にするタスクの分類法を紹介!種類を適切に分けて効率化!

2022/2/2 2022/06/07

タスク・ToDo管理

タスクの分類を行う人のイラスト

「タスク管理を楽にしたい…」と思うことはありませんか?本記事ではタスクの種類を分類する手法を3つ紹介します。タスクの分類をマスターすれば、より成果に直結する仕事に集中できます。後半では高性能なツールを厳選して紹介するので、ぜひご活用ください。

タスク管理を楽にするタスク分類の手法3選

仕事の生産性を向上し、効率よく作業するためにタスクの分類は必須といえます。ここでは、忙しいビジネスパーソンに向けてタスク管理を楽にする分類の手法を3つご紹介します。

(1)GTDでポピュラーな5種類のボックスを活用

GTDとは、「Getting Things Done」の略語で、アメリカの経営コンサルタントであるデビッド・アレンが提唱したタスク分類法です。

やらなければならないこと、気になることが頭の中を支配していると、生産性や集中力が下がります。それらを集めて頭の中からすべて洗い出し、整理して目の前のことに集中するというのがGTDにおけるワークフローです。

GTDには次の5つのステップから成ります。

  1. 収集
  2. 処理
  3. 整理
  4. レビュー
  5. 実行

この5つのステップのうち、タスクを分類する方法が「2:処理」にあたり、もっともポピュラーな5つのリスト(ボックス)「全てのタスク」「今すぐやるタスク」「連絡待ちタスク」「プロジェクト」「いつかやる」を作成して分類するのがGTDの基本的な方法です。

全てのタスク

GTDを実行するにあたり、まずは頭の中にあるタスク、自分に関することをすべて書き出します。書き出すのはスマートフォンのメモでも手帳でもかまいません。とにかく頭の中にあるものをすべて外に出す作業から始めてください。

現在のプロジェクトでやらなければならないこと以外にも、やりたいと思ったこと、気になることもすべて書き出します。仕事以外にもプライベートなことも書きだしておくと頭が整理されます。時間をかけてじっくりと取り組みましょう。

今すぐやるタスク

「全てのタスク」で出したタスクのうち、今すぐやるべきタスクを分類します。本当にいますぐやる必要があるのか、あるとすれば2分以内にできるのか、すぐに取りかかれる状況にあるのかなどを判断します。

ここでは今すぐやるタスクのみを分類し、やりたいことや特定の日時でもできるタスクについては思い切って適切な別の箱へ預けるようにしましょう。タスクを抱えすぎると、十分なリソースを充てられないからです。

連絡待ちタスク

連絡待ちタスクは、「誰かから、なんらかの指示や連絡がなければ先に進まないタスク」を指します。たとえば、チームの誰かに任せた仕事、上司の承認を待っている仕事などです。

こうした連絡待ちタスクは現状では何もできませんが、かといって放置もできないタスクばかりです。今やるべきことを明確化するために、GTDでは連絡待ちタスクの箱を作ってまとめておき、定期的に見直します。

仮に「1週間後には返事をする」といわれていた案件について、まだ返事がなければ催促もできます。返事の有無を気にしながら他の仕事をするより、はるかに効率的です。

プロジェクト

GTDでは、ふたつ以上のステップを踏むタスクをプロジェクトと呼びます。たとえば「事務所の移転」なら、新しい事務所となる物件のピックアップ、引っ越し業者の見積もりや事務所の整理、不要な物の処分、不動産会社との契約など複数のタスクが含まれています。

これらの複数のタスクをプロジェクトとして一度分類しつつ、プロジェクト内のタスクを「今すぐやるタスク」「連絡待ちタスク」などにさらに分類する必要があるのです。

ひとつのタスクが完了しても、プロジェクト完了とはなりません。分類したあとは、次のステップを設定し、順次に取り組んで行くと良いでしょう。

いつかやる

「いつかやる」は、すベてのタスクから分類されたタスクのうち、「当面やらなくても大丈夫なタスク」「いつかやりたいと思っているタスク」を指します。

将来的にはやっておいた方がいいタスクや、やりたいと思ったこと、アイデアなどを分類してください。気になったことも、このように頭の中から出しておけば、今やるべきことに集中できます。

(2)王道のアイゼンハワー・マトリクス

タスクが増えすぎて何から手を付ければ良いのかわからなくなっている人におすすめなのが、アイゼンハワーのマトリクスによるタスク分類方法です。

第34代アメリカ大統領のドワイト・D・アイゼンハワーがタスクの優先順位付けに活用していた手法を、スティーブン・R・コヴィー博士が書籍「7つの習慣」で紹介したことで、広く知られるようになりました。

マトリクスは以下のような図で表現されます。

重要度と緊急度のマトリクス

タスクを多く抱えると優先度を意識せずに、頼まれたことや思い出した案件から進めてしまいがちです。そのため、重要なタスクや緊急度の高いタスクが放置されることがあります。

こうした事態を防ぐために、マトリクスではすべてのタスクを4つに分類し、緊急性や重要性の高いタスクから進めていくのです。

①重要度かつ緊急度が高いタスク

まずは重要度と緊急度が高い、赤の領域のタスクから対処していきます。この領域のタスクは優先順位がもっとも高いタスクです。

締切り間近の仕事やトラブルの対処、クレーム対応がこれにあたります。

②緊急度が高く、重要度が低いタスク

黄色の領域は、緊急度が高いものの、重要度が低いタスクです。必ず提出しなければならないけれど、ほとんど読まれていない日報や急な頼まれ事などがこれに含まれます。

多くの人は、この領域のタスクを優先しがちですが、重要度も緊急度も高いタスクがこなせなくなるようでは意味がありません。本当に緊急なのかを明確にし、後でやっても支障がない場合は緑の領域のタスクへ振り分けましょう。

③重要度が高く、緊急度が低いタスク

続いて対処しなければならないのは、重要度は高いけれど緊急性が低いブルーの領域のタスクです。資格試験の勉強や能力開発のための研修がこれにあたります。

この領域のタスクは重要度が高いものの、緊急性は低いためついついタスクを後回しにしがちです。ここに分類されたタスクに対応するには「いつやるか」を意識し、スケジュールに組み込みましょう。

④重要度も緊急度も低いタスク

緑の領域のタスクは、重要でも緊急でもないタスクです。本来仕事には関係のないもの、無駄なことなど、ただ時間をつぶしているだけのタスクが含まれています。

本当に必要なタスクに取り組む時間を作るためにも、ここにあるタスクはできるだけ減らすようにしましょう。

(3)タスク管理のプロが提案する分類方法

タスク管理のプロであり音楽家でもあるjMatsuzakiさんが提唱する「タスクを5つに分類する管理術」をご紹介します。

まずは今抱えているタスクを以下の5つに分類します。

  1. イベント
  2. タスク
  3. アイデア
  4. プラン
  5. イシュー

タスクをこの5つに分類すると、次の行動が必要なものとそうでないものとの区別がつき、今日やるべきことに集中できます

イベント

ここでいう「イベント」は会議や出張など、実行することも日時もすでに決まっていることです。他にも、納期のある仕事や書類の提出などもイベントに分類しましょう。

イベントへの分類は、他のイベントとのダブルブッキングや、納期遅れを防止する目的があります。

タスク

「タスク」は、実行することは決まっているけれど納期がなく、実行のタイミングをある程度自分で決定できるものを指します。

タスクへ分類する目的は以下の3つです。

  • 実行順序やタイミングの計画を立てやすくする
  • タスクの抜け漏れを防ぐ
  • 頭の中にあるタスクをすべて出す

以上を意識しながら分類しましょう。

アイデア

「アイデア」は、まだ実行するかどうかを決めていないタスクを指します。逆に実行しなくても支障がないとも言い換えられます。そのため、確実にやりたいことは「アイデア」ではなく「タスク」に分類しましょう。

「アイデア」への分類は、ひらめいたアイデアの保存、今やるべきことに集中することが目的です。

プラン

「プラン」は、ある期間内で達成したいことを指します。たとえば今年中に達成したいこと、1年以内に達成したいことなどです。

「プラン」への分類は、緊急性は低いものの重要なタスクを実行できるようにすることや、タスクの重要性を認識して、今やるべきことに集中する目的があります。「プラン」を明確にすることで、主体的な時間の使い方が実現するでしょう。

イシュー

「イシュー」は、なにか問題や課題を抱えているけれど、それを解決するためのアクションがわからないタスクを指します。

「イシュー」へ分類する目的は、解決すれば仕事や生活の質が向上する課題を埋もれさせないことです。また、緊急性はないが長期的な課題に取り組んでいく重要性にも気づけます。

抱えているタスクをこの5つに分類し、タスクの重要性や緊急性などを把握すれば、それぞれの課題についての対応を考えられるようになるはずです。

タスクの分類方法は大きく3つ

ここからは、タスクを分類する具体的な方法を3つ紹介していきます。

(1)手書き

付箋や手帳など、紙とペンでのタスク分類は、手軽で誰でもすぐに始められる方法です。また、手書きは記憶の定着がよく、重要なタスクの抜けや漏れを防げます

また、紙に自分の手を使って書き出すことで、抱えているタスクの整理や優先順位の把握もできるため、本当に必要なことが見えてくるでしょう。ルーティンのタスクは、毎日同じ内容を書く手間がありますが、付箋を使い回せば解決します。

ただし、大勢で取り組むプロジェクトなど、チームでのタスク管理には適していないため、他の分類方法を選びましょう

(2)Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートは無料で利用できるクラウドツールです。リアルタイムで更新されるため、チーム全体のタスク分類にも適しています

また、Googleスプレッドシートには、タスク管理に使えるテンプレートが用意されているので、一から管理表を作る必要がなく、分類も効率的に行えるでしょう。

他にも、「アドオン」という機能があり、タスクの進行状況がひと目で把握できるガントチャートも利用できます

(3)タスク管理ツール

タスク管理専用ツールを活用すれば、タスクの分類もより効率的になります。

クラウド型のツールも多くあるので、チームでのタスク管理にも最適です。直感で操作できるシンプルなUIのものも多いため、ツールに苦手意識がある人でも、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

タスクの分類を効率化するおすすめツール3選

タスク管理は専用ツールを活用すれば、間違いなくタスク管理の効率化が可能です。ここからは、タスクの分類や管理におすすめのツールを3つご紹介します。

(1)Google ToDo リスト

「Google ToDo リスト」は、Googleが提供しているタスク管理ツールです。無料で利用できるうえ、GmailやGoogleカレンダーからも直接タスクを作成できます。

進捗状況に合わせたタスクの編集、タスクの細分化も可能。デバイスを選ばず使えるのもメリットのひとつです。

おすすめポイント
  • GmailやGoogleカレンダーとも統合できる
  • どこからでもアクセス可能
  • 無料で利用できる
Appストアなどの評価 4.6
有料版の有無 無料
使えるデバイス PC、iOS、Android
提供している企業 Google

Google Playはこちら

App Storeはこちら

(2)Google カレンダー

「Googleカレンダー」は、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットなどでも使用できるクラウド上のカレンダーです。

単なるスケジュールを管理できるカレンダーではなく、ToDoリストも追加できるうえ、チームのスケジュールも簡単に共有できます。

予定ごとに色分けできるほか、外出先でもすぐに予定を確認できるのでうっかりミスも防げるでしょう。

おすすめポイント
  • 月、週、日など表示形式を簡単に切り替え可能
  • Gmailから予定を自動で追加
  • 予定だけではなく、ToDoリストも作成可能
Appストアなどの評価 4.4
有料版の有無 無料
使えるデバイス PC、iOS、Android
提供している企業 Google

(Googleカレンダースタートガイドはこちら)

(3)Trello

「Trello」は、タスクが書かれているカードをドラッグ&ドロップで動かして、視覚的にタスク管理ができるツールです。

有料版もありますが無料でも使える機能が多いのが特徴です。また、チームとの共有も簡単なので、お互いの進捗状況を可視化できるうえ、豊富なアドオンを使えば、業務内容に合わせたカスタマイズも可能です。

おすすめポイント
  • チームでのタスク管理に便利
  • ドラック&ドロップで直感的に操作が可能
  • 無料でも使用可能
Appストアなどの評価 4.5
有料版の有無 $5USD~
使えるデバイス PC、iOS、Android
提供している企業 Atlassian 

タスクを分類するタイミング

タスクを分類するタイミングは、プロジェクト開始時とタスクの進捗に遅れが出始めたときです。

まずはプロジェクト開始と同時に、プロジェクト完遂までに必要なタスクをすべて洗い出します。ひとつのタスクをこれ以上はできないというところまで細分化しましょう。

次に期日までにすべてのタスクが完了できるようスケジューリングを行います。常に進捗状況を確認し、遅れがあればタスクの再分類、リスケジュール、優先順位の変更などを行いましょう

タスクの遅れが生じるときは、スケジュールに無理があったり、優先順位が適切でなかったりすることが多いです。無理なく無駄なく進められるように、タスクをさらに分類しましょう。

タスクを適切な種類に分けるメリット

ここまで、タスクを分類する手法や具体的な方法などをお伝えしてきました。では、タスクを適切な種類に分けるメリットはどこにあるのでしょうか。

ここでは、タスクを分類するメリットを3つご紹介します。

(1)スケジュールに落とし込みやすい

タスクの優先順位を明確にすると、スケジュールに落とし込みやすくなります。

緊急性や重要度は、タスクによって異なるものです。それを適切に分類することで、いつやれば良いのか可視化することができます。次にやるべきことも明確になるので、正確なスケジュールが組めるようになるのです。

(2)重要な業務に多くの時間を使える

タスクを適切な種類に分けると、ひとつのタスクにかかる時間がより正確に判断できるようになります。結果的に、時間の効率化が図れるため、重要な業務に多くの時間を使えるようになるはずです。

また、タスクの適切な分類は、無駄な作業の発見にもつながります。多くの無駄をカットできるため、プロジェクト全体の進捗もスムーズになるでしょう。

(3)タスク管理が楽になる

適切な種類へのタスクの分類により、緊急性や重要性の把握が可能になります。これが把握できると、タスク管理自体が楽になります。

タスク管理は仕事の効率化のために重要ですが、管理に多くの時間を取られていては本末転倒です。タスクの適切な分類により、管理が楽になれば、本当に時間をかけるべき作業に集中して取り組めるようになるでしょう。

分類をマスターしてタスク管理を楽にしよう!

タスク管理は、仕事を正確に進める上では欠かせないものです。そして、そのタスク管理の効率化のためには、タスクを適切に分類しなくてはなりません。

ここで紹介した、分類の手法やおすすめの管理ツールを活用しながら、タスクの分類を実践してみてください。タスクの分類をマスターして、管理が楽になれば、仕事全体が効率的に進められるでしょう。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

おすすめワークライフバランス書籍10冊!仕事と生活の両立に悩む方は必見!

2022/7/1

ワークライフバランス

2022/7/1

ワークライフバランス

経費精算の期限はいつまで?月またぎ・年またぎはできる?注意点を解説!

2022/7/1

経費精算システム

2022/7/1

経費精算システム

デジタルツインの最新事例6選!業界別の活用方法を具体例で解説!

2022/7/1

デジタル化

2022/7/1

デジタル化

生産性分析の手法と代表的な指標とは?企業が取り組むべき施策も解説

2022/7/1

生産性

2022/7/1

生産性

【最新】ビジネスで活用すべきおすすめデジタルツール10選!

2022/7/1

デジタル化

2022/7/1

デジタル化

デジタル時代の到来による変化とは?備えておくべき最低限の知識を解説

2022/7/1

デジタル化

2022/7/1

デジタル化

【2022年】IT導入補助金とは?概要・条件・申請方法をわかりやすく解説

2022/7/1

デジタル化

2022/7/1

デジタル化

ワークライフマネジメントとは?考え方や実現方法・企業の事例を解説

2022/7/1

ワークライフバランス

2022/7/1

ワークライフバランス

ワークライフハーモニーとは?ジェフ・ベゾスの哲学から生まれた新たな概念

2022/7/1

ワークライフバランス

2022/7/1

ワークライフバランス

ダイバーシティ推進によるメリット・デメリットとは?注意点も徹底解説

2022/7/1

ダイバーシティ

2022/7/1

ダイバーシティ